院長のコラム | 中南米編

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第32回 初日の出(イースター島):トンガリキのモアイ

easter009.JPG
 新年明けましておめでとうございます。
昨年は色々辛い出来事の多かった1年ですが、今年は明るい年になって欲しいと切に願います。

 さて、新年第1弾は南太平洋の孤島、イースター島の初日の出でスタートしたい。
easter.jpg
 イースター島はチリ領だが、首都のサンチャゴから飛行機で6時間近くかかるとにかく遠い島だ。オランダ人がイースター(復活祭)の日に発見したので、この名前が付いたそうだ。
easter011.JPG
 今回の写真は2009年元旦に撮った初日の出だ。
easter004.JPG
 この島で日の出のモアイを撮影できる場所はこのトンガリキが一番なのだそうだ。
easter007.JPG
 トンガリキのモアイは島内最大で15体のモアイがならんでいる。
easter001.JPG
 実は、この島には侵略、災害、部族間の抗争などさまざまな悲しい歴史があり、その結果、ほとんどのモアイ像が倒されてしまった。
easter002.JPG
 今でも島内のほとんどのモアイは無惨に倒れている。
easter010.JPG
 その倒れたモアイ像の復元に日本の民間企業が大きく貢献した。香川県のタダノというクレーンの会社だ。断崖絶壁のこの島に港はなく、想像以上に大変な作業であったと思う。
easter012.JPG
 今では、この15体のモアイは島内観光の一番の見所になっている。イースター島についてはまたの機会に詳しく紹介したい。
 今年も何卒よろしくおつきあい下さい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第37回 ガラパゴス・クルーズ1(エクアドル):首都キトの街

 さて、舞台を一旦南米に移すことにする。我が家は2006年から2010年の4年間をペルーのリマで暮らした。ペルーへの転勤が決まって、絶対に行きたいところがあった。ガラパゴス諸島、パタゴニア、メキシコのマヤ遺跡、イースター島。。。何でマチュピチュではないのか?実はペルーへ転勤する2年前、そうなることとはつゆ知らず、我が家はポーランドからペルーへ大枚はたいて旅行していた。つまり、ペルーのメジャーどころには転勤前にすでに旅行済みだったのだ。

 これから何回かに渡って、ガラパゴス諸島を巡るクルーズを紹介したい。まずは起点となるエクアドルの首都キトの街からだ。
quito1001.jpg
 エクアドルとはスペイン語で「赤道」を意味する。赤道直下の街というと暑いイメージだが、キトは標高2850メートルにある。ちょうど富士山の七合目ぐらいにある大都市だ。飛行機からキトの街を見るとその標高の高さがわかる。
quito1002.jpg
 ボリビアの首都ラパスが標高3600mで世界一標高の高い首都だろうが、キトも結構な高度で、ついた当日は油断すると軽い高山病症状が出る。キトには出張を含め10回ぐらい行ったが、到着初日はとにかく腹が張ってあまり食べられない。また、熟睡ができず何度も目が覚める。ちなみに高地では一般的に美味しくない食べものは?それはパスタなど麺類。沸点が低いのであまり上手くゆでられない。キトの日本人はご飯も圧力釜で炊いている。でもキトの食事は結構美味しい。イタリア料理店でもまともなパスタが出てきた。
quito1038.jpg
 ホテルの窓から雪を冠した山が見える。
quito1036.jpg
 標高2850メートルの街から富士山のように見える山。つまりこれらの山は6000mクラスの山なのだ。
quito1007.jpg
 キトの郊外に赤道記念碑がある。LATITUDとは緯度の意味、つまり緯度が0度。
quito1008.jpg
 これが赤道。何かイギリスのグリニッジ天文台(経度0度)に何となく雰囲気が似ている。
quito1035.jpg
 こんな感じでSとN、つまり南半球と北半球の分かれ目なのだ。一度は見てみたいが2度目はないだろう。
quito1015.jpg
 キトのセントロ(旧市街)は世界遺産に登録されており、坂が多く立体的で街並みが美しい。南米の都市の中でもお気に入りのセントロだ。
quito1027.jpg
 ここもかつてはインカ帝国の街。どこかクスコに似た雰囲気がある。インカの雰囲気とコロニアルな白が混在する。
quito1029.jpg
 このセントロはもちろん観光地でもあるのだが、人々の生活の匂いを強く感じる。
quito1030.jpg
 店先に靴下が売っていたりする。
quito1020.jpg
 街からはバネージョの丘が見える。
quito1018.jpg
 青い空にコロニアルの白がよく映える。
quito1022.jpg
 これが独立広場。
quito1024.jpg
 カテドラル(大聖堂)や大統領府が立ち並ぶ。この広場は夜景もまた美しい。
quito1019.jpg
 サン・フランシスコ教会
quito1014.jpg
 ゴシック様式のバシリカ教会。ここは一見の価値有り。
quito1010.jpg
 塔の上まで登ることが出来、そこからの見晴らしがすばらしい。
quito1011.jpg
 こんな感じでセントロを見下ろすことが出来る。
quito1005.jpg
 中の造りも非常に重厚で、ステンドグラスが素晴らしい。
quito1016.jpg
 これも見所のラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。金をふんだんに使った内装は他ではあまり見られない。キンキラキンなのにあまり嫌みが無い。
 次回はキトの夜景と温泉を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第38回 ガラパゴス・クルーズ2(エクアドル):キトの夜景と温泉

 今回はすばらしいキトの夜景を紹介する。キトは盆地のような地形になっているので周辺の高台から見下ろすことが出来る。
quito2001.jpg
 おすすめの穴場がこのCafe Mosaico、食事をしながらこの夜景を楽しむことができる。ただし、ここへは街からタクシーでしか行くことが出来ない。
quito2003.jpg
 夕暮れ前にオープンエアの座席に陣取る。徐々に日が暮れて街が光り出す。
quito2004.jpg
 暗くなればなるほど、街の明かりが浮かび上がってくる。
quito2006.jpg
 セントロの教会が白くかがやく。
quito2008.jpg
 手前は闘牛場。
quito2010.jpg
 近すぎず、遠すぎず、ちょうどいい距離感で夜景を楽しむことが出来る。
quito2011.jpg
 セントロに行ってみると綺麗にライトアップされていた。
quito2012.jpg
 独立広場も白が際立って美しい。
quito3001.jpg
 翌日、キトの郊外にあるパパジャクタ温泉に向かった。街の道路からも6000m級の山を拝むことが出来る。
quito3011.jpg
 キトから車で約2時間山道を上っていく。
quito3005.jpg
 山村の一角にその温泉は現れた。
quito3006.jpg
 なかなか綺麗に整備された温泉施設で驚いた。
quito3008.jpg
 打たせ湯のような設備まである。
quito3009.jpg
 一見、リゾートホテルのプールのようだ。
quito3010.jpg
 温泉というよりは温水プールのようだ。入浴には水着とスイミングキャップの着用が必要。
quito4001.jpg
 明日はいよいよガラパゴスへ出発だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第39回 ガラパゴス・クルーズ3(エクアドル):エクスプローラー号に乗船

キトの観光を終えて、いよいよガラパゴスへ出発。
ガラパゴス諸島の観光の仕方には大きく二通りある。一つは宿泊施設のある島に滞在して、そこを起点に周囲の島へのツアーに個別に参加する方法と、船に滞在しながら見所の島をまわっていくクルーズという方法だ。後者の方が高くはつくが、快適で効率的に観光が出来る。クルーズ船にも大きな客船から小型ヨットまで色んなタイプがある。
一般的にガラパゴスのクルーズ船は7泊8日でプログラムが組まれており、それを前半の3泊4日、後半の4泊5日で参加することも可能である。我々は4泊5日のコースに参加した。クルーズはオールインクルーシブで、全行程全ての食事と観光、ガイド、船内でのアトラクションやレクチャーまでツアー料金に含まれている。最終下船時にアルコール代とクルーへのチップを支払う以外は財布は不要だ。
quito4001.jpg
ガラパゴス諸島へはエクアドルの首都キト又は海沿いの都市グアヤキルから空路でアクセスする。キトの空港でチェックインした荷物はそのままクルーズ船まで運ばれる。
quito4003.jpg
機内から見た、雲から突き出た山。こういった景色はボリビアなど高い山のある地域以外では見られない。
dragonhill08.jpg
キトからはグアヤキル経由で2時間ほどでガラパゴスの玄関口バルトラ島のバルトラ空港に着く。素朴な、いわゆる島の空港だ。
dragonhill10.jpg
これがパスポートコントロール。固有種の動植物を保護するため、食べものや植物の種などの持ち込みがないか厳しくチェックされる。
dragonhill11.jpg
ここがクルーズ船への乗り場。
dragonhill12.jpg
なぜか長いすには野生のアシカがのんびり昼寝していた。ガラパゴスに来たんだと実感する。
dragonhill13.jpg
ここでライフジャケットを着けて、ゴムボートでクルーズ船に向かう。
dragonhill15.jpg
これが今回我々が乗り込むエクスプローラー号(http://www.galapagosexplorer.com)。色々調べた結果この船にした。クルーズ船は結構搖れると聞いたので、できるだけ大型の方が快適かと判断したこと。この船は全室が海側にあり窓があること。また、ガラパゴス諸島の海は寒流で夏でも水温が低いのだが、この船は全員にウエットスーツを用意していることが選んだ理由だ。
dragonhill17.jpg
これで一番安いクラスの船室だが、居間と寝室の2室あり結構広い、さらにクローゼットとトイレ・バスが付いている。
これが居間のスペース。
dragonhill07.jpg
ダブルタイプの寝室。ベッドメイキングの度にタオルで色んな動物を作ってくれる。中々心憎い演出だ。
dragonhill16.jpg
ツインタイプの寝室。中々快適な空間だ。食事は朝昼がビュッフェ、夕食がコース料理で結構美味しい。
dragonhill18.jpg
そうこうしているうちに最初に上陸する島、サンタクルス島に近づいてきた。
第一印象は恐竜時代に迷い込んだかのような印象だった。自分の世代で言えば「マグマ大使の島」。
さあ、上陸だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第40回 ガラパゴス・クルーズ4(エクアドル):サンタクルス島

最初の上陸地はサンタクルス島のセロ・ドラゴンと呼ばれる場所。この丘(セロ)には陸イグアナ(ドラゴン)がたくさん生息していることからこの名前がついたとのこと。
dragonhill19.jpg
ガラパゴスクルーズで島へ上陸する方法は2通りあり、いずれもゴムボートで岸まで行くが、足が濡れずに上陸できるドライランディングと海に足を浸けて上陸するウエットランディングがある。
dragonhill20.jpg
今回はドライランディング。ゴムボートからそのまま島に上陸だ。
dragonhill02.jpg
ガラパゴスでは見るもの全てが新鮮で、今まであまり見たことのない世界へ迷い込んでいくようだ。
このサボテンも何か変。
dragonhill04.jpg
この池の雰囲気も何か映画のセットの様な、不思議な景色だ。
dragonhill24.jpg
この池にはなぜかフラミンゴが出てくる。
dragonhill25.jpg
静寂そのものの静かな世界。フラミンゴのゆったりとした動きがこの景色に妙にマッチしている。
dragonhill28.jpg
これが陸イグアナ。有名なウミイグアナはこれから嫌になるほど出てくるが、陸イグアナは珍しくあまりお目にかかれない。
dragonhill29.jpg
この小鳥はフィンチ。ガラパゴスではそれぞれの島に固有の進化をしたフィンチを見ることが出来る。
dragonhill27.jpg
そうこうしているうちに日が暮れてくる。
dragonhill23.jpg
沖で停泊している船にゴムボートで帰っていく。
dragonhill30.jpg
夕焼け空にエクスプローラー号もいい絵になる。クルーズ1日目はこれで終了。
Bartholomew04.jpg
船に帰ると、ベッドメーキングと共に、バスタオルで毎日ちがった動物を作ってくれてあるという、心憎い演出。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第41回 ガラパゴス・クルーズ5(エクアドル):バルトロメ島

2日目の午前はバルトロメ島へ上陸、ここではウミガメやアシカ、ペンギンが泳ぐ海でシュノーケリングを楽しめるという。
Bartholomew06.jpg
島が見えてきた。
Bartholomew07.jpg
ゴムボートで島に近づいていく。
Bartholomew09.jpg
今回はウエット・ランディング。つまり船着き場が無く、浅瀬から海の中をジャバジャバ歩いて上陸する。
Bartholomew08.jpg
この島には見晴らしのいい展望台がある。
Bartholomew21.jpg
上まで登っていくと、エクスプローラー号も小さく見える。
Bartholomew19.jpg
展望台から眺めると、この島はすごく面白い形をしている。海が2つに分かれているように見え、その両サイドに砂浜が広がる。右側には岬の灯台のような岩山がある。
Bartholomew28.jpg
何とも愛らしいアシカ。ガラパゴス諸島の動物達は、人間が何もしないということを知っているので、近づいても全く動じず、自然の姿を見せてくれる。
Bartholomew03.jpg
アシカとトカゲのコラボ。
Bartholomew15.jpg
小さなトカゲにも注目。
Bartholomew29.jpg
カニも何かちょっと違う。
PortEgas37.jpg
あまり見たことのない柄をしている。ブリキのオモチャみたいだ。
Bartholomew11.jpg
さてさて、ガラパゴスと言えばこの軍艦鳥、英語ではフリゲート(軍艦)・バード。日本語はその直訳だ。
Bartholomew35.jpg
その特徴は何と言っても翼の形。
Bartholomew33.jpg
あたかも恐竜の翼のようで、この鳥たちが島の上空を旋回していると、恐竜の島に迷い込んだかのように感じる。まさにガラパゴスの名脇役といったところか。
Bartholomew26.jpg
ガラパゴス諸島の海は寒流で水温が低く夏でも水が冷たい。ウエットスーツに身を包み、さてシュノーケリングだ。ここではウミガメと泳ぐことが出来る。その間をスーッと通り過ぎていくのが、ペンギンとアシカ。こんな贅沢なシュノーケリングは初めてだ。
Bartholomew24.jpg
午前のプログラムを終えてゴムボートに乗り込む。
Bartholomew10.jpg
いったん船に戻って昼食だ。その間に船は移動して次の目的地へ向かう。
Bartholomew05.jpg
今日のタオルはこんな感じ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第42回 ガラパゴス・クルーズ6(エクアドル):サンチャゴ島

PortEgas12.jpg
午後からはサンチャゴ島に場所を移して、プエルト・エガスにウエットランディング(水に濡れながら上陸していく)。
PortEgas02.jpg
火山の噴火で流れ出した溶岩が急に冷えて固まった海岸。
PortEgas03.jpg
自然が作り出したプールや溶岩ブリッジが出来ている。
PortEgas08.jpg
ここでは奔放に振る舞う自然のアシカがみられる。子供にお乳をあげている。
PortEgas13.jpg
何とも気持ちよさそうにお昼寝中。
PortEgas15.jpg
人間を全く意識していない。人間は危害を加えないし、エサもくれない。だから全くシカト。
PortEgas16.jpg
口の前にはカニの跡。
PortEgas04.jpg
こんな具合に近づいても、全く無反応。でも触るのは御法度。
PortEgas25.jpg
ここはまた、ウミイグアナの楽園だ。
PortEgas19.jpg
なぜか皆、海をただ見つめて佇んでいる。
PortEgas05.jpg
化石のように動かない。
PortEgas20.jpg
泣いているようにも見えるし、時々鼻からプシュッと鼻水を飛ばす。
PortEgas24.jpg
よくよく見ると、その顔はウルトラマンの怪獣の様にも見える。同じイグアナでもウミイグアナと陸イグアナではだいぶ様相が異なる。
PortEgas36.jpg
アシカの赤ちゃんとウミイグアナのコラボ。
PortEgas09.jpg
アシカの親子とウミイグアナ。
PortEgas32.jpg
これはたぶんオットセイ。アシカとオットセイの違いは難しい。
PortEgas26.jpg
ササゴイ
PortEgas33.jpg
フィンチ
PortEgas38.jpg
これもフィンチの一種。それぞれの島でフィンチは独自の進化をしている。
IMG_4847_R.JPG
この日のタオルはこんな感じでした。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第43回 ガラパゴス・クルーズ7(エクアドル):フェルナンディナ島・イサベラ島

3日目の朝はフェルナンディナ島のプンタ・エスピノーサにドライランディング。
PuntaEspinosa04.jpg
クジラの骨がそのまま残っている。
PuntaEspinosa10.jpg
この島にはウミイグアナがうじゃうじゃといる。イグアナ目線で一枚。
PuntaEspinosa12.jpg
もう一回アップで。。なんとも不細工な顔なのだが、愛嬌がある。
PuntaEspinosa15.jpg
この島にはムーミンに出てくるニョロニョロのような、おもしろいサボテンが岩の間に自生していた。
PuntaEspinosa21.jpg
この鳥もガラパゴスを代表する鳥で、ガラパゴスコバネウという鵜の仲間。ちょうどこの時期は雛がかえって、子育て真っ最中だった。
PuntaEspinosa22.jpg
この鳥は飛べない鳥で、羽が退化して小さくなってしまっている。
PuntaEspinosa23.jpg
首を曲げると、確かに鵜の様な感じがする。
PuntaEspinosa24.jpg
ここではガラパゴスペンギンを保護しており、その生態を見ることが出来る。
PuntaEspinosa25.jpg
何ともかわいい。
PuntaEspinosa29.jpg
そして、ガラパゴスの人気者、アオアシカツオドリの登場。
PuntaEspinosa30.jpg
その名のとおり、足が鮮やかに青い。
Izabera02.jpg
午後からはイサベラ島に移動し、断崖絶壁に生きる鳥たちを観察する。
Izabera03.jpg
見事に切り立った崖。
Izabera08.jpg
ボートで洞窟へ入っていく。
Izabera13.jpg
ふと見ると、ボートの脇をウミガメがのんびり泳いでいく姿を見つけた。
Izabera14.jpg
ボートを意識しているのかいないのか、時々頭を上げながら泳いでいく。
Izabera19.jpg
この日の夕刻は船上でパーティー。乗客から選ばれたキャストでの寸劇などを楽しんだ。
Izabera20.jpg
船上からの綺麗な夕日。
PortEgas07.jpg
この日のタオルはこんな感じ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第44回 ガラパゴス・クルーズ8(エクアドル):ノースセイモア島

NorthSeymour01.jpg
四日目の朝、朝食を済ませ、いつものようにゴムボートに乗り込む。
NorthSeymour02.jpg
午前の目的地ノースセイモア島へボートで移動する。
NorthSeymour05.jpg
リクイグアナともう一度ご対面。ウミイグアナと違いリクイグアナはあまり見られない。同じイグアナといっても顔も形も全く異なる。
NorthSeymour06.jpg
この島はアオアシカツオドリや軍艦鳥の営巣地を見ることが出来る。まずはアオアシカツオドリ。
NorthSeymour07.jpg
飄々とした表情がおもしろい。
NorthSeymour08.jpg
名前の通り足が青い。
NorthSeymour09.jpg
これがアオアシカツオドリの雛。雛は足が青くない。
NorthSeymour10.jpg
ちょうど産卵時期だったのか、卵を抱く姿も見ることが出来た。
NorthSeymour11.jpg
雛にエサをやっていた。
NorthSeymour13.jpg
こんな感じで観察する。
NorthSeymour16.jpg
こんどはグンカンドリ(軍艦鳥)
NorthSeymour17.jpg
雄は求愛のポーズでのどを赤く膨らませる。
NorthSeymour18.jpg
飛んでいると、本当に恐竜に見える。
NorthSeymour21.jpg
こうしてみると、ディズニーアニメの魔女の傍らにいる鳥のよう。ちょいとヒールなイメージ。
NorthSeymour40.jpg
巣では雄が求愛ポーズを取っていた。
NorthSeymour41.jpg
のどの袋のような物を膨らませている。
NorthSeymour42.jpg
正面から。
NorthSeymour44.jpg
これがグンカンドリの雛、何とも愛嬌がある・
NorthSeymour45.jpg
面白いポーズをとる。
PuntaEspinosa03.jpg
この日のタオルは親鳥と雛。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第45回 ガラパゴス・クルーズ9(エクアドル):サンタクルス島

ガラパゴスクルーズもいよいよ終盤になった。4日目の午後は、サンタクルス島へドライランディング。
SantaCruz01.jpg
上陸用のボートへはこんな感じで乗り込んでいく。クルーズ初日にグループ分けがされていて、いつも同じメンバーで動く、我々のグループ名はコルモラン(ガラパゴスコバネウ:第43回を参照)。
SantaCruz06.jpg
今回の主役はゾウガメだ。
SantaCruz04.jpg
亀の顔をまじまじと見たことがないが、これだけ大きいと表情のような物が見える。
SantaCruz05.jpg
妙に目や鼻の穴がリアルだ。
SantaCruz08.jpg
草を食べているようすは、結構ワイルド。
SantaCruz10.jpg
ガラパゴスでゾウガメといえば、ダーウィン研究所のロンサムジョージが有名だが、今回の4泊5日のクルーズには残念ながら訪問機会がなかった。その代わりにこのサンタクルス島のハイランド地区でゾウガメを見ることが出来た。
SantaCruz09.jpg
こんな距離感で観察する。
SantaCruz12.jpg
どこかで見た顔だと思ったら、ETにそっくりだ。ETはゾウガメをモチーフにしたのだろうか。ガメラというよりもETだ。
SantaCruz13.jpg
泥の水場に集まってくるゾウガメたち。
SantaCruz14.jpg
何匹も集まってくると、なかなか壮観だ。
SantaCruz15.jpg
そこにフィンチが飛んできた。
SantaCruz17.jpg
やっぱりETだ。
SantaCruz18.jpg
ゾウガメの甲羅は白人男性がすっぽりと入れてしまうほど大きい。
SantaCruz19.jpg
サンタクルス島は人間の生活感のある島。夕暮れの港はいい感じ。
IMG_5052_R.JPG
この日のタオルはなかなかの力作。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第46回 ガラパゴス・クルーズ10(エクアドル):イグアナ公園(グアヤキル)

Mosquera02.jpg
とうとう4泊5日ガラパゴスクルーズの最終日。気持ちの言い朝だ。
Mosquera03.jpg
最終日はスケジュールもゆっくりなので、のんびりと朝の海を眺めていられる。そうしていると、色んなタイプのクルーズ船とすれ違う。これは帆船タイプのもの。
Mosquera04.jpg
こちらはクルーザータイプのもの。大小さまざまなタイプがある。船のタイプによって色んな楽しみ方があるんだろう。
Mosquera16.jpg
最終日の朝はモスケラ島のアシカたちをボートからウオッチング。
Mosquera14.jpg
のんびり平和なアシカの島。アシカたちは人間を恐れず、ボートに近づいてくる。
Mosquera12.jpg
何とも愛らしい、昼寝姿。
Mosquera06.jpg
そしてバルトラ島に上陸し、空港へ。
Mosquera07.jpg
イグアナマークの飛行機で、エクアドル最大の都市であり、海沿いの港湾都市グアヤキルへ向かう。(ちなみに首都のキトは人口では2番目)
Guayaquil02.jpg
グアヤキルもコロニアルな色合いの強い街で、立派なカテドラルがある。
Guayaquil03.jpg
この街に立ち寄った理由は、このカテドラルの前にある、通称イグアナ公園を見ること。たくさんのイグアナが放し飼い状態で餌付けされている。
Guayaquil06.jpg
イグアナのエサはキャベツ。
Guayaquil08.jpg
こうやって、エサを直接与えることも出来る。決して危険な動物ではない。
Guayaquil07.jpg
公園中,いたるところにイグアナがウジョウジョといる。
Guayaquil12.jpg
このイグアナたちはガラパゴスで見たイグアナとはだいぶん違う。
Guayaquil14.jpg
なんとも、より爬虫類ぽい顔をしている。
Guayaquil09.jpg
木の枝にもイグアナがいて、ベンチに座っていると突然上から落ちてきたりする。何とも微笑ましいガラパゴスクルーズのエンディングだ。

院長のちょいとひとこと:
 「ガラパゴス」という単語は最近ではネガティブな意味合いで使われることが多いと思う。
周りから取り残され、独自に進化していく様子を「ガラパゴス化」と評される。日本の携帯電話などがそのいい例で、高機能なわりに、通信方式を世界標準としなかったために、日本だけでしか使用されず、独自に進化した。
ちなみに、スーダンやポーランドで使用していた携帯は、日本以外の世界中何処へ行っても、ほとんどはそのまま使用することが出来た。
 これだけ情報が氾濫していて、世界の情報がリアルタイムに入ってくる現在であっても、日本はガラパゴスなのだとよく感じる。この10年で世界はかなり変わってきている。例えば身近な例で、日本から一歩外に出ると、韓国車や韓国製の家電がかなり幅をきかせているということを日本人は知っているだろうか。韓国車がほとんど走っておらず、LGやサムソンの家電製品が一般的でない国は恐らく日本だけだ。もちろん日本ブランドの車や家電が高性能であることは世界の常識である、でもその品質にかなり近づき、しかもサービスやデザインで追い越しつつある韓国製品が、日本製よりも格段に安く売られているのが現状で、海外で働く日本のビジネスマンはそういった厳しい現状と日々戦っている。日本の中にいては、なぜかそういった現状を知ることはない。
 こんな政治ではどんどん世界から取り残され、ガラパゴス化が進んでしまうと真剣に危惧している。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第55回 南米の高地へ:高山病とその予防について

これから、中南米の美しい景色を紹介していく。特に南米の高地の景色は本当に素晴らしい。ただ、日本人が国内では到底経験できない高さを、徐々に高度を上げていく登山とは違って、いきなり体感することになるので、健康上のトラブルが多いのも確かだ。
lastday214 のコピー.jpg
サンペドロ・デ・アタカマ近郊(チリ)標高4000m

自分は高山病の専門家ではない、また登山家でもアスリートでもない。唯一自慢できることといえば、ペルーで過ごした4年の間に、ごく一般的な旅行者として、ペルー、ボリビア、チリの高地を旅行して、家族と共に標高3500から5000mまでの高度を実際に体感したことと、仕事上で現地の医療事情をよく知っている、日本人としては珍しい医者だということだろうか。
またペルーに勤務中の職務として、高山病で重症化した日本人旅行者の救援保護に関わってきた。その経験と知識を元にこれから南米の高地を旅行する方に、高山病とその予防についてまずは書いてみたい。
2402.JPG
マチュピチュ(ペルー)標高2400m

以下の文章は自分が勤務中に大使館ホームページに書いた高山病についての注意書きで、まずは基礎知識として読んで欲しい。

高山病について
 低地から高地に上がった時、その低気圧、低酸素状態に身体が順応できないことが原因で起こる一連の症状を言います。低地から2500mの高地に短時間で移動した成人の約25%に、何らかの高山病症状が認められると言われています。特に低地から飛行機で一気に高地へ上がると症状が出やすくなります。観光地として有名なクスコは3400m、ティティカカ湖は3800mの高地にあり、実際、リマからこれらを訪れた旅行者の多くが、何らかの高山病症状を経験すると思われます。軽度の山酔いから、個人の体質によっては比較的重い高山病を起こします。
 高山病の初期症状は、頭痛、呼吸浅薄感、食欲低下、腹部の膨満感、などで、就寝後も眠りが浅く、頻回に目を覚ます不眠感も典型的な症状です。高山病は重症化すると肺に水が溜まる「高地肺水腫」や脳がむくむ「脳浮腫」となり、すぐに適切な治療を受けると共に、急いで低地へ下がらないと死亡に至ることがあります。
 高山病の発症はその日の体調などによっても左右されるため、無理な日程は禁物です。特に高地に到着した初日は十分な休養を取るようにしましょう。過去に高地で高山病にならなかったことは、今回高山病にならないと言う保証にはなりません。ただし、過去に高山病の経験のある方は、特に注意を要します。また、低酸素状態は心臓や肺に大きな負担をかけるため、心臓疾患や肺疾患のある方は事前に医師に相談されること強くおすすめします。

高山病の予防
1. 高地に到着後、初日は十分な休養をとる。
(余裕のある計画を心がける)。
これがもっとも大事です。"ゆっくり、ゆっくり"を心がける。
2. 空港に着いたら"ゆっくり、ゆっくり"歩き、なるべく階段の使用を避ける。
3. 水分を十分に摂る。
4. 高地では低気圧、低酸素のため消化機能が低下するので、腹8分目に心がける。
炭水化物を多めにとり、脂肪分は控えめにする。
5. アルコールの摂取はできるだけ避ける。睡眠薬の使用も控える。
6. 高山病予防薬について
アセタゾラミダAcetazolamida(製品名ダイアモックス: Diamox)の内服は高山病の予防効果がある他、頭痛や不眠などの高山病の症状を改善させる効果があります。アセタゾラミダは日本では医師の処方箋を必要とする医薬品ですが、ペルーの薬局では処方箋なしでも購入することができます(空港内の薬局でも購入できます)。
薬局では必ず『アセタゾラミダAcetazolamida 250mg』と注文して下さい。
当地では『ダイアモックス』という商品名は一般的ではありません。

予防内服方法は、成人の場合 高地に上がる当日の朝より、
1日2回(朝と寝る前) 125mg (250mg錠ならば半分に割って)内服します。
服用後、手指にしびれ感を感じることがあります。
アセタゾラミダには利尿作用(尿の量を増やす作用)があるので、水分を十分に補給してください。高血圧や心臓病、糖尿病等慢性疾患をお持ちの方は内服前に必ず医師に相談してください。

薬局が勧める『SOROJCHI PILLSソロチピル』は単なる頭痛薬で、高山病の予防薬ではありませんのでご注意下さい。
以上
2401.JPG
雨のマチュピチュ(ペルー)標高2400m

特に、食事を少なめに食べることと、高地に滞在中は食事には特に厳重に注意して、決して冒険をせず、お腹の健康を保つことだ。高地でお腹をこわしてひどい下痢をすると最悪のシナリオになる。高級ホテルと言えども、野菜を含め出来るだけ生のものを避けるのが賢明だろう。
3700.jpg
ウユニ塩湖(ボリビア)標高3700m

また、ダイアモックという名前が
ペルーの薬局では通用せず、『アセタゾラミダAcetazolamida』という名前しか通用しないことも、おぼえていって欲しい。
特に『SOROJCHI PILLSソロチピル』には気をつけて欲しい。現地の人や薬局は「高山病の薬」としてこの薬を必ず勧めてくる。
sorojchi_04.jpeg
では、少しこの『SOROJCHI PILLS:ソローチェピル』に付いて説明する。
決してこの薬を非難するわけではなく、これは単なる頭痛薬であることを知って欲しい。
組成はアスピリン、カフェインなどで、日本の「バファリン」によく似た薬だ。つまりこの薬は鎮痛薬、解熱剤であって、確かに頭痛には効くが、高山病を予防する効果は無いといっていいだろう。
3701.jpg
雨期のウユニ塩湖(ボリビア)標高3700m

この『SOROJCHI PILLS』の飲み方には高地にいる間、8時間毎に服用するように書いてある。
通常の日本人が何日間も1日3回バファリンを飲み続けたらどうなるだろう。
高地ではお腹をこわすことは御法度だ、下痢は高山病を急速に悪化させる。胃腸の弱い人がバファリンを1日3回飲み続けたらどうなるか。。。逆に体調が悪くなるだろう。
lago_querococha3980.JPG
Lago Querococha(ペルー)標高3980m

現地で頭が痛いというと、薬局だけでなく、現地の人々や旅行関係者までも当たり前のようにこの薬を持ってくるので、十分注意して欲しい。当然、単発で飲む頭痛薬としては何の問題もないのだが。。

4800.JPG
ワスカラン国立公園(ペルー)標高4800m

ペルーに勤務中によく受けた質問が、高地に子供を連れて行って大丈夫であろうか?と言う質問だ。その多くが南米の駐在員の家族で、せっかく南米に来たのだから、マチュピチュは是非見てみたい、というものだ。
子供は高山病に弱いとよく書かれているが、実際のところはよくわかっていない。ただ、子供が頭痛や嘔気で水分が摂れなくなったら、その悪化は大人より深刻になるだろう。

3800.JPG
プヤ・ライモンディ(ペルー)標高4000m

子供同伴の可否について、自分なりの一つの基準を持っていた。それは、体調の悪さ(頭が痛い、お腹が痛い)を自分で訴える事のできる年齢かどうかと言うことだ。個人差もあると思うが4〜5歳ぐらいが基準になるのではないかと思っている。
5000.JPG
パストルリ氷河(ペルー)標高5000m

自分は比較的高地には強い方であった。5000mでも何とか観光をこなすことは出来た。ただし、標高2850mにあるキト(エクアドル)への出張時、いつも到着初日はお腹が張って食事が進まず、夜は熟睡できずに何度も目が覚めた。高地から戻ると数日間は強い全身倦怠感が残った。高地では予想以上に体力を消耗する。

Atakama008 のコピー.jpg
月の谷:アタカマ(チリ)標高2600m

高地にあるホテルや空港には必ず酸素ボンベが用意してある。ホテルで体調が悪いというと酸素ボンベを部屋へ持ってきてくれる。自分は何度も高地へ行ったが、一度だけその酸素ボンベのお世話になりかけたことがある。行きなれたクスコ(3600m)へ友人を連れて行き、調子に乗って、いつになく夕食を腹一杯食べビールを飲んだ。その夜、異常な息苦しさに目を覚まし、もがきながら朝を迎えた。もう少しで酸素ボンベを頼むところだった。
高地では腹7分目が大事であることを、身をもって思い知った次第である。
2400.jpg
月の谷:アタカマ(チリ)標高2600m

唯一の高山病予防薬として認知されているダイアモックスであるが、飲んで調子が悪いという人も少なからずいる。できれば旅行前に数日服用してみて、問題ないかどうかを確認しておいた方がよいだろう。
最後にこれはあくまで私見であるが、高山病の予防に漢方薬の「五苓散」がその薬効から有効であろうと考える。
頭痛や吐き気や下痢の薬にもなるし、ダイアモックスよりも副作用が少なく効果があるのではないかと考えている。
高地へ出発する日の朝から1包(2.5g)を1日3回、高地に滞在中飲んでいればよい。
「五苓散」は小児科でも下痢や吐き気に頻用する薬なので、子供にも安心して使用できる。

次回より、アタカマ(チリ)からウユニ塩湖(ボリビア)への4WDでの旅を紹介したい。

※このブログを見てくれた読者から、高山病予防薬の処方についての問い合わせをクリニックにたくさんいただいている。
当院でも2014年4月1日より高山病予防薬(ダイアモックス)の処方を開始することとした。
詳しくは「高山病予防薬の処方について」をご覧下さい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第56回 アタカマからウユニ塩湖へ1(チリ・ボリビア):月の世界 サンペドロ・デ・アタカマ

テレビ番組で、ボリビアの高地にある、ウユニ塩湖という四国の半分程もある大きな塩の湖が紹介されていた。その白い世界を車で爆走するというもので、雨期には湖面に水が張って鏡の様になり、空が地面に映ってあたかも天空を走っているような感覚になるそうだ。調べてみると、その行程には何とも美しい赤い湖、緑の湖があるという。是非とも行ってみたくなった。
ウユニ行程.jpg
今は首都のラパスから、飛行機でウユニへ行く方法もあるようだが、チリ国境に近い赤い湖(Lago Colorada)や緑の湖(Laguna Verde)を見るのであれば、ラパスから3泊4日の4WDツアーが一般的だ。でもこの旅程は辺境慣れしている我が家にもさすがにきつい。4000mを超える高地を7人乗りのランドクルーザーに目一杯乗って走る。ホテルと呼べるような宿泊施設はなく、夜は氷点下にもなる高地で、暖房もない小屋のベッドに寝袋で寝るというもの。さぞかし夜空は綺麗だとは思うが、さすがに子連れには厳しいと判断した。そこで、最短でこれら全て満喫して帰ってこれる行程をプライベートツアーで組んだ。
チリのサンチアゴから入り、国内線でカラマまで北上し、カラマから車で1時間のサンペドロ・デ・アタカマで一泊し観光を兼ねて高地順応。翌日から車とドライバーを借り上げて、アタカマを朝に出発しチリ側を北上し一路ウユニ塩湖へ向かい、ウユニ塩湖の塩のホテルで一泊、翌日ボリビア側を南下し、Lago ColoradaとLaguna Verdeなどの絶景を満喫しながら夜にカラマに到着する。アタカマ発一泊二日、丸36時間の行程だ。今回の行程はボリビアの旅行会社コルケツアーに依頼した(www.colquetours.com)。
Atakama1002.jpg
リマから一旦チリの首都サンチアゴまで南下し(空路3時間)、そこからカラマまで北上する(空路1時間)。カラマは鉱山の街、何にもない殺風景な空港だ。
Atakama1004.jpg
空港の周囲には荒涼な景色が広がる。ここから陸路で1時間のサンペドロ・デ・アタカマへ向かう。
Atakama1008.jpg
サンペドロ・デ・アタカマ(標高2400m)はチリで最も古い街だそうで、有名な観光スポットの一つ。この周辺だけでも絶景を十分満喫できる。
Atakama1012.jpg
街の雰囲気はペルーの高地とよく似ている。素朴な街だ。
Atakama1016.jpg
世界各国からの観光客でにぎわっている。高地順応を兼ねてここで一泊。明日の朝はウユニ塩湖へ向けて出発だ。
Atakama1104.jpg
せっかくアタカマに来たのだから、アタカマの有名な観光スポット「月の谷」へ。
Atakama1108.jpg
月の世界は本当にこんな感じなんだろうか。
Atakama1112.jpg
この月の谷でNASAが月面や火星探査機の実験を行ったという。
Atakama1116.jpg
奥に見える山の標高は6000m。
Atakama1120.jpg
影が出来てくると、より宇宙的な景色に見えてくる。
Atakama1124.jpg
緑が全くない、乾いた景色が広がる。
Atakama1208.jpg
実際に月の谷を歩いてみる。
Atakama1204.jpg
浸食で出来た溝は切り立った岩壁になっている。
Atakama1216.jpg
砂漠の中を歩いていく。
Atakama1220.jpg
地層がむき出しになっている。アメリカのグランドキャニオンに似た景色だ。
Atakama1228.jpg
砂山を駆け下りて遊ぶ人達。このアタカマ砂漠は南北に1000kmも続くという。
Atakama1234.jpg
この地域には浸食で出来た奇岩がよく見られる。
Atakama1238.jpg
次回は様々に色を変える、夕暮れの様子を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第57回 アタカマからウユニ塩湖へ2(チリ・ボリビア):アタカマの夕暮れ

アタカマ一帯は世界で最も乾燥した地域だそうで、日本をはじめ世界各国が天文台を設置している。当然のことながら、星空や夕暮れがきれいだ。
Atakama0040.jpg
夕暮れどきになると、ビューポイントにツアー会社の車が集まってくる。
Atakama0042.jpg
見晴らしのいいところまで、岩山の尾根を歩いて行く。
Atakama0044.jpg
そろそろ日が沈みはじめた。サンセットショーの始まりだ。
Atakama0046.jpg
日が沈みだすと、気温は一気に下がってくる。砂漠なので日中と夜の寒暖の差が非常に大きい。
Atakama0048.jpg
茶色一色であった景色が赤く染まり出す。
Atakama0058.jpg
6000mクラスの山が「赤富士」のように輝き出す。
Atakama0064.jpg
茶色から赤茶色に変わり、最後は真っ赤に光り出す。
Atakama0066.jpg
サンセットショーのクライマックス。
Atakama0068.jpg
下に降りてみると、月の谷に月が出ていた。
Atakama0069.jpg
夜はレストランの焚き火にあたりながら一日の疲れを癒やす。
さあ、明日はウユニ塩湖へ向けて出発だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第58回 アタカマからウユニ塩湖へ3(チリ・ボリビア):ウユニ塩湖を目指して

さあ、ウユニ塩湖へ向けて出発だ。今回のルートは第56回の地図でも紹介したように、アタカマからチリ側をずっと北上し、ウユニ塩湖近くの国境でボリビアに入る。帰りは逆にボリビア側を南下し、アタカマ近くの国境からチリに戻ってくる。
uyuni1004.jpg
4月29日午前5時、まだ夜明け前の暗闇の中、借り上げた4WDに乗って、アタカマを出発した。
uyuni1012.jpg
日が昇ると、何ともすごい景色が広がっていた。
uyuni1016.jpg
今回の行程はずっと標高3000m以上で、途中最高5000mの地点を走り抜ける。
uyuni1020.jpg
当然の事ながら、この高さは森林が成育する限界を超えていて、見渡す限り樹木というものがない。緑が無い世界だが、日を浴びて茶色と黄色に輝いて美しい。
uyuni1024.jpg
近づいてみると、土と岩の世界。
uyuni1001.jpg
これが今回借り上げた車、三菱の5人乗りピックアップ4WDだ。おんぼろランクルを想像していたが、きれいな車だった。
uyuni1028.jpg
遠くに何やら動物を発見!
uyuni1030.jpg
ビクーニャだ。アルパカやリャマの親戚で、ラクダ科の動物。ビクーニャの毛織物は超高級だ。
uyuni1046.jpg
アタカマを出発して6時間、ボリビアとの国境に着いた。
uyuni1050.jpg
何とも殺風景な景色だが、空の青さが本当にきれいだ。
uyuni1058.jpg
ここは国境の駅なのか、たくさんの車両が止まっていた。
uyuni1062.jpg
止まっているのか、捨てられているのか、駅なのか、列車の墓場なのか。
uyuni1066.jpg
これが国境。向こうはボリビアだ。
uyuni1070.jpg
この辺りは、見渡す限りの地面が鉱物資源そのものだ、こういった景色は見たことがない。
uyuni1074.jpg
塩湖のように美しくはないが、鉱物で出来た湖だ。
uyuni1086.jpg
途中、トイレ休憩に立ち寄った村。このあたりは標高4000mを超えている、空の青さに吸い込まれそうになる。
uyuni1098.jpg
素朴で質素な村の様子。
uyuni1102.jpg
この民家でトイレを借りた。ソーラーパネルがあって驚いた。
uyuni1106.jpg
看板には、「ここ! ビール、ワイン、ラム酒、コーラ。。。」酒場なのか酒屋なのか、これほどの場末は無いだろう。
uyuni1110.jpg
村の教会とお墓。
uyuni1114.jpg
ここにもビクーニャがいた。
uyuni1038 .jpg
なんかすごい景色が見えてきた。今までに見たことのない、不思議な感覚をおぼえる。
uyuni1118.jpg
とうとう到着、白い海のように広がる景色はウユニ塩湖だ!

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第59回 アタカマからウユニ塩湖へ4(チリ・ボリビア):白い世界・乾期のウユニ塩湖

自分が見てきた色んな景色の中で、「白い世界」という表現が似合うのは、トルコのパムッカレとこのウユニ塩湖だ。
ウユニ塩湖には2つの顔がある。一つは乾期の白く干上がった広大な白い世界、もう一つは真っ白な地面の上に水が張り、鏡となって空を写す雨期の姿だ。自分は雨期の姿が何としても見たかったのだが、雨期は道がぬかるんで、今回のルートからのアプローチは困難になると言う。何としても雨期の姿が見たかった自分は、雨季と乾季の両方の姿が見られる、乾期の始まりに行くことにした。これが大正解だった。
uyuni1140.jpg
まずは乾期のウユニ塩湖から。塩の結晶が地表にも模様を作る。
uyuni1144.jpg
この広大な白い世界が、四国の半分の面積で広がっている。全く想像できない。
uyuni1148.jpg
ただ、ただ、白い大地が広がる。
uyuni1150.jpg
白い大地は、白いサーキットにもなる。この大地の上をランクルが猛烈なスピードで爆走する。
uyuni1152.jpg
地表にはサッカーボールのような模様が出来ている。
uyuni1156.jpgのサムネール画像
近づいてみてみると。
uyuni1160.jpg
塩の結晶が自然に作り出した模様、何とも不思議な世界だ。
uyuni1164.jpg
皆、車を止めて、暫し不思議な空間を楽しむ。
uyuni1168.jpg
塩湖の上はほとんど何もない世界なので、大きさや遠近感がわからなくなってしまう。
uyuni1172.jpg
こんな写真をみんな楽しんで撮っていた。
uyuni1200.jpg
そんなウユニ塩湖で数少ない目標物が、このインカワシ島。
uyuni1204.jpg
この島を目標に、皆、ウユニ塩湖を走り抜けてくる。
uyuni1206.jpg
ちょっとした、ドライブのサービスエリアのような感じだ。
uyuni1214.jpg
この島には面白いサボテンが生えている。ムーミン谷のニョロニョロのようなサボテンだ。
uyuni1224.jpg
ウユニツアー定番の4WDランクル。通常は7人乗りで、車の上に荷物とプロパンのボンベを積んでいて、ドライバーや同乗のコックが、料理をしながらツアーを進めていく。
uyuni1280.jpg
これが塩湖の上に立つ、塩で出来た「塩のホテル」。
uyuni1284.jpg
これはあくまで見物用のホテルと考えた方がよい。恐らく下水もお湯もないだろう。自分たちの泊まる塩のホテル(Luna Salada)が出来るまでは、塩のホテルとして有名であった。
uyuni1286.jpg
イスやテーブルも塩で出来ている。
uyuni1290.jpg
ホテルの前に各国の国旗がたなびいていた。もちろん日の丸もあった。
uyuni1292.jpg
塩の採掘場だ。塩の山がピラミッドのように、整然とならんでいる。
uyuni1294.jpg
これがまたいい景色になる。
uyuni1296.jpg
自分も採掘してみようかと。。。
uyuni1304.jpg
日の当たり具合によって、景色が変わる。
次回は、雨期の塩湖を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第60回 アタカマからウユニ塩湖へ5(チリ・ボリビア):天空を走る・雨期のウユニ塩湖

乾期の白い世界も素晴らしいが、雨期のウユニ塩湖が見たかった。地面に空が映り、空を車で走るような気分になるという、この時期はまだ乾期の始まりで、塩湖の一部に水の張った部分が残っているらしい。早々ドライバーに探してもらった。
uyuni212.jpg
確かに水の張った部分が残っていた。
uyuni216.jpg
地面が鏡のようになる。塩の山もきれいに対称にに映る。
uyuni208.jpg
まさに鏡の上の車。
uyuni204.jpg
塩湖を走りまくって、塩だらけになっている。
uyuni406.jpg
地面が鏡になって空を写す。
uyuni397 のコピー.jpg
この景色が見たかった。息をのむ幻想的な風景だ。
uyuni396 のコピー.jpg
確かに、雲の上に立っているような気分になる。
uyuni361.jpg
雨期には塩湖全体がこういう風景になり、この景色の中を4WDで爆走する。まさに雲の上を走る。
uyuni339.jpg
次回は、自分たちが泊まった、塩で出来たホテルを紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第61回 アタカマからウユニ塩湖へ6(チリ・ボリビア):「塩のホテル」に泊まる

今回はウユニ塩湖で、話のネタに宿泊した「塩のホテル」を紹介する。
Luna Salada Hotel (http://www.lunasaladahotel.com.bo)、おんぼろホテルしかないこの周辺では、かなり高級な部類に入るホテルだろう。外観を撮るのを忘れてしまったので、上記のホテルHPを参考にして欲しい。
uyuni415.jpg
なんといっても、中のほとんどが塩でできている。
uyuni418.jpg
ロビーの様子。椅子も全て塩でできている。
uyuni419.jpg
床には塩が綺麗に敷き詰められている。
uyuni421.jpg
暖炉の前の共有スペースもみんな塩。
uyuni424 のコピー.jpg
何か身体にいい感じ。
uyuni426 のコピー.jpg
これが実際の室内。塩でできたベッドには毛布とふかふかの布団が敷かれていて、朝夜の冷え込むウユニでは信じられないくらい快適に休むことができた。寝台だけのぼろベッドの上に寝袋で寝るのとは大違いだ。
uyuni430.jpg
ちゃんとバスタブもある。なんとこのバスタブにはジャグジーが付いていた。お湯のシャワーが使えるだけでも珍しいこの辺で、何とも贅沢な話だが、さすがに湯量はシャワーを浴びるのが精一杯というところだった。
uyuni423 のコピー.jpg
レストランのテーブルや椅子も塩でできていたが、ちゃんとクッションがおかれていた。ここでは結構まともなコース料理とワインを楽しむことができた。
uyuni445 のコピー.jpg
ホテルの軒先にフクロウがいて、夕日に光っていた。
uyuni438.jpg
ホテルから見た夕焼けの様子。
uyuni451 のコピー.jpg
塩湖が真っ赤に染まっていく。高台から塩湖を見下ろす立地にある、このホテルならではの景色だ。
uyuni483.jpg
翌朝、早起きして日の出を拝んだ。今度は塩湖が青白く浮かんでくる。
uyuni495 のコピー.jpg
大地が赤く、塩湖が白く輝きだした。

次回はウユニの街から赤い湖、緑の湖を目指す。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第62回 アタカマからウユニ塩湖へ7(チリ・ボリビア):高地の街

塩のホテルで一泊し、翌朝ウユニ塩湖で少し写真撮影して塩湖を後にした。これからボリビアを南下して、チリ国境近くの天空の湖を見て、夜にはカラマまで戻る12時間の行程だ。
uyuni556.jpg
まずは標高3700mにあるウユニの街へ立ち寄った。小さな素朴な街だが、太陽の光が燦々と降り注いでいる。
uyuni554.jpg
街の市場をのぞいてみた。
uyuni553.jpg
結構色んなものが売られていた。ここでウユニ塩湖の塩をおみやげに買って帰った。
lastday020.jpg
ウユニの街を出発し、次の目的地、標高4000mにあるサンクリストバル村を目指す。
lastday024.jpg
何もないオフロードを突っ走っていたら、突然村が現れた。
lastday017.jpg
スクールバスが止まっている。村の学校か?
lastday012.jpg
これは村の中心に位置する教会。藁葺き屋根が素朴でいい感じ。
lastday016.jpg
どうやら学校の下校時間なのか、子供たちが出てきた。
lastday015.jpg
面白いのが、ここの制服なのか、皆、白衣を着ている。
lastday014.jpg
どこの国も子供たちの様子はよく似ている。
日本から遠く離れたボリビアの4000mの高地にあるこの小さな村が、日本と深い関係があるということに驚く。この村の近くにはサンクリストバル鉱山という世界屈指の亜鉛と銀の鉱山があり、日本の住友商事が出資している。
lastday018.jpg
サンクリストバル村を後にして再びオフロードを突き進む。
lastday001.jpg
緑のない世界だが、土が陽に輝いて、何とも美しい景色だ。
lastday026.jpg
途中で川渡り、このあたりが標高5000mらしい。ドライバーは何度も何度もこの川を行ったり来たりする。塩湖で付いた車の塩を落とすためだという。
lastday032.jpg
突然現れた奇岩群。
lastday038.jpg
皆面白い形をしていて想像をかき立てる。
lastday039.jpg
次回はシリーズ最終回、天空の湖を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第63回 アタカマからウユニ塩湖へ8(チリ・ボリビア):天空の湖

明けましておめでとうございます。
2013年最初の更新はアタカマからウユニ塩湖シリーズの最終回だ。標高4200mを超える天空の世界に、何とも美しい湖があるという。このシリーズのクライマックスを紹介したい。
lastday049.jpg
標高4000m以上、樹木の生息出来ない森林限界を超えた世界をひた走る。
lastday051.jpg
何もない世界だが、つい写真を撮りたくなるぐらい美しい。空に吸い込まれそうになる。
lastday106.jpg
殺風景な景色の中に突然、赤い湖が見えてきた。これが標高4200mにある天空の湖の一つ、その名もLago Colorada (Red Lake)「赤い湖」だ。
lastday083.jpg
赤く見えると言うよりも、本当に赤い。その赤さが周囲の景色に何故かマッチしている。
lastday086.jpg
赤い湖にピンクの鳥が飛んでいる。フラミンゴだ。
lastday087.jpg
この辺の湖どこにでもいるというのではなく、何故かここにしかいない。
lastday096.jpg
ここの景色を見ていると、赤い湖の水を飲んでピンクに染まったかのように思える。
lastday103.jpg
こんな絶景を同時に見ているのは我々だけだというのが、何とも贅沢である。他には誰もいない。
lastday131.jpg
しばらく走ると、今度は湯気が立ち上る地帯に着いた。
lastday121.jpg
地面にクレーターのような穴が何カ所もあいていて、そこから湯気がモクモクと上がっている。
lastday116.jpg
周囲には硫黄の臭いが立ちこめて、いわゆる温泉の匂い。
lastday133.jpg
恐る恐るのぞいてみると、マグマのようにゴボッゴボッとどろどろの地面からガスが吹き上げている。
lastday134.jpg
再び、何もない大地をひた走る。
lastday144.jpg
また湖が見えてきた。
lastday146.jpg
右端はいわゆる天然露天風呂、観光客がしばし休憩している。この景色の中で露天風呂とは何とも贅沢だ。
lastday153.jpg
6000m級の山々を横目に、ひた走る。
lastday157.jpg
鮮やかなエメラルドグリーンが目に飛び込んできた。もう一つの天空の湖Laguna Verde (Green Lake)「緑の湖」だ。
lastday183.jpg
底抜けに青い空、茶色い山とのコントラストが本当に美しい。
lastday193.jpg
アンデスの山々を見渡す景色は本当に贅沢だ。
lastday203.jpg
バスの残骸も何故か絵になってしまう。こんなところをバスが走っていたのか?走れるのか?
lastday205.jpg
アンデスの山々を見渡しながら、オフロードを突き進む。
lastday206.jpg
ボリビアとチリの国境、ボリビア側のイミグレーションだ。何とも素朴な小屋なのだが、ちゃんと常駐の職員がいて、パスポートにスタンプを押してもらった。
lastday210.jpg
夕日で地面が輝きだした。
lastday214.jpg
もうすぐチリのアタカマだ。
lastday215.jpg
アタカマ近くの国境からチリに入国し、アタカマ経由でカラマには夜8時に帰着した。我々が今まで体験した旅行で最も苛酷な36時間であったかも知れないが、満足度200%の絶景であった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第64回 ペルー編プロローグ(ペルー)

「ドクトル・イトウの地球の果てまで」も3年目。そろそろ、2006年から2010年までの丸4年間を過ごした、ペルーの魅力を紹介していきたい。あまりに思い出が多すぎて、何から紹介したらいいのか迷ってしまうのだが、旅行者とは少し違った視点で、ペルーの美しい風景、面白い風景を紹介できたらと思う。
ペルーというと高地というイメージがあるが、実際には首都のリマは海岸部の低地にあり、クスコやマチュピチュなどはアンデスの高地、その内陸部はアマゾン川が流れる熱帯雨林地域で、一つの国に様々な気候帯がある。それだけに色んな景色や食べ物が楽しめる。
Peru_008.jpg
ペルーといえば、まずマチュピチュが思い浮かぶだろう。この景色は本当に神秘的ですばらしい。これは晴れた日のマチュピチュ。この角度から見ると、バックの山(ワイナピチュ)がインディアンの横顔に見える。真ん中の高い山が鼻で、左の低い山があご。偶然にしては面白い。
Peru_009.jpg
雨のマチュピチュはまた幻想的ですばらしい。何も見えない真っ白な霧の中から、徐々に姿を現してくる様子は「天空の城ラピュタ」の世界。
Peru_007.jpg
これはリャマ、アンデスに成育するラクダの仲間。とぼけた顔が何とも愛らしい。
Peru_006.jpg
インカ帝国の都クスコ、標高3400mにある。富士山の頂上に近い高さにこんな街があるというのは、来てみないとなかなか実感できない。赤煉瓦の街並みが美しい、
Peru_005.jpg
クスコの中心部、朝のアルマス広場。
Peru_001.jpg
夜のライトアップされたアルマス広場(クスコ)。
Peru_002.jpg
ペルーの南の端、ボリビアとの国境にある湖、チチカカ湖(標高3800m)。定期航路が就航する、世界で一番標高の高い湖。
Peru_013.jpg
リマの北400kmにあるワラス。ペルーのスイスと呼ばれていて、ペルー最高峰の山ワスカラン(標高6768m)をはじめ、6000mクラスの山々が連なる美しい地域。写真はケロコチャ湖(Laguna Querococha:標高3980m)
Peru_012.jpg
パストルリ氷河(Nevado Pastoruri:標高5000m〜5400m)を目指して、9合目まではバスで登り、そこから馬で9.5合目まで登って行く。後は氷河までの地獄の登山。
Peru_011.jpg
初めて体感した標高5000m。氷河自体よりも、そんな場所にいる自分に驚いた。空気が薄く、一歩一歩が本当に苦しく、周りが黄色く見えた。
Peru_010.jpg
ワラスの高山地帯に自生するプヤライモンディ(Puya Raymondi )、百年に一度だけ花を咲かすという不思議な植物で、高いものは10mにもなるという。青い空に金色に輝き美しい。これがパイナップルの仲間というのがおもしろい。氷河よりもこの植物の方に感動した。
Peru_004.jpg
ペルー第2の都市、「白い街」アレキパの夜景。
Peru_016.jpg
ペルーのアマゾン地帯、プエルト・マルドナード(Puerto Maldonado)。ジャングルにあるロッジに宿泊して、ジャングルツアーを楽しむ。
Peru_017.jpg
アマゾンの夕暮れ。これも忘れられない美しい景色だ。
Peru_015.jpg
ペルー北部の海岸地帯チクラーヨ。トトラ葦で作られた小船で今も漁が行われている。
Peru_014.jpg
ナスカの地上絵をセスナから見物する。これはハチドリで、一番見つけやすい地上絵の一つ。多くの地上絵は、地面と線のコントラストが薄くてなかなか見つけることができない。
Lima_043.jpg
この装甲車のような車は? リマではよく見かける車で、いわゆる銀行の現金輸送車で、少々の爆発物でもびくともしないらしい。馬鹿げているようだが、武装集団対策で運転席に扉はない。何気ない風景だが、これがペルー、南米の実情。ツアーの団体行動をしているには問題ないが、一歩場所を間違えると危険が待っている。
これからじっくりとペルーの魅力を紹介していきたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第65回 クスコとマチュピチュ1(ペルー):インカの都クスコ1

ペルー観光のメインイベントはもちろんマチュピチュ。自分が色々見てきた絶景の中でも、ベストテンに入るのは間違いない。日本からは、アメリカの都市を経由してまずリマへ入る。これがほぼ丸一日の行程だ。リマは海岸部にある都市で低地にある。このリマから、インカ帝国の都であったクスコへ一気に高度を上げる。
CUSCO_018.jpg
上から眺めたクスコ市街の様子。赤煉瓦で統一されていて美しい。
CUSCO_009.jpg
クスコ空港に到着。ターンテーブルの前では「コンドルは飛んでいく」の生演奏をやっていたりして、ペルームードは盛り上がっていく。でもここは標高3,400m、富士山の頂上に近い世界。慌ててスーツケースを運んだりすると、とんでもなく息切れする。高地に身体をならすため、ここから1日の過ごし方が非常に重要。あせらずに、ゆっくりゆっくり動く。詳しくは第55回「南米の高地へ:高山病とその予防について」をご参考いただきたい。
CUSCO_023.jpg
クスコの中心部、アルマス広場(Plaza de Armas)。ペルーではどの街にもその中心部にはこのような「アルマス広場」と呼ばれる広場がある。「アルマス」とは「武器」という意味。争い事が起こった際に、住人が武器を持って集まった場所だかららしい。
CUSCO_022.jpg
クスコのアルマス広場は、少し坂を上がって、高台から見下ろした景色が好きだ。写真左が大聖堂、正面がラ・コンパーニャ教会だ、
CUSCO_029.jpg
ラ・コンパーニャ教会。インカ帝国の時代の建物の土台の上にスペイン人が建てた教会。
CUSCO_030.jpg
数奇な歴史をたどった都市だが、インカ帝国の文化とスペイン文化が妙にマッチしていて、これが興味深い。
CUSCO_027.jpg
イースター(復活祭)はキリスト教国では春の大きなイベント。その前の一週間(聖週間)はスペイン語圏ではセマナ・サンタと呼ばれ、日本のゴールデンウイークの様な連休になる。この聖週間にクスコでは、セニョール・デ・ロス・テンブローレス(地震の主:黒いキリスト像)の御輿を担いで行進するお祭りが行われ、アルマス広場が人で埋め尽くされる。
CUSCO_024.jpg
石畳の路地。何とも趣がある。
CUSCO_025.jpg
街の綿菓子売り、その数と色のど派手さが節操なく、それがペルーらしくて良い。
CUSCO_035.jpg
ペルーの高地で当たり前のように飲まれる「コカ茶」。現地のポーターはこのコカの葉をしがみながら山を登る。コカとはもちろんコカインのこと。麻薬の原料になる葉っぱで、間違って土産に持って帰ったら大変なことになるかも知れない。ちなみにコカコーラのコカもこのコカの意味、当初は疲れた軍人の元気を付ける飲み物であったらしい。もちろん、今のコカコーラにコカインは入っていない。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第66回 クスコとマチュピチュ2(ペルー):インカの都クスコ2

CUSCO_012.jpg
朝のアルマス広場。朝日に輝いて美しい。
CUSCO_013.jpg
民族衣装を着たインディオのおばちゃん達もひと休みで井戸端会議。
CUSCO_037.jpg
クスコの街並みでよく目にするのがこの「インカの石組み」。何でもないようにも見えるのだが、これがインカ帝国の技術力、科学力の結集されたもの。
CUSCO_016.jpg
インカの石組みは、「カミソリの刃1枚も通さない」と評されるほど、本当に精密で、こんな小さい石まで、きっちりとはめ込まれている。相当高度な石切の技術があったのだろうと想像されるのだが、なんと、インカ帝国には「鉄」というものがなかった。それが、銃や剣をもったたった200名のスペイン人に、いとも簡単に征服されてしまった原因とも考えられるのだが、鉄器なしで、どうやってここまで精巧に石を切ったのか。本当に謎だらけだ。
CUSCO_031.jpg
その代表作がこのクスコ名物「12角の石」。知らなければ、通り過ぎてしまうような光景なのだが。
CUSCO_017.jpg
手前から三番目の大きな石。確かに12角に切り出されている。鉄が無かったと知ると、本当にどうやって加工したんだろうと考えてしまう。
CUSCO_034.jpg
ライトアップされたアルマス広場。
CUSCO_019.jpg
何とも雰囲気があって美しい。
CUSCO_001.jpg
教会もきれいにライトアップされる。
CUSCO_004.jpg
坂の路地もいい雰囲気になる。
CUSCO_005.jpg
夜の「12角の石」。
CUSCO_032.jpg
高山病の予防について、「第55回 南米の高地へ:高山病とその予防について」で、高地では下痢は厳禁と書いた。つまり高地では「食の冒険」は御法度。マチュピチュ観光を無事に終わらせたいのであれば、食事と飲み物には十分に注意が必要だ。ただ、この露店のアンティクーチョ(牛の心臓の串焼き)は本当に美味そうだった。日本で言うところの「ハツ」が、大きめに切られ、照り焼きになっている。もちろん、この料理は、リマのちゃんとしたペルー料理のレストランでも味わえる。でもこういった屋台の雰囲気で食べるのがおつというものなのだが。。。食べる勇気は無かった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第67回 クスコとマチュピチュ3(ペルー):天空のバザール(市場)

今回はクスコ周辺の観光スポットを紹介する。
聖なる谷014.jpg
クスコ郊外を流れるウルバンバ川。アマゾン川の源流の一つでもある。このウルバンバ川の流れる渓谷は「聖なる谷」と呼ばれ、インカ帝国の遺跡や村落がたくさん残っている。
聖なる谷019.jpg
この景色にはリャマがよく似合う。アンデスに生息するラクダ科の動物。アルパカや高級毛織物のビクーニャはその仲間。山々にはしましまの模様がある。よく見てみると。
聖なる谷008.jpg
これは「アンデネス」と呼ばれる段々畑。平地の少ない山岳部で効率の良い農業を発展させた、インカの技術力だ。
ジャガイモやトウモロコシなどこの地を原産地とする農作物は多い。
pisac009.jpg
山間の渓谷の街の中心に、何やらテントがたくさん張られた区域がある。これが観光地としても有名な「ピサックの市場」だ。
pisac045.jpg
所狭しと露店が広がり、地元の人はもちろんのこと、観光客でにぎわっている。
pisac002.jpg
野菜から民芸品までありとあらゆるものが売られている。
pisac008.jpg
民族衣装で着飾った娘達。
pisac015.jpg
八百屋で売られていたトウモロコシ。色んな色と形がある。
pisac017.jpg
特にこの濃い紫色のものが、「チチャ・モラーダ」というペルーの代表的な紫色のジュースの原料となる。
pisac021.jpg
ピサックの市場で有名な窯焼きのパン屋さん。
pisac024.jpg
その軒先に、何故かかわいいモルモットのようなネズミが飼われていた。これはテンジクネズミの一種で、ペルーでは「クイ」という。何と食用なのである。
IMG_7922.JPG
これが代表的な「クイの窯焼き:cuy al horno」。ペルーの山岳部ではよく食べられる料理で、クイの丸焼きというか、姿焼きというか、クイを開いてオーブンで焼いてある。顔が付いているので、睨まれたような気になる。自分も当然の事ながら、あまりにグロテスクで最初は食べられなかったが、日本人を含め食べた人が皆結構いけるというので、恐る恐る食べてみた。肉は少ないのだが、ゼラチン質で、味はたしかに結構美味しかった。
チンチェーロ005.jpg
今回の行程で、最も標高の高い3800mにあるチンチェーロという村に立ち寄った。まさに富士山の頂上よりも高い村だ。この坂道の上に毎週日曜日に開かれるバザール(市場)があるという。短い坂なのだが、空気の薄いこの地では結構きつい。
チンチェーロ007.jpg
坂の上には広場が広がり、その向こうには侵略者であるスペイン人が造った教会がある。
チンチェーロ002.jpg
何とも素朴なバザールだった。
チンチェーロ003.jpg
結構きれいな織物が売られていた。
次回からはいよいよマチュピチュを紹介したい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第68回 クスコとマチュピチュ4(ペルー):では、マチュピチュへ

いよいよマチュピチュへ出発。まずはクスコからマチュピチュの麓の村アグアス・カリエンタスまで、約3時間の列車の旅だ。
ma101.jpg
ペルーの列車といっても、このPERU RAILはあの有名なオリエント急行の会社が運営している観光列車で、運行も比較的きっちりしている。
ma101_2.jpg
少し前まで、このマチュピチュ行きの列車はクスコの市街にあるサン・ペドロ駅から出発し、スイッチバックといって、登ってはバックで下がりを繰り返して高度を上げていく、なかなか風情のある世界でも有数の高原列車であったのだが、如何せんこのスイッチバックは時間がかかるので、観光客を効率よく運ぶために、2009年からはクスコから陸路で30分程高地にあるポロイ駅まで車で移動し、そこから列車に乗り込むという、スイッチバック区間を短縮した行程に変更になっている。
ma102_1.jpg
この列車はなかなかエンターテインメントも充実していて、列車の中に突如クスコの伝統的なお祭りの衣装をまとった人が登場したり。
ma102.jpg
いきなり、アルパカセーターのファッションショーと実演販売が行われたりと面白い。もちろんこの登場人物達はれっきとしたこの列車の乗務員達。なかなかの役者魂だ。
ma103.jpg
列車はウルバンバ川の渓谷ひた走る。
ma104.jpg
前方にはアンデスの山々がそびえ立つ。
IMG_1866.jpg
マチュピチュの麓の村アグアス・カリエンタスに到着。この「アグアス・カリエンタス」とは「暑い水」、つまり「温泉」の意味、その名の通り温泉の村だ。何か日本の温泉街のような風情がある。
ma105.jpg
何かちょうちんが似合うような、川の流れる、ひなびた田舎の温泉街のたたずまい。
ma106.jpg
村の公衆浴場へ行ってみた。もちろん水着着用で温水プールのようなものなのだが、壁にマチュピチュの絵が描いてある。銭湯の富士山と同じ発想なのか?面白い。
ma106_3.JPG
今回一緒に行った日本の料理人M君と「クイの丸焼き(第67回参照)」を食べに行った。彼はこの行程中、ずっとこの「クイの丸焼き」を食べ続けた。一度食べただけの先入観で、その料理の美味いまずいを評価したくないというのが彼の考えで、この店では、実際に調理をさせてもらった。こういった何でもありなところが「ペルー」だ。
ma106_2.JPG
薪で焚いたオーブンでじっくり焼く。結論的に彼が出した評価は「クイの丸焼きは美味い」ということだった。
ma107.JPG
翌朝、いよいよマチュピチュへ。
ma108.jpg
マチュピチュはアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって1911年に発見されたとされている。
ma109.jpg
少し離れて遠景でマチュピチュを見るとこんな感じ。マチュピチュとは「古い峰」という意味。後ろの山はワイナピチュ「若い峰」。
上から見ないと決してその存在に気づかない、マチュピチュが空中都市と呼ばれる意味がわかるだろう。誰が、なんの目的でこんなところに都市を造ったのか?諸説ある様だが、真実はわからない。
ma110.jpg
マチュピチュへ続くつづらおりの道、これがアグアス・カリエンタスからマチュピチュへ続く道、発見者にちなんで「ビンガム・ロード」と呼ばれる。アグアス・カリエンタスからバスで約30分の道のりだ。
ma111.jpg
山の峰を見てみると、こんなところにまでアンデネス(段々畑)が造られている。これは凄い。
ma112.jpg
次回から、マチュピチュを「晴れのマチュピチュ」と「雨のマチュピチュ」に分けて詳しく紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第69回 クスコとマチュピチュ5(ペルー):晴れのマチュピチュ1

ペルー観光の大きな目玉は何と言ってもマチュピチュであろう。これを見るためにペルーまで行くと言っても過言ではない。そういった意味で、マチュピチュの観光は是非、現地(アグアス・カリエンタス)で1泊はして欲しい。クスコから日帰りのツアーもあるのだが、それでは混雑しているマチュピチュを見て終わってしまう。特に雨期ではマチュピチュを見れずに終わるという最悪のことも起こりうる。
MH1016.jpg
アグアス・カリエンタスで1泊すると、到着当日と翌朝の2回マチュピチュを訪れる機会がある。特に翌朝はクスコからの最初の列車が到着するまでの、マチュピチュが空いている時間帯に、朝靄がたちこめる景色をゆっくりと見学することができる。
MH1019.jpg
前日に一通り見て回っているので、遺跡内の様子もだいたいわかっていて、なおさら効率的に要所を見ることができるからだ。
ame.JPG
もう一つ、マチュピチュにはふたつの顔がある。晴れのマチュピチュと雨のマチュピチュだ。当然、晴れた日にマチュピチュの全景を見ることは必須事項なのだが、この写真のような雨のマチュピチュも幻想的で非常にすばらしい。山の天気なので、一日中雨と言うことは珍しい、午前中が雨でも午後から晴れてくることが多い。ガスで何も見えない世界から、徐々に全貌を現してくる様子は、「天空の城ラピュタ」そのものだ。雨期にはこのふたつのマチュピチュが見られるチャンスがある。
LH1014.jpg
まずは、晴れのマチュピチュから紹介する。一番高所にある「見張り台」からは全体像か見渡せる。
IMG_1622.JPG
雨期のマチュピチュは緑が鮮やかでより美しい。
IMG_1665.JPG
遺跡内で保護されているリャマが、アンデスの雰囲気を盛り上げてくれる。
IMG_1617.JPG
この角度から見ると、遺跡の後ろの山々が「インディアンの横顔」に見えるのがわかるだろうか?真ん中の山が鼻で、左の山が口元。偶然にしてはよくできている。
IMG_1704.JPG
徐々に下りていく。その高さ高さで遺跡の見え方が変わってくる。
IMG_1630.JPG
リャマ君をアップで一枚。目元を見ると「ラクダ科」の動物であることがよくわかる。何とも癒し系の動物だ、
IMG_1694.JPG
リャマと一緒に遺跡を見ると。何か雰囲気が変わってくる。
IMG_1853.JPG
遺跡のあちこちに居るのだが、景色と妙にマッチしている、
P1000.JPG
「天空の城ラピュタ」の様に廃墟に緑が茂り、穏やかな空間になっているのがわかるだろうか。
IMG_1611.JPG
さらに下りていく。遺跡のダイナミックさが伝わるだろうか。次の写真とは同じ角度から撮ったモノだが、違う時期(4月と9月)に撮ったもので、光の当たり具合と緑の濃さが異なる事で少し違った感じに見える。これは9月末で乾期から雨期へ移り変わる時期。
ML1012.jpg
これは4月で雨期の終わりの時期。
IMG_1757.JPG
太陽の門が見える高さで。これは9月末のもの。
LH1015.jpg
遺跡の高さまで下りてきた。
LH1017.jpg
次回は遺跡内部の様子を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第70回 クスコとマチュピチュ6(ペルー):晴れのマチュピチュ2

では、マチュピチュ遺跡内部の様子を紹介していく。
中1008.jpg
マチュピチュのアンデネス(段々畑)は近づいてみるとこんな感じで、これがいわゆる「農耕区域」
中1001.jpg
アンデネス自体は、観光客の通路になっている。
中1009.jpg
この辺が、人々が生活していた「居住区域」。
中1003.jpg
アグアス・カリエンタスで一泊して、翌朝、朝一番に遺跡に向かうと、この様な朝霧がたちこめる静寂の中の遺跡を見ることが出来る。
中1015.jpg
朝一番は多くの観光客が、この正面の山、ワイナピチュへの登山に向かうので、遺跡の中は人がまばらだ。
中1016.jpg
リャマ達ものんびりと過ごしている。
中1007.jpg
アンデネスは人の背丈ほどの高さがある。
中1010.jpg
遺跡の中はインカの石組みで出来ている。
中1042.jpg
遺跡内をリャマは縦横無尽に散歩している。結構大きいので突然現れるとびっくりする。
中1043.jpg
外の風景と対比させると、何でこんな山の中に、人工的な都市を造ったのだろうかと考えてしまう。
中1049.jpg
下から遺跡を見上げるとこんな感じ。
中1053.jpg
こうやってみてみると、ここが奥深い山の中であることがわかる。
山々1002.jpg
これは山小屋ではなく、都市の家なのだから。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第71回 クスコとマチュピチュ7(ペルー):雨のマチュピチュ

自分はマチュピチュを2度訪れたが、雨期の始まりと終わりの時期であったので、2度共に初日は雨、2日目が晴れというパターンだった。
r101.JPG
雨の日のマチュピチュは、ガスの中に全てが隠れて何も見えない。山の上から雲を見下ろしている様な感じだ。
r603.jpg
雨がっぱを着て、ガスで覆われた遺跡の中を登っていく。折角やってきたのに、あいにくの天気で皆テンションが低い。
r102.JPG
上から、リャマたちと遺跡を見下ろすとこんな感じ。ガスで何も見えない。日帰りツアーだとこのままで帰らなくてはならない。1泊ツアーだと、ガスが晴れるのをのんびり待つことができる。
r201.jpg
雨がやみ、しばらくすると、ガスの中にうっすらと遺跡の姿が見えてきた。
r202.JPG
ガスが風にのって流れていく。
r203.JPG
ガスの動きで、見えたり隠れたりを繰り返す。
r204.JPG
何とも幻想的な風景だ。
r301.JPG
「晴れのマチュピチュ」は「静」の景色だが、「雨のマチュピチュ」はダイナミックに刻一刻と風景が変わっていく。動きのある景色だ。
r302.JPG
同じ風景を2度と撮ることはできない。
r303.JPG
遺跡の上に腰を下ろし、のんびりとこのパノラマショーを楽しむ。何とも贅沢な時間だ。本当に来て良かったと感じる。
r401.jpg
一度目に来た時は、この「雨のマチュピチュ」を上手く写真に納めることができなかった。
r402.jpg
写真の知識に乏しい自分は、すべてオートフォーカスで撮っていたのだ。ピントが前の水滴やガスに合ってしまうので、肝心の遺跡が皆ピンぼけになってしまっていた。
r502.JPG
今回はリベンジの時、マニュアルフォーカスにして、何とか写真に納めることができた。
r506.JPG
雲の中から徐々に姿を現してくる姿は、「天空の城ラピュタ」そのものだ。
r103.JPG

次回からは、「ペルーのスイス」とも呼ばれる高原の街ワラスから、6000mクラスの山々が連なる、世界自然遺産の「ワスカラン国立公園」と文化遺産「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を紹介する

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第72回 ペルーのスイス・ワラス1(ペルー):高原の街ワラス

ペルーといえば、マチュピチュやナスカの地上絵ばかりが有名どころだが、この国は砂漠、高山、熱帯雨林と様々な気候帯があり、それぞれに素晴らしい景色がある。今回はペルーのスイスと呼ばれる、ワラスを紹介する。リマの北420kmに位置し、世界自然遺産のワスカラン国立公園、世界文化遺産のチャビン・デ・ワンタル遺跡観光の起点の街である。リマからはバスで8時間だ。
Huaraz_001.jpg
今回利用したMOVIL TOUR車のバス。ビジネスクラスのようなリクライニングシートで非常に快適であった。ペルーはバス路線が発達しており、また値段が安い。ただし、悲惨な交通事故や車内での盗難などのトラブルも頻発しており、安いバスは厳禁。必ず「Cruz del Sur」、「MOVIL TOUR」や「Ormeno」などの大手のバスを利用して欲しい
Huaraz_005.jpg
今回は行きリマからの夜行で朝にワラスに到着。帰りはワラスを昼に出発する便を利用した。
Huaraz_006.jpg
帰路は、夕日が沈むリマの海岸線を楽しむことが出来た。
Huaraz_003.jpg
ワラスの街は標高3,052m、周囲の山々は6,000mクラスだ。スイス観光の拠点グリンデルワルトが1,050m、ツェルマットが1,605 m、スイスアルプスの山々が4,000〜4,500mであることから考えても、こちらの標高はかなり高い。
Huaraz_004.jpg
ワラスは素朴な小さな街、しかし面白いことにイタリア料理やスイス料理の店が多い。こんなペルーの田舎町で本格的なチーズフォンデュが食べられたりする。その理由は、ヨーロッパのアルピニスト達が、ここ山に魅せられて住み着いてしまったからだそうだ。
Huaraz_009.jpg
今回の宿はワラス近郊にあるモンテレイ温泉へ。田舎道をしばらく行くと。
Huaraz_014.jpg
今回宿泊した温泉ホテル「Hotel Monterrey」
Huaraz_011.jpg
ここは温泉プールで有名。鉄分を多く含んでいるため、泥水の様な色で見た目は悪いが立派な温泉。当然の事ながら水着を着けての利用となる。
Huaraz_012.jpg
この温泉プールの横には個室温泉が併設されていて、
Huaraz_013.jpg
大小様々な個室の温泉があり、家族単位で利用が出来る。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第73回 ペルーのスイス・ワラス2(ペルー):百年に一度咲く花「プヤ・ライモンディ」

これから、世界自然遺産のワスカラン国立公園にある、パストルリ氷河へ向かう一日ツアーのはじまり。
ワラスのツアーバスターミナルからオンボロミニバスで出発する。
PAS1_018.jpg
サングラスを売る少女。確かに日差しが強い。
PAS1_016.jpg
行き帰りに必ず立ち寄るドライブイン。ここのチキンスープ(caldo de gallina:カルド・デ・ガジーナ)は絶品、高地で食欲のない胃に染み渡る美味しさだった。 
PAS1_017.JPG
峠の山の上にマリア像。このあたりは標高4000Mを超えている。
PAS1_015.jpg
ガードレールも何もない山道をオンボロバスでぶっ飛ばす。一歩間違えば谷の底。実際にそういう事故がたびたび起こっているのも事実なのが、ペルーだ。
PAS1_001.jpg
森林限界を超えているので、木というモノがない世界。
PAS1_002.jpg
雪を冠した山が見えてきた。このワスカラン国立公園は6000mクラスの山々が連なる、世界で最も高い国立公園だそうだ。広さは四国の半分とスケールがでかい。
PAS1_003.jpg
何もない秘境の公衆トイレ。
PAS1_006.jpg
リャマも営業中。
PAS1_012.jpg
何やら細長い、サボテンのような植物が見えてきた。
PAS1_010.jpg
これはプヤ・ライモンディというこのあたりに自生する非常に珍しい植物。
PAS1_007.jpg
サボテンのようだが、何とパイナップルの仲間。10m以上に育つ。
PAS1_009.jpg
100年以上生き続けて、100年に一度花を咲かせるという、何とも神秘的な植物。高地の強い光を浴びて、金色に輝く様に見える。自分は、これから向かう氷河より、この植物の光り輝く様子が非常に印象に残った。日本の大学もこの植物を研究されているという。
PAS1_011.jpg
池のように見えたが、湧き水だ。
PAS1_005.jpg
目的地が見えてきた。
次回は標高5000mにあるパストルリ氷河へ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第74回 ペルーのスイス・ワラス3(ペルー):標高5,000mのパストルリ氷河へ

おんぼろバスはガタガタ山道を爆走していく。景色があまりに雄大で、スピードを感じない。
PAS2_026.jpg
雪を冠した山が見えてきた。6,000m級の山だ。
PAS2_022.jpg
これから向かうパストルリ氷河は、その裾が標高5,000m。自分たちには想像を絶する高さなのだが、気軽な装備で行けてしまうところが、何ともペルーなのだ。防寒さえできていれば、特別な山の装備は要らない。靴もトレッキングシューズで十分だ。でも空気は非常に薄く、気軽に行ける非常に苛酷な場所なのだ。
PAS2_021.jpg
ここはツアーバスの駐車場、ちょうど9合目あたりになる。向こうには目的地の氷河が見えている。
PAS2_006.jpg
この9合目から9.5合目までは馬で登っていく。
PAS2_007.jpg
雄大な景色を見ながら、馬に揺られていく。
PAS2_008.jpg
こういった景色はスイスの景色そのものだ。でも、優雅な登山はここまで。
PAS2_010.jpg
道しるべには「行くのは困難だ、でも、不可能ではない」と書かれている。この9.5合目からは、自力で登って行かなくてはいけない。
PAS2_019.jpg
そんなに長い道のりでもないのだが、これがとてつもなくしんどい。酸欠で目の前の景色が黄色く見えるようになった。そんな我々に付き添うように、おじさん達がニコニコついてくる。ギブアップした登山客を背負って登るポーター達だ。
PAS2_011.jpg
そんなオッサンの世話にはなるわけにはいかんと、何とかたどり着いた。これがパストルリ氷河だ。
PAS2_012.jpg
氷の柱が見えるだろうか。
PAS2_016.jpg
ベースが5,000mで頂上が5,400m。でも、当時9歳のうちの娘でも来れてしまうのだ。マッターホルンが4,478m。ヨーロッパ最高峰のモンブランが標高4,810mなわけであるから、この高さは尋常ではない。
PAS2_018.jpg
帰路は雄大な景色を満喫しながら、馬の背に揺られて下っていく。
PAS2_017.jpg
写真では伝わりにくいのだが、とんでもなく豪快な景色だ。
PAS2_027.jpg
高地独特の景色を見ながら、ワラスの街へ帰っていく。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第75回 ペルーのスイス・ワラス4(ペルー):チャビン・デ・ワンタル遺跡

今回は、ワラスからのもう一つの観光スポット、世界文化遺産にも登録されている、チャビン・デ・ワンタル遺跡へ向かう。この遺跡は、標高3200mにある神殿遺跡で、紀元前1500年から300年頃に栄えた古代アンデス文明のチャビン文化の遺跡だ。
Chavin_012.jpg
遺跡に向かう途中で立ち寄った、ケロコチャ湖(Lag. Querococha)、なんと標高3980mと富士山よりも高い。
Chavin_013.jpg
標高4000mから望む山々は、もちろん5000〜6000mクラスの山々。湖の水は澄んでいて、幻想的な雰囲気だ。
Chavin_018.jpg
おんぼろバスに揺られて、チャビンの村に到着した。
Chavin_019.jpg
アンデスの田舎そのものという素朴な風景。
Chavin_017.jpg
これは、村の薬屋さん。どこにでもある、よろずやといった感じだ。
Chavin_001.jpg
遺跡にはいると、博物館のようになっており、数々の出土品が展示されてあり、これが結構興味深い。これは動物を模ったレリーフ。
Chavin_002.jpg
これは「カベッサ・クラバ」、直訳すると「頭の釘」。この遺跡の代表的な出土品だ。
Chavin_003.jpg
これは遺跡のミニチュアモデル。左上の壁を見てみると。
Chavin_026.jpg
この「カベッサ・クラバ」が壁に突き刺してある。
Chavin_025.jpg
実際にはこんな感じだ。
Chavin_005.jpg
ここは遺跡の広場。
Chavin_008.jpg
このあたりは何か生活感を感じる。
Chavin_022.jpg
このチャビン・デ・ワンタル遺跡は地下回廊があることで有名で、地下に「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体がある(高さ約4.5m)。このあたりから地下に入っていく。
Chavin_024b.jpg
こんな感じで地下に回廊が張り巡らされている。1996年の在ペルー日本国大使公邸がテロリストに占拠された事件で、当時のフジモリ大統領が、地下道を掘って武力突入した作戦名を「チャビンデワンタル作戦」としたことでも有名だ。
Chavin_023.jpg
この向こうに「ランソン」がある。
Chavin_030.jpg
遺跡周辺の風景。のんびりとロバが橋を渡っている。
Chavin_029.jpg
橋の袂では、村のお母さん達が、洗濯をしていた。

次回からはがらりと変わって、ペルーのアマゾン・ジャングルを紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第76回 アマゾンのジャングルへ1(ペルー):プエルト・マルドナード

ペルーというと「高地」というイメージが強いが、実際には3つの気候帯がある。首都のリマがある海岸部は砂漠地帯、アンデスの高山地帯、そしてアマゾンの熱帯雨林と、一つの国土に様々な気候帯が存在する。
今回は、アマゾンの熱帯雨林ジャングルを紹介する。アマゾン川は世界最大の流域面積を持つ川で、多くの支流があり、北はコロンビア、エクアドルからペルー、ボリビア、ブラジルを流れる。
PMaldo001.jpg
飛行機の窓から、雪を被ったアンデスの山々を眺めていたら。
PMaldo006.jpg
景色が一転して、眼下に緑のジャングルが広がってきた。
PMaldo008.jpg
蛇行しながら流れているのが、アマゾン川だ。
PMaldo012.jpg
流れは緩やかで、独特の色をしている。
PMaldo013.jpg
アマゾン・エコツアーの玄関口、プエルト・マルドナードに到着した。高山地帯にあるインカ帝国の都クスコから、空路30分程度で、熱帯雨林ジャングルに来てしまう。何とも不思議な感覚だ。
PMaldo017.jpg
車にエアコンなど求めてはいけないこの地域では、風を切って走る、このモトタクシーが住民の足だ、
PMaldo018.jpg
HONDAのマークが何とも怪しい。
PMaldo020.jpg
ファンキーにペイントされたボンネットバスも、現役で活躍している。
PMaldo025.jpg
村の桟橋から、小型ボートに乗って、ジャングルの中にあるロッジへ向かう。
PMaldo200.jpg
ボートから眺める空の景色が、高地とは全く違う。乾いた青ではなく、夏の青だ。
PMaldo237.jpg
今回宿泊したフランス人が経営しているロッジ「Lodge Corto Maltes Amazonia」。寝室には蚊帳が張られている。
室内はなかなか快適だ。
PMaldo030.jpg
部屋のバルコニーにあるハンモックで昼寝。
PMaldo031.jpg
何気にオウムがやって来る。
PMaldo127.jpg
シロムネオオハシにも気軽に出会える。
PMaldo079.jpg
ロッジ内にいるシロムネオオハシは人懐っこい。
PMaldo067.jpg
もちろんタランチュラもいる。
PMaldo181.jpg
そうこうしているうちに日が暮れてきた。
PMaldo033.jpg
アマゾンの夕暮れはすごく絵になる。
PMaldo064.jpg
夜中のボートサファリ。きらりと光った眼は小型ワニのカイマンだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第77回 アマゾンのジャングルへ2(ペルー):プエルト・マルドナード

アマゾン・エコツアーの2日目。早朝から歩いてジャングルの中に入っていく。
PMaldo042.jpg
エコーツアーには、必ず専属のガイドがついて、ジャングルの動植物の生態系について解説をしてくれる。
PMaldo044.jpg
今回は乾期に訪れた。雨期は緑が鮮やかでより美しいが、地面がぬかるんで大変らしい。
PMaldo121.jpg
朝の目的は、インコの見物。もの凄い数のインコが土の壁に集まり、土をかじっている。
PMaldo119.jpg
土に含まれている塩分を摂るためで、土のミネラルはジャングルの貴重な塩分源なのだ。一斉に飛び立っては集まりを繰り返し、中々のエンターテインメントだ。
PMaldo098.jpg
ロッジに戻って、今度は船でアマゾンを進み、ジャングルに入っていく。
PMaldo137.jpg
鳥や獣の鳴き声があちこちから聞こえる中、船は静かに奥に入っていく。
PMaldo097.jpg
あまり見たことのない果実を発見。
PMaldo196.jpg
これはスターフルーツだ。輪切りにすると星の形をしている。
PMaldo129.jpg
このジャングルには、色んな種類の猿が生息している。
PMaldo087.jpg
アマゾンの支流を進んでいく。
PMaldo191.jpg
途中、何やら作業をしている人達を発見。近づいてみると。
PMaldo094.jpg
これは川の泥から砂金を採る作業らしい。
PMaldo093.jpg
泥をくみ上げて、ビニールシートでふるいにかけるといった、きわめて原始的な方法で砂金を集めている。
砂金集めはこの地域の大事な産業なのだ。
PMaldo189.jpg
漁をしている人を発見。
PMaldo190.jpg
網には大きな魚がかかっていた。見せてもらったお礼にガイドさんが、手巻きたばこを1本プレゼントしていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第78回 アマゾンのジャングルへ3(ペルー):プエルト・マルドナード

アマゾンのエコ・ツアー2日目。
PMaldo229.jpg
ジャングル内の支流での魚釣り、なんとピラニア釣りだ。道具はいたって簡単、枝の棒っ切れに釣り糸と針。エサは牛肉の切れ端。
PMaldo203.jpg
こんなモノで釣れるのかと半信半疑であったが、まずは下の娘が難なく1匹目をゲット。
PMaldo206.jpg
上の娘も2匹目をゲット。
PMaldo235.jpg
本日の釣果はこの2匹のみ、後はみんなボウズであった。
PMaldo240.jpg
釣った魚は夕食の席に調理されて出てきた。食べてみると、淡泊な白身で美味であった。
PMaldo228.jpg
エコ・ツアーも終わり、再び船でプエルト・マルドナードの街を目指す。
PMaldo241.jpg
バナナを満載したモトタクシー。ジャングルの街らしい光景だ。
PMaldo247.jpg
その街を知りたければ市場に行けと言う。確かに自分もそう思う。ということで、プエルト・マルドナードの市場をのぞいてみた。
南国らしく、色鮮やかな野菜や果物がならんでいる。左下の茶色いモノはタロイモ。
PMaldo249.jpg
米は主食で食べられていて、色んな種類の米が売られていた。
PMaldo242.jpg
ここは、香辛料屋さん。左下の白に赤字の袋は、味の素。アマゾンのジャングルにも"だし"文化が定着していた。そういえば、アンデスの高地、ボリビアのウユニの市場(第62回)にも味の素が売られていた。ちなみに"AJINOMOTO"はブラジルやペルーに大工場を持っていて、サトウキビを原料に味の素を製造している。
PMaldo252.jpg
豚肉や豚の顔、アマゾンで捕れた魚が売られていた。
PMaldo255.jpg
鶏肉やさん。何ともグロテスク。
PMaldo258.jpg
野菜は何か巨大だった。
PMaldo257.jpg
市場のタクシー乗り場。

次回からは、南米大陸の南の果て、最も南極に近い"パタゴニア"を紹介していきたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第79回 南の果て、パタゴニア1(アルゼンチン・チリ):プロローグ

自分が行った旅先で、日本から最も遠い場所、南の果て、パタゴニア。今回からはこのパタゴニアをシリーズで紹介したい。
南極2.jpg
こうやって地図で見てみると、南米大陸はアフリカ大陸よりも、かなり南にまで位置しているのがわかる。その南米大陸の、アルゼンチンとチリにまたがった南の端の地域は、「パタゴニア」と呼ばれている。大陸でもっとも南極に近い場所なのだ。
patagonia5.jpg
パタゴニア地域を拡大してみると、その右側にある島が、あのフォークランド諸島。1982年にイギリスとアルゼンチンが領有権を争った「フォークランド紛争」の舞台だ。イギリスはこんなところにまで領土を持っていたんだと改めて感心する。

今回の行程は、ペルーのリマから空路アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに入り、市内観光。ブエノスアイレスから空路3時間半南下してエル・カラファテへ、カラファテではペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河を見学。次にカラファテからチリ側のプエルトナタレスへバスで移動し、そこから船でパイネ国立公園へ入る。公園内のホテルに宿泊して朝焼け、夕焼けのパイネの絶景を満喫。帰りは陸路プエルトナタレスを経由して再度アルゼンチン側のカラファテに戻り、空路1時間南下して南の果てウシュアイアへ。ビーグル水道クルーズでペンギンやアシカの群れを見物し、南の果てを実感。そして、ウシュアイアから空路3時間半北上し、ブエノスアイレスへ戻るというもの。
BA006 copy.jpg
アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。昔は「南米のパリ」と呼ばれ、すごく繁栄していたんだろうと、その面影を感じる。寂れた大都会といった感じ。
moreno0001.jpg
世界自然遺産のペリト・モレノ氷河。船から見ると青白い断崖絶壁。
moreno0002.JPG
見晴台からみたペリト・モレノ氷河。氷河の上を歩くツアーもある。
upsala108 copy.jpg
これはウプサラ氷河見学の途中に船から見たスペガッツィーニ氷河。ウプサラ氷河では4WDと乗馬から氷河を楽しんだ。
paine190 copy.jpg
チリ側の主役パイネ国立公園。夕日に染まるクエルノス・デル・パイネ(Cuernos del Paine:パイネの角)
paine254.jpg
パイネ国立公園を象徴する、3本の岩峰 トレス・デル・パイネ(Torres del Paine)
paine264 copy.jpg
サルトグランデの滝から望む、トレス・デル・パイネ(Torres del Paine)。
ushaia124 copy.jpg
ウシュアイアからのビーグル水道クルーズで、船でペンギン島び接近。
ushaia153 copy.jpg
アザラシの群れ、大きな声で求愛する。
ushaia078 copy.jpg
夕暮れ時の灯台を見て、ウシュアイアの港へ戻る。この港から南極へのクルーズ船が出航する。いつかは乗ってみたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第80回 南の果て、パタゴニア2(アルゼンチン・チリ):まずはブエノスアイレスから

パタゴニアへの第一歩として、まずは、アルゼンチンの玄関口、ブエノスアイレスに入る。
BA012.jpg
アルゼンチンは第二次世界大戦までは、日本を遙かにしのぐ世界でも有数の経済大国であったわけで、その首都ブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれるほど繁栄していたそうだ。
日本から最も遠くにある大都市であるが、日本との関係は結構深い。
1913年には宗主国スペインよりも早く、地下鉄が開通しているのだが、日本初の地下鉄銀座線は、このブエノスアイレスの地下鉄をモデルにしたというのには驚きだ。だが、今は日本の地下鉄の中古車両が走っており、この国の没落度がわかる。
BA001.jpg
パリのオペラ座、ミラノのスカラ座に並び、世界三大劇場のひとつとされる、コロン劇場。
BA002.jpg
ブエノスアイレスのシンボル、オベリスコ。
BA005.jpg
路線バスも発達している。
BA004.jpg
街を歩いていると、まるでヨーロッパの街並みそのもの。
BA006.jpg
どことなく寂れた感じがするのだが、かつての繁栄ぶりがうかがえる街並みだ。
BA021.jpg
ここはレコレータ墓地というブエノスアイレス最古の墓地で、大統領をはじめ著名人が眠っている墓地だ。
BA022.jpg
ここは立派なブエノスアイレスの観光地のひとつでもある。
BA029.jpg
団体でやってくる観光客のそのお目当ては?
BA026.jpg
ミュージカルや映画の題材にもなった「エビータ」のお墓だ。「エビータ」の愛称で呼ばれる、エバ・ペロンは、私生児から女優、大統領夫人にまでのぼりつめ、33歳で病死したという、波瀾万丈の人生を生きた女性で、アルゼンチンでは今も根強い人気があるそうだ。
BA031.jpg
アルゼンチン・タンゴ発祥の地、港にほど近いボカ地区へ。
BA034.jpg
カラフルにペイントされた家が並ぶ、ボカ地区の有名なポイント。
BA035.jpg
生活の匂いがしておもしろい。
BA043.jpg
タンゴショーを楽しめるレストラン。ボカ地区にはタンゴショーを見ることができる大小様々な店がある。
BA046.jpg
今宵はアルゼンチンワインを楽しみながら、本場のタンゴを満喫する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第81回 パタゴニア3(アルゼンチン・チリ):ペリト・モレノ氷河その1

いよいよパタゴニアに向けて出発。ブエノスアイレスから国内線で空路3時間半南下する。
moreno005.jpg
何もない海岸線。
moreno007.jpg
荒涼とした景色の中を着陸していく。
paine349.jpg
ペリト・モレノ氷河で有名な、世界自然遺産ロス・グラシアレス国立公園の玄関口、エル・カラファテ空港に到着。
paine348.jpg
なかなか近代的な空港だ。
paine261.jpg
この街の名前にもなっている、カラファテの実。ジャムなどで売られている。
moreno008.jpg
街を歩くと、食事処はステーキハウスとイタリアンばっかり。ステーキハウスの店先にはどこもこの様な光景が見られる。これは「コルデロ」といわれる子羊の丸焼きで、パタゴニアの名物料理だ。開いて遠火で焼いているのが特徴で、同じ子羊の丸焼きでも、ボスニア・ヘルツェゴビナで見た、串刺しの丸焼き(第49回)とは大きく異なる。肉食文化の発達したアルゼンチンならではの料理だ。確かに肉の臭みがなく、香ばしくて美味しい。
moreno037.jpg
今回の目的の一つ、ペリト・モレノ氷河を陸路目指す。街を一歩出ると、荒涼な景色が続く。
moreno011.jpg
遠方にペリト・モレノ氷河が見えてきた。
moreno039.jpg
まずは船から氷河を鑑賞する。
moreno044.jpg
断崖絶壁に近づいてきた。
moreno057.jpg
その高さと規模に圧倒される。
moreno080.jpg
パタゴニアの天候は目まぐるしく変わり、天気の状態で氷河の色が変わる。
moreno088.jpg
曇っていると、白く見える。
moreno095.jpg
晴れてくると、青白く輝き出す。アルゼンチンの国旗が妙にマッチする。
moreno098.jpg
氷河の裂け目が、神秘的な濃いブルー染まる。
moreno107.jpg
この氷河は毎日2mずつ移動しているらしい。耳を澄ますと、あちこちで氷河の崩れる音が聞こえる。
moreno148.jpg
なかなかシャッターが追いつかないのだが、氷河が崩落する景色が見られる。
moreno201.jpg
晴れてくると、氷河は輝き、全く違う光景を見せてくれる。
moreno202.jpg
次回は見晴台からの氷河の景色を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第82回 パタゴニア4(アルゼンチン・チリ):ペリト・モレノ氷河その2

陸に上がり、遊歩道から氷河の全景を展望する。
moreno228.jpg
青白くそびえ立つ絶壁。
moreno230.jpg
南極の氷河はまだ見たことがないが、この氷河の大きさは、自分が今までに見てきた氷河とは比べものにならないスケールだ。
moreno019.jpg
こんな具合に、氷河の対岸に展望用の遊歩道がある。
moreno014.jpg
遊歩道を上っていくと、だんだん全景が見えてくる。
moreno017.jpg
遊歩道の高さや左右の位置で見え方が大きく変わる。
moreno026.jpg
氷河のきしむ音、崩れる音があちこちで聞こえるのだが、なかなかファインダーに納めることができない。
moreno028.jpg
これは、さっき崩れた後。
moreno204.jpg
最上部から氷河を見下ろす。氷河の上をアイゼンを付けて歩き、氷河の氷でウイスキーを飲むというツアーもある。
moreno316.jpg
パタゴニアの天候は、晴れたり曇ったり目まぐるしく変わる。天候によって景色も大きく変わる。
moreno260.jpg
崩れた氷河のかけらが浮いている。
moreno330.jpg
ここからのショットが一番豪快な景色が撮れる。
moreno342.jpg
また晴れてきた。氷河が白く輝きだした。
moreno343.jpg
真正面からこんな具合に見学できる。
moreno282.jpg
今度は間に合った。
moreno295.jpg
崩れるところをやっと撮ることができた。
moreno327.jpg
そびえ立つ氷河と、サファイア色に輝くその割れ目。

次回はまた違った楽しみ方ができる、ウプサラ氷河を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第83回 パタゴニア5(アルゼンチン・チリ):ウプサラ氷河その1

今回は、ロス・グラシアレス国立公園で、もう一つの観光ポイントであるウプサラ氷河を紹介する。ウプサラという名前の由来は、スウェーデンのウプサラ大学がこの氷河の研究をしていたことから命名されたらしい。
upsala070.jpg
港から双胴船に乗り込む。
upsala152.jpg
遠くに雪山を眺めながら、静かな湖を進んでいく。
upsala094.jpg
あちらこちらに青白い塊が浮いている。
upsala104.jpg
氷河のかけらだ。
upsala009.jpg
大きさは大小様々で、色んな形をしているところが、なんか可愛らしい。
upsala077.jpg
眺めていると、色んなモノに見えてくる。
upsala083.jpg
これは全体的に丸みのある氷河。
upsala008.jpg
季節は夏だが、スキーウエアを着ている。いつもこんな感じで写真を撮ってます。
upsala115.jpg
青い氷が層になり、縞模様に見える。
upsala129.jpg
ピラミッドのような氷。
upsala141.jpg
恐竜が湖から頭を出しているかのような氷。
upsala159.jpg
遠くにウプサラ氷河が見えてきた。
upsala193.jpg
ソフトクリームのような氷、結構でかい。
upsala108.jpg
そうこうしているうちに、スペガッツィーニ氷河が目の前に見えてきた。結構な迫力だ。
upsala019.jpg
山の谷間に見えるのがウプサラ氷河だ。次回は陸に上がって、4WDと乗馬でウプサラ氷河に向かう。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第84回 パタゴニア6(アルゼンチン・チリ):ウプサラ氷河その2

upsala196.jpg
船から上陸して、ウプサラ氷河に向かう。
upsala195.jpg
このツアーでは氷河までの道のりを、4WDで行くか乗馬で行くかを選ぶことができ、ここから別れて出発する。
upsala198.jpg
自分と長女は4WDでオフロードを突き進んでいった。
upsala024.jpg
家内と次女は乗馬コースを選択した。
upsala034.jpg
雄大な景色を間近に見下ろしながら、なかなか満足できるツアーであったらしい。
upsala208.jpg
パタゴニアの静かで荒涼とした景色の中を進んでいく。
upsala227.jpg
雪山と湖が美しい。
upsala213.jpg
ウプサラ氷河が見えてきた。
upsala207.jpg
こうやって見下ろすと、なんとも雄大な氷河だ。
upsala205.jpg
見渡す限りが氷河だ。
upsala235.jpg
だが、地球温暖化の影響でこの氷河もどんどん後退して行っている。ガイドさん見せてくれている写真の上が70年前の様子で、現在の氷河がかなり後退しているのがわかる。こういう極地にやってくると、地球規模の異常がよくわかる。
upsala252.jpg
近くには、なにげにアンモナイトの化石があったりする。ここが昔は海であった証拠だ。
upsala255.jpg
再び4WDに乗り込んで港へ戻っていく。おんぼろ橋で川を渡る。
upsala277.jpg
砂埃を巻き上げて、原野を爆走していく。
upsala257.jpg
乗馬グループの娘達も颯爽と帰ってきた。
upsala061.jpg
パタゴニアの原風景を見ながら、再びカラファテの街へ向かう。
upsala069.jpg
日も暮れてきた。明日はバスでチリ側のプエルト・ナタレスへ移動し、パイネ国立公園へ向かう。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第85回 パタゴニア7(アルゼンチン・チリ):パイネ国立公園その1

いったんカラファテをあとにして、チリ側にあるパイネ国立公園へバスで4時間半の道のりを移動する。
paine0001.jpg
これがアルゼンチンとチリの国境だ。
paine0002ピー.jpg
この民家のような建物がパスポートコントロール。ここで出入国のチェックを受ける。
paine0003.jpg
木々も何も無い、パタゴニアの大平原を走っていく。
paine0004.jpg
大地と空と雲だけの世界だ。
paine0005.jpg
パイネ国立公園の起点の街、プエルト・ナタレスに到着した。
paine0006.jpg
何も無い小さな街だが、世界中から観光客が集まる。
paine0008.jpg
湖のほとりの公園でブランコ。子供達もややお疲れ。
paine0010.jpg
プエルト・ナタレスからパイネ国立公園へ、行きは船で向かうことにした。あいにくの天候だが、虹が出た。
paine0012.jpg
ペンギン!と喜んだが。。。
paine0014.jpg
近づいてみると、これは鵜の仲間だった。
paine0020.jpg
バルマセーダ氷河が見えてきた。
paine0022.jpg
岩にへばりつくように、氷河が広がっている。やはり青い色をしている。
paine0024.jpg
いったん陸に上がって、セラーノ氷河を目指す。湖に氷河のかけらがぷかぷか浮いている。
paine0026.jpg
湖に流れ出すかのように、セラーノ氷河はある。
paine0028.jpg
最初にすごい氷河を見てしまっているで、あまり感動は無いのが残念。
paine0040.jpg
ここからはゾディアックと呼ばれる、頑丈なゴムボートでセラーノ川を上っていく。
paine0042.jpg
防水、防寒のコートに身を包む。
paine0044.jpg
ゾディアック乗り込んで出発だ。
paine0046.jpg
雪山を望みながら川を上っていく。今回はあいにくの天候で、景色も曇って見えにくかったが、ようやく少し晴れてきた。
paine0048.jpg
遠方に氷河が見える。
paine099.jpg
こんな感じで、激流の中も進んでいく。
paine118.jpg
上陸し、陸路、本日の宿を目指す。遠方にクエルノ・デル・パイネ(パイネの角)が見えてきた。
paine122.jpg
パイネでは国立公園内ホテルのひとつ、HOSTERIA PEHOEへ滞在した。ホテルの前から、夕暮れどきのクエルノ・デル・パイネを望む。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第86回 パタゴニア8(アルゼンチン・チリ):パイネ国立公園その2

プエルト・ナタレスから、日帰りでパイネ国立公園の主要ポイントを回るツアーもあるのだが、パイネでは是非とも国立公園内のホテルに宿泊して、朝焼けと夕暮れ時のパイネの山々を見て欲しい。
paine2001.jpg
今回宿泊したHosteria Pehoe、ペオエ湖の中に建ち、橋を渡っていく。目の前にパイネの山々が迫る、絶景のホテルだ。
paine2003.jpg
ホテルのレストランから、湖越し向かって左にパイネグランデ、右にクエルノス・デル・パイネ(パイネの角)のパノラマが広がる。
paine2005.jpg
朝日に輝くクエルノス・デル・パイネ(パイネの角)
paine2007.jpg
パイネ国立公園内には初級者から上級者用まで様々なトレッキングコースがある。我々はイタリアキャンプからフランス渓谷展望台までのトレッキングコースを選択した。ボートでペオエ湖を対岸に渡り、トレッキング開始。まずはイタリア・キャンプを目指す。
paine2009.jpg
パイネの山々を望みながら山道を登っていく。
paine2011.jpg
イタリア・キャンプに到着。その名の通りここはキャンプ場になっていて、たくさんのテントが張られていた。
paine2012.jpg
帰路はペオエ湖を望みながら、けもの道を下っていく。
paine2013.jpg
人工物のほとんど無い、壮大な景色だ。
paine2015.jpg
湖がエメラルド色に輝く。
paine2019.jpg
パイネの風は半端なく強い。本当に吹き飛ばされそうになる。その強い風の影響で、天気がめまぐるしく変わる。
paine2021.jpg
帰りのボートが到着した。
paine2023.jpg
夕暮れどきのクエルノス・デル・パイネ(パイネの角)。
paine2026.jpg
ホテルにも灯がともった。
paine2030.jpg
翌朝、朝焼けのパイネの山々。
paine2032.jpg
風が強く、雲がものすごい速度で流れ、すぐに山の頂上を隠してしまう。最後に、クエルノス・デル・パイネ(パイネの角)をもう一枚。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第87回 パタゴニア9(アルゼンチン・チリ):パイネ国立公園その3

今日はパイネ国立公園の最終日、車で国立公園内の見所を巡りながら、プエルト・ナタレスへ向かう。
paine3001.jpg
少し離れて、クエルノス・デル・パイネ(パイネの角)を望む。この山は本当に美しい。
paine3005.jpg
これがサルトグランデの滝、規模は大きくないが、水量が多く、豪快で迫力がある。
paine3009.jpg
野生のグアナコの群れ。リャマやアルパカの仲間で、ラクダ科に属する。その毛から作られる毛織物は、ビクーニャと並んで超高級品だ。
paine3011.jpg
サルトグランデ越しにパイネの山々を望む。真ん中に突き出た3本の岩山がトーレス・デル・パイネ(パイネの塔)だ。
paine3013.jpg
身体が飛ばされそうになるくらい風が吹き荒れる原野から、クエルノス・デル・パイネ(パイネの角)を見上げる。
paine3017.jpg
また違った角度から、パイネの山々を望む。岩山なので、見る角度によって、その景色は大きく異なる。
paine3019.jpg
湖越しの正面に3本の岩山、トーレス・デル・パイネ(パイネの塔)を望む。
paine3025.jpg
トーレス・デル・パイネ(パイネの塔)に少し近づいて一枚。
paine3098.jpg
オバケの様な形をした雲を眺めながら、プエルト・ナタレスの街へ戻っていく。
paine3099.jpg
もう一度、チリからアルゼンチンへ陸路入国し、カラファテの街へ戻る。そこから空路さらに南下し、南の果て、最終目的地のウシュアイアへ向かう。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第88回 パタゴニア10(アルゼンチン・チリ):最果ての街ウシュアイア その1

エル・カラファテから飛行機でさらに1時間20分南下し、パタゴニアの最終目的地ウシュアイアへ向かう。
ushaia002.jpg
ビーグル水道が見えてきた。飛行機ならもう少しで南極だ。
ushaia006.jpg
世界最南端の都市、ウシュアイアへ到着。街の中心街は特に特徴も無く、素朴な田舎町といった雰囲気。
ushaia008.jpg
ウシュアイアはもちろん観光地として有名なのだが、もう一つの顔があり、国の経済特区となっていて、輸入品が免税で買える街なのだ。やけに電器店やアウトドアグッズの店が目につく。SONYなど日本ブランドの看板もよく見かける。
ushaia010.jpg
この街の名物料理も、やっぱりコルデロ(子羊の丸焼き)。肉とワインは確かに美味しいが、それしか無いところが、日本人にはきつい。この街にはもう一つの名物として、セントージャというタラバガニに似た大きなカニがあるのだが、取り立てて美味いというモノでは無かった。
ushaia012.jpg
ご当地ビールは、ビーグル水道にちなんで、その名も"ビーグル"
ushaia014.jpg
郊外に出ると、まるでカナダのような風景が広がる。これはビーバーが小川をせき止めたダム。その昔、毛皮が取れるとのことで、カナダからビーバーを輸入したそうだ。しかし、ビーバーの毛皮は売り物には成らず、結局、野生化してしまって、このようにあちこちで川をせき止めて困っているのだそうだ。笑い話のような実話。
ushaia018.jpg
ここはシベリアンハスキーの繁殖場。ここで数を増やして輸出するそうだ。
ushaia022.jpg
ここは世界最南端の鉄道の駅で、「世界の果て号」というミニSLが公園内を走っている。
ushaia023.jpg
「世界の果て号」だ。
ushaia025.jpg
列車で公園内を巡り、先住民達の昔の生活の様子を垣間見る。
ushaia026.jpg
先住民族、フエゴ人の記録だ。この寒い土地で、裸で生活をしていたというのには驚きだ。
ushaia029.jpg
20世紀前半、この街は刑務所として発展したそうで、隔離された流刑地であった。
街には縞々の囚人服の絵や人形をよく見かける。今では、囚人服もこの街のみやげ物になっている。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第89回 パタゴニア11(アルゼンチン・チリ):最果ての街、ウシュアイア その2

ウシュアイアでのメイン・イベント、ビーグル水道クルーズの様子を紹介する。
ushaia071.jpg
ビーグル水道という名前は、「進化論」で有名なダーウィンがビーグル号で世界一周航海をした際の経路であったことに由来している。
ushaia074.jpg
この日は快晴。船の進行方向に、雲が縦に長く伸びて、何とも気持ちのよい空だ。
ushaia120.jpg
マゼラン・ペンギンの営巣地を船の上から観察。
ushaia124.jpg
すごい数のペンギンで、よく見ると雛も混じっている。
ushaia127.jpg
横たわるもの、海に入っていくもの、ボーっと立っているものなど、見ていて飽きない。
ushaia130.jpg
顔とおなかの白黒の帯模様がマゼラン・ペンギンの特徴。
ushaia132.jpg
雛は白黒の模様がまだ無く、図体は大人とあまり変わらないが、何か愛らしい。
ushaia150.jpg
日も暮れてきて、クルーズも終盤。
ushaia152.jpg
何やら、生き物が群れた小島に近づいた。
ushaia157.jpg
アシカの仲間のオタリアとペンギンの様な白黒の鳥が共生している。
ushaia176.jpg
白黒の鳥はペンギンではなく、鵜だ。
ushaia180.jpg
このオタリアたちは親子だろうか?
ushaia196.jpg
有名なエクレルール灯台。夕暮れ時が美しい。
ushaia198.jpg
ウシュアイアの港に帰ってきた。この港は南極クルーズの出航地としても有名だ。
ushaia200.jpg
外国航路の豪華客船も泊まっている。いつかは参加したい南極クルーズ。再びこの港に帰ってくることを夢見て、パタゴニアシリーズを終了する。
ウシュアイアから、空路ブエノスアイレスへ戻り、そこからイグアスへ向かう。次回はイグアス大瀑布。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第90回 イグアスの滝1(ブラジル・アルゼンチン):ブラジル側から

パタゴニアからの帰路、ブエノスアイレス経由でアルゼンチン側のイグアスを訪れた。アフリカのビクトリア・フォールズ(第10回で紹介:ザンビアーボツワナ国境)、北米のナイアガラ・フォールズ(カナダーアメリカ国境)、そして南米のイグアス・フォールズ(ブラジルーアルゼンチン国境)は世界三大瀑布と呼ばれているが、それぞれ国境になっているぐらいで、日本の滝とはスケールが全く異なる。中でもビクトリアとイグアスはナイアガラとは比べものにならない。
私見として、スケールと迫力はビクトリアが一番ではないかと思うが、イグアスは、滝という景色を色んな角度や距離から楽しめるようによく工夫され、整備されている。
iguacu100.jpg
国境の橋を渡って、アルゼンチンからブラジル側へ入る。まずはブラジル側から見学する。
世界遺産、イグアス国立公園。
iguacu102.jpg
カラフルなバスに乗って、国立公園の入口から滝の見学場所まで移動する。
iguacu104.jpg
ブラジル側の公園内にある唯一のホテル、ホテル・ダス・カタラタス。滝の目の前にあって、絵になるホテルだ。
iguacu108.jpg
ブラジル側からは主に滝の遠景を楽しむ。
iguacu112.jpg
いくつもの滝が立体的に奥行きのある景色で楽しめる。
iguacu116.jpg
この様な写真が撮れるのがブラジル側の特徴だ。
iguacu118.jpg
遠景といっても非常に迫力がある。
iguacu122.jpg
公園内にはアナグマがうろちょろしている。人間に慣れていて、エサを求めて寄ってくる。
iguacu126.jpg
エレベータに乗って展望台から滝を見下ろす。
iguacu128.jpg
あちらこちらに大小様々な滝がある。
iguacu130.jpg
ここは、落ちていく滝を間近に見ることのできるビューポイント。
iguacu136.jpg
滝の水しぶきで虹が出ていた。
次回はアルゼンチン側の滝の景色を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第91回 イグアスの滝2(ブラジル・アルゼンチン):アルゼンチン側から

11月1日で伊東内科クリニックは開院3周年。本当に沢山の方々に助けられて、ここまで来れたと思う。心から感謝したい。
「ドクトル・イトウの地球の果てまで」も4年目に突入。まだまだ紹介するネタが残っていることに、自分でも驚く。
もうしばらくお付き合い願いたい。

今回はアルゼンチン側から見た、イグアスの滝を紹介する。
iguaz100.jpg
この地図を見ての通り、ブラジル側からは、滝から少し離れて遠景を見る感じで、アルゼンチン側からは滝に近づいて近景の迫力を楽しめるように、遊歩道が整備されている。
iguaz104.jpg
これは「姉妹の滝」という並列して流れる滝。
iguaz108.jpg
よく整備された、ジャングルの中の遊歩道を進んでいく。
iguaz112.jpg
大小様々な滝が流れている。
iguaz114.jpg
静けさの中に、あちこちから水しぶきと轟音が聞こえてくる。
iguaz201.jpg
今から、写真左下の滝の中へボートで突入していくツアーに参加する。
iguaz204.jpg
イグアス名物の滝の中へ突入していく、ボート・サファリツアー。もちろんずぶ濡れになるので、カッパを着て、貴重品は防水袋へ入れる。でも、カッパを着たところで、全身ずぶ濡れになってしまうのだ。自分は今回が二度目であったので、是非この様子をビデオに収めようと、ジップロックを工作して、カメラカバーを作って挑んだ。
iguaz208.jpg
濁流をさかのぼって、滝へ進んでいく。
iguaz218.jpg
こんな感じで、ボートは滝に近づいていく。
iguaz224.jpg
左下の滝壺へ、ボートは突っ込んでいく。
iguaz300.jpg
ずぶ濡れになるのだが、遊歩道を歩いているうちに自然と乾いてしまう。そうこうしているうちに、アルゼンチン側のメイン・イベント「Garganta del Diablo(悪魔の喉笛)」に到着。
iguaz304.jpg
一番大きな滝を、上からのぞき込むビューポイントだ。
iguaz308.jpg
轟音を立てて、滝が落ちていく。何か吸い込まれそうな勢いだ。
iguaz316.jpg
こんな感じで展望デッキが造ってある。迫力の絶景を目の前に見ることができる。
iguaz320.jpg
滝壺は水しぶきで見えない。
iguaz324.jpg
ものすごい迫力だ。
iguaz328.jpg
滝壺に虹が出来ていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第92回 リマという街1(ペルー):リマの街角

舞台を一旦ペルーに戻して、自分が4年間生活した、ペルーの首都リマの様子を紹介する。
Lima_023.jpg
リマの新市街、サン・イシドロ地区。高層ビルの多くは、富裕層や外国人が暮らすマンション。リマに駐在する日本人の多くが、このマンション群に暮らしている。高層ビルの奥に見える緑は、ペルーで一番の名門ゴルフクラブ、リマ・ゴルフ。サン・イシドロ地区の住人は、この街中に広がるゴルフ場を見下ろして生活している。さぞかし便利か?と思いきや、日本人を含め白人以外はほとんど会員にはなれないのだ。目の前のゴルフ場でプレーが出来ない現実。ペルーが白人社会であることを目の当たりにする光景だ。
Lima_024.jpg
写真中央の土の盛り上がりはインカの遺跡。こんな街中にも遺跡がある。
Lima_026.jpg
夜は遺跡がライトアップされる。
Lima_031.jpg
ここはもう一つの新市街、ミラフローレス地区。海を見下ろすように高層マンションが立ち並ぶ。ハワイやマイアミのような光景なのだが。。。夏はいいが、冬は写真のように霧に覆い隠されてしまう。住人曰く、雲の上で生活しているようとのことで、湿気が高く、カビに悩まされる。リマは地理的には砂漠気候でほとんど雨が降らず、緯度からは本来、気温の高い場所なのだが、リマの沿岸には寒流のフンボルト海流が流れていて、海上の大気が冷やされ、雲が発生する。
Lima_032.jpg
写真のように、海から、霧が覆い被さるように発生する。これが、砂漠地帯で雨が降らないにも関わらす、高湿度でカビになやまされるというリマの特殊な気象条件だ。
Lima_029.jpg
リマの旧市街、セントロ。
Lima_028.jpg
歴史的な建造物が多く、見る価値は高いのだが、治安が悪く、なかなか訪れる機会は少なかった。
Lima_027.jpg
これは大統領府の衛兵交代式。国歌が流れて、なかなか壮観な催しだ。
Lima_044.jpg
セントロの中華街。
Lima_038.jpg
リマには多くの中国系移民が生活していて、中華料理がしっかりと根付いている。いわゆるチャーハンはチャウファと言って、すでにペルー料理になってしまっている。日本人の味覚に合うおいしい中華料理だ。
Lima_034.jpg
このおじさんは何をしてるか?犬を売っている。
Lima_036.jpg
美味しい中華レストラン、サロン・カポン。
Lima_037.jpg
ここの北京ダックは自分が今まで食べた中で一番美味しかった。スキンヘッドのおじさんは、リマでおなじみの日本食レストラン「TOSHIRO」のオーナーシェフ、トシさん。ペルーでは超有名人。
Lima_033.jpg
黄色い車はタクシー。リマで走っているタクシーの大半は日本車の中古車。何でも有りのペルーでは簡単に左ハンドルに変えてしまう。自分が子供の頃の車が現役で走っている。
Lima_035.jpg
おんぼろビートル。部品の組み合わせで色までまだら、これがペルーそのもの。
Lima_041.jpg
女性下着もこんな感じで売られている。
Lima_042.jpg
何とも不思議な感じがする。
Lima_043b.jpg
これは銀行の現金輸送車。テロ対策で、装甲車のようになっていて、扉がない。見かけは何でもない平穏な街並みなのだが、危険はいっぱいなのだ。
Lima_046.jpg
セントロから一歩離れると、ゴミが散乱している世界に直面する。
Lima_047.jpg
バラックが連なる。これがペルーの現実だ。
Lima_017.jpg
リマのきれいな夕日を一枚。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第93回 リマという街2(ペルー):噴水公園(Circuito Mágico del Agua)

南半球にあるリマのクリスマスは夏。ホワイトクリスマスとは無縁だが、夜は街のあちこちでイルミネーションが美しい。でも、夜のリマは危険がいっぱい。なかなか夜の風景をゆっくり楽しむのは難しい。
IMG_2742.JPG
旧市街の日も暮れてきた。
IMG_2744.JPG
ステーキハウスの牛にも、クリスマスの首飾りが。。
IMG_2746.JPG
「リマの危険な夜を、安全に見物したい!」という要望にこたえて登場したのが、この「ミラバス」。2階建て観光バスで、日暮れ時に旧市街を出発し、リマの主要な観光名所をめぐる。
IMG_2751.JPG
この「ミラバス」に乗ってみた。2階はこんな感じでオープンエア。
IMG_2753.JPG
4年間生活して、夜の旧市街を見るのは初めてだ。
IMG_2759.JPG
屋根が無いので、景色がすごく近くに感じる。
IMG_2761.JPG
街中にも大きなクリスマスツリーのイルミネーション。
IMG_2970.JPG
最初の目的地は、2007年に突如造られた、噴水公園(Circuito Mágico del Agua)だ。
IMG_2795.JPG
世界一大きな噴水の公園として、ギネスに認定されている?そうだ。。
IMG_2819.JPG
地方では、水道がまだ行き届いていないところも多いというペルーに、なんで噴水公園??という感じであったが、
IMG_2845.JPG
リマっ子には大人気のようであった。
IMG_2852.JPG
これが結構なスケールで、楽しめる。
IMG_2853.JPG
なかなかのアトラクションなのだ。一見の価値はあり。
IMG_2947.JPG
最後は大きなクリスマスツリーを。
IMG_2976.JPG
一歩外に出ると、おんぼろミニバスが車線を奪い合う、喧騒の街、リマ。
IMG_2978.JPG
古い建物がライトアップされてきれいだ。
IMG_2984.JPG
街の汚れを、暗闇が隠してしまう。リマの夜がこんなにきれいとは知らなかった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第94回 リマという街3(ペルー):夜のメリー・クリスマス

IMG_3043.JPG
「ミラ・バス」はクリスマスのイルミネーションで飾られた、夜の旧市街を走っていく。
IMG_3076.JPG
見慣れた旧市街の建物も、何か雰囲気が違って見える。
IMG_3021.JPG
上品か、下品かは別として、古い建物もイルミネーションで飾られている。
IMG_3047.JPG
このクリスマスの時期には、アルマス広場が特に美しく飾られ、一見の価値がある。
IMG_3056.JPG
夜のリマ旧市街は危険なので、見たくても見れなかった人たちに、この「ミラ・バス」はありがたい。
IMG_3063.JPG
好調なペルーの経済状態を反映してか、企業広告を兼ねた大小さまざまな電飾ツリーが飾られている。
IMG_3074.JPG
大統領府も派手に飾られている。
IMG_3078.JPG
カテドラル(大聖堂)もきれいにライトアップされている。
IMG_3099.JPG
喧噪の街、リマで、少しおしゃれなクリスマスを楽しんだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第102回 不思議の国、キューバ 1:ハバナ市街地 その1

またまた中南米に戻って、今回からはカリブ海の島国、キューバを紹介する。北朝鮮などと並んで「ならず者国家」などと呼ばれ、アメリカとは犬猿の仲、すごく近くて遠い国だ。親米国の日本からも、なんか遠くに感じる国だ。
現地通貨への両替も米ドルは手数料が高く、カナダドルやユーロで持って行くのが現実的で、アメリカ系のクレジットカード、アメリカン・エクスプレスは使用できない。
havana001.jpg
アメリカからこんなに近いにもかかわらず、アメリカからの商用航空路線はなく、カナダやメキシコ、パナマなど、アメリカ以外の国を経由して行くことになる。
こう書くと、なんてやっかいな国だと思われるのだが、アメリカ以外の国からは非常にメジャーな旅行先で、観光は砂糖産業と並んで、この国の大きな産業なのだ。
Havana002.JPG
空港には色んな国旗が掲げてあったが、アメリカ合衆国は見あたらなかった。右奥に北朝鮮はあった。
havana003.jpg
では、キューバの首都で世界文化遺産に指定されているハバナ旧市街を紹介する。
havana006.jpg
ホテルから街を見下ろすと、何かタイムスリップしたかのように感じる。何がそう感じさせるのか、それがこの国の魅力なのであるが、それはこの国が歩んできた歴史的背景にある。
havana012.jpg<
スペインの植民地として、砂糖産業で発展し、中南米の植民地と本国スペインを結ぶ中継地として発展した。
havana014.jpg
その後、アメリカの力で独立し、アメリカの庇護の下に発展したが、政権は汚職で腐敗し、1959年に起きたカストロらによるキューバ革命で社会主義国家となり、米国と断絶することになる。
havana004.jpg
つまり、スペイン植民地下でコロニアルな街が形成され、その後に自動車やジャズなどアメリカ文化が急速に流入し、1959年で止まった。街はその、止まったままなのである。
havana007.jpg
ビルは老朽化し、屋上には新たな生活の場が出来ている。
havana016.jpg
ハバナ旧市街には、観光用の馬車が行き交っている。
havana018.jpg
旧市街の建物はなかなか立派。
havana020.jpg
古びた建物が、いい雰囲気を醸し出している。これがキューバの魅力なのかも知れない。
havana022.jpg
馬車で優雅に街を見て回るもよし、人力タクシーもよし。
havana024.jpg
古びたスペイン統治時代の建物があちこちにある。
havana026.jpg
世界遺産への登録名は「ハバナ旧市街とその要塞群」。海賊や外国からの攻撃に備えるために四つの要塞が造られた。その一つ「フエルサ要塞」。
havana040.jpg
では、街の中心部を歩いてみよう。こんな具合で、古いビルの間の路地といった感じの通りが入り組んでいる。
havana042.jpg
こんなオンボロなサイドカーが現役で走っていて、嬉しくなってくる。
havana046.jpg
きれいに手入れされたモノもある。
havana048.jpg
アルマス広場の青空市には年季ものの本が並んでいた。
havana050.jpg
商店のウインドーには、革命やカストロ議長(当時)を祝う、政治的なポスターが貼られていた。こんなところはロシアと同じだ。
havana052.jpg
青空市では、こんな軍帽がおみやげに売られている。
havana056.jpg
キューバのもう一つの産業が「医療」。キューバは「医者」を旧共産圏の国々に輸出している国だ。確かに自分はポーランドの病院で働くキューバ人医師にあったことがある。その医療レベルは計るすべがないが、医学教育に力を入れているというのは確かなようだ。この女性は本物のナースなのかコスプレなのかはわからない。
havana190.jpg
海側に出て、これはモロ要塞。
havana192.jpg
この風景に異様にマッチするおじさん。
havana194.jpg
海岸線沿いのマレコン通りの夕暮れ。波しぶきが道にまで溢れてくる。
havana196.jpg
知らずに立っていると、ずぶ濡れになってしまう。ハバナの有名な光景だ。
havana200.jpg
夜は古い建物がライトアップされて、また違った雰囲気を醸し出す。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第103回 不思議の国、キューバ 2:ハバナ市街地 その2

では、ハバナ旧市街の様子を紹介していきたい。
havana2100.jpg
旧市街の目抜き通り、奥に見えるドームの建物は旧国会議事堂。ワシントンD.C.の連邦議会議事堂を模して作られたそうだ。
havana2104.jpg
ガルシア・ロルカ劇場。
havana2108.jpg
こんなクラシックカーが現役で街を走っている。
havana2112.jpg
ハバナ大聖堂。バロック建築の教会で、左右の塔の高さが異なるのが特徴だそうだ。
havana2116.jpg
中心部から少し離れるとこんな感じ。
havana2201.jpg
ホテルの窓から旧市街を眺めた様子。車好きにこの景色は堪らない。今様なただの古い車、化石の様な車、思わず写真を撮りたくなるクラシックカー、皆普通に走っている。
havana2205.jpg
人力タクシーも一緒に走っていて。
havana2209.jpg
こんな、わけのわからない車まで走っている。何とも面白い。
havana2213.jpg
これが、所謂、化石のような車。現役で走っている。
havana2217.jpg
人力タクシーもひと休み。
havana2221.jpg
このトレーラーのような長い車は?これには驚いた。これは市民の足のバス。もの凄い人数が一度に乗り降りしていた。
havana2301.jpg
では、もう少し市民の生活の姿をのぞいてみよう。下町の住宅街に入っていった。
havana2305.jpg
ハバナ市民は皆、こういったアパートに住んでいる。
havana2309.jpg
バルコニーから生活の匂いがする。
havana2313.jpg
何気にサイドカーが走っていたりする。これも日常の光景。
havana2317.jpg
「ならずもの国家」などと、北朝鮮と同じように言われているが、ここにはゆったりとした時間が流れていて、市民の顔は皆明るい。
havana2321.jpg
こんな下町を一人歩きして、特に危険は感じなかった。アメリカでは考えられないこと。日中の治安は概して良好だ。
havana2329.jpg
バルコニーに干された洗濯物が、何かいい感じ。
havana2333.jpg
バルコニーから何やら声をかけてきたおばさん。
havana2337.jpg
隣のおばさんとバルコニー越しにおしゃべり。
havana2341.jpg
夕暮れ時になってきた。
havana2345.jpg
カストロを称えるペナントが。
havana2400.jpg
街のスーパーマーケットをのぞいてみた。これにはさすがに驚いた。
これは肉売り場。あんまり美味しそうに見えない豚肉が。。。たったこれだけ??
havana2402.jpg
タバコもショーケースの中にこんな感じで陳列されていた。
havana2403.jpg
その隣には、なぜか子供用の歯ブラシが。
havana2405.jpg
リボン飾りも同じようにショーケースの中に。
havana2413.jpg
その隣には何故か、鍵やケーブルも。。。わけがわからない。とにかく物資は不足している様子。何かスーダンの様子が蘇った。
havana2501.jpg
おじいさんと子供たちが何かを楽しんでいる様子。「射的」だ。何だか懐かしい。
havana2504.jpg
バットにグローブ引っかけて、日本では何でもない野球少年の姿。でも、中南米ではすごく珍しい光景。そもそも野球というスポーツがメジャーな国は世界できわめて少ない。中南米でもヨーロッパでも凄くマイナーなスポーツだ。
何といってもメジャーなのは、やはりサッカー。ボール一つで大勢が楽しめるというのが、貧しい国でも受け入れられるのだろう。野球は道具が必要だ。野球で有名なキューバ。これはアメリカの残した大きな遺産だろう。カリブの国では他にドミニカ共和国やオランダ領の島などが有名。ワールド・ベースボール・クラシックでオランダが出てくるが、本国のオランダではなくて、カリブ海のオランダ領の島々の選手達なのだ。
havana2507.jpg
空き地で野球に興じる子供たち。全力で投げて打っている。ボールはどんな球なのと尋ねてみると、なんとガムテープを丸めたモノだった。遊びの知恵というのは凄いと感動した。この中から将来の大リーガーが出るのかも知れない。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第104回 不思議の国、キューバ 3:ハバナ市街地 その3

ハバナの観光スポットについてもう少し。観光はキューバの重要な産業、物資の少ない国内事情とは真逆で、贅沢に観光客をもてなす。
CIMG3101.JPG
キューバと言えば、革命家「チェ・ゲバラ」。彼はアルゼンチン人だが、キューバ革命での活躍とその格好良さから、キューバでは英雄。ちなみに彼は医師でもある。チェ・ゲバラのTシャツはおみやげの定番。自分も買ってしまった。
havana3102.jpg
もう一つ、キューバと言えばシガー、葉巻だ。COHIBA(コイーバ)やパルタガスなど、世界の一級品がここで造られている。自分は既に禁煙していたので、買うことは無かったが、その値段の高さに驚いた。
havana3301.jpg
そして、ラム酒。スペイン語では「ロン」と読む。キューバのロンは何といっても「HABANA CLUB」。自分はロンが大好きなので、その博物館へ行ってみた。
havana3304.jpg
安いモノから、15年以上熟成されたものまで、色んなHABANA CLUBがある。
havana3307.jpg
昔の工場の様子がジオラマで展示されている。
havana3310.jpg
HABANA CLUB博物館の隣にある、バー「DOS HERMANOS」。ここでモヒートを飲んで、格好つけてみる。
havana3401.jpg
現代と昔が入り混じって存在する街、ハバナ。こんな光景は世界中探しても、ここにしかないだろう。島国だからガラパゴス的にこうなったのだろう。奥に見える赤いバーが、有名な「ラ・フロリディータ」
havana3402.jpg
「ラ・フロリディータ」は文豪ヘミングウェイ行きつけのBARとしても、フローズン・ダイキリ発祥のバーとしても有名。
havana3405.jpg
中の様子はこんな感じ。
havana3410.jpg
ヘミングウェイがいつも座っていた、カウンターの一番奥の席には、今もヘミングウェイが座っている。
havana3501.jpg
夜の旧市街はライトアップされて美しい。
havana3601.jpg
キューバの誇るエンターテインメント。夜のハバナを彩る、キャバレーショー。
havana3605.jpg
その二大キャバレーが、「Hotel Nacional de Cuba」と「Tropicana」。まずは「Hotel Nacional de Cuba」から。
havana3609.jpg
ここはホテル内にある屋内ステージでのショー。
havana3613.jpg
ラテン音楽と踊りに酔いしれる。
havana3701.jpg
もう一つのキャバレー「Tropicana」。ここは大きな屋外ステージ。
havana3705.jpg
豪華絢爛とはこのことか、素晴らしい踊り。
havana3709.jpg
物資不足のこの国で、美味しい酒を飲みながら、華麗なショーを楽しむ。このギャップがほんとに不思議。
havana3713.jpg
「Tropicana」のおみやげ袋にはシガーが入っていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第105回 不思議の国、キューバ 4:ハバナの車たち

車に興味のない人には申し訳ないが、ハバナはクラシックカーの宝庫のような街。ちょいと、街の車の様子について書いてみた。
havana4001.jpg
アメリカの庇護の下、スペインから独立し、その後に車を始めとしてアメリカ文化がどっと入ってきた。そして、1959年のキューバ革命以後、時間が止まっている。
havana4004.jpg
島国であるが故に、1950年代のアメリカ車が今も現役で走り続けている。
havana4007.jpg
その光景が街の様子と妙にマッチしている。
havana4010.jpg
まさに、アメリカン・グラフィティの世界。
havana4101.jpg
こんなタクシーが走っていたり。
havana4104.jpg
きれいに手入れしたオープンカーが走っていたり。
havana4107.jpg
故障して、ボンネットを開けていたりと、ほんとにおもしろい。
havana4201.jpg
きれいに手入れされた車たち。
havana4204.jpg
この時代のアメリカ車はとにかく大きく、派手。
havana4207.jpg
ピンクのタクシー。
havana4208.jpg
リアの形が独特だ。
havana4218.jpg
似ているようで、少し違う。
havana4222.jpg
顔の表情のように、皆違う顔をしている。
havana4226.jpg
この車は特にきれいに手入れされていた。
havana4227.jpg
リアの感じが、また独特だ。
havana4230.jpg
こんな派手な塗装もよく似合う。
havana4234.jpg
車がどんどん大型化していった時代。大きいことがかっこよかったのか。
havana4404.jpg
この辺から、ぼろっちい車たちを。。。フェンダーミラーに何故かベンツのマークが。
havana4407.jpg
モクモクと排気ガスを吐きながら、とにかく、現役で走っている。
havana4410.jpg
これはLADAだろうか?ソ連や東欧でよく走っていた車だ。
havana4417.jpg
ボンネットを開けて、何やら修理している。こんな光景を街のあちこちで見かける。
havana4420.jpg
今の車と違って、何か、愛嬌がある。
havana4430.jpg
瀕死の状態の車も。。。
havana4504.jpg
サイドカーもよく見かける。
havana4507.jpg
こんな感じで街を走っている。
havana4510.jpg
観光用のこんなカワイイのも走っている。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第106回 不思議の国、キューバ 5:もう一つのキューバ、楽園ヴァラデロ

では、キューバの有名なリゾート地、ヴァラデロへ陸路移動する。
varadero5027.jpg
途中に休憩で立ち寄ったドライブイン? 観光客目当ての楽団が演奏を始める。
varadero5008.jpg
ヴァラデロは各々のホテルがプライベートビーチを所有していて、人気も少なく、のんびり、ゆったりしている。
varadero5011.jpg
まさしく、エメラルドグリーンの海が広がっている。
varadero5078.jpg
水の透明度も高い。
varadero3005.JPG
ビーチにはこんなみやげ物の出店が出たりしている。
varadero5020.jpg
今回宿泊したのはスペインのMERIA系列のホテル、"PARADISUS"。
varadero5030.jpg
ヴァラデロのリゾートホテルの中では上の下くらいのクラスだ。
varadero5031.jpg
部屋はコテージ風で、中はとにかく広い。
varadero5038.jpg
ヴァラデロのホテルはオール・インクルーシブ制がほとんどだ。つまり、ホテル内は飲み食いの他、マリンアクティビティーもすべて無料なのだ。
varadero5047.jpg
よく似たシステムの所は他に色々あるが、たいていはアルコールやジェットスキーなどは別料金であったりする。ここでは全て無料だ。しかも、レストランはビュッフェだけでなく、本格的なイタリアン、フレンチ、鉄板焼のレストランがあって、何を頼んでも、何を飲んでも無料なのだ。これには驚いた。
varadero5054.jpg
プールもゆったりしていて落ち着く。
varadero5056.jpg
ハバナのマーケットの様子を紹介したが、この国は慢性的な物資不足だ。なのに、このヴァラデロのホテルにはモノが溢れている。味の善し悪しは別として、朝食バイキングにはステーキまであって、自分が今までに泊まったどのホテルよりも、豪勢だった。
ジャグジーの後ろにはボトルのシャンパンが冷えていて、それももちろん無料。ほんとに不思議な国だ。
varadero5079.jpg
ビーチもこんな具合で、ゆっくりと時間が流れる。
varadero5092.jpg
バナナボートなどマリンアクティビティーもすべて無料
varadero5097.jpg
ほんとに自分のしたいように楽しめるリゾートだ。
varadero3012.JPG
子供達にはこんなアクティビティーも。
varadero3015.JPG
口が縛ってあるのが、何ともリアルだ。
varadero5111.jpg
院長も昔取った杵柄で、ウインドサーフィンを。
varadero5108.jpg
子供はすぐに友達を作れるので羨ましい。
varadero5058.jpg
カリブ海のリゾート地では、こんな具合に髪の毛を結ってくれる。後で外すのがたいへん、たいへん。
varadero2117.JPG
海辺のチャペルで結婚式が行われていた。何とも贅沢。
varadero2151.JPG
日が沈んできた。
varadero2178.JPG
のんびりとした雰囲気でのサンセット。
varadero3017.JPG
まだ泳いでいる人もいる。
varadero3024.JPG
白いチャペルが夕日色に染まってきた。
varadero3049.JPG
海に日が沈んでいく。
varadero2031.JPG
印象的なサンセットだった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第107回 パナマ運河(パナマ):灼熱のパナマシティー

キューバへは、コパ航空を利用してパナマを経由したので、帰路の乗り継ぎ時間を利用して少し立ち寄った。
パナマと言えばパナマ運河。スエズ運河と共に、名前だけはよく知っている。そのパナマ運河を見に行くことにした。
CIMG8969.JPG
海岸線の道路から、パナマシティーのビル群が見えてきた。
CIMG9029.JPG
新市街は高層ビルが立ち並び、なかなかの都会だ。この国は、パナマ運河のお陰で中継ぎ貿易や金融で栄えており、日系企業も多く進出している。
CIMG8962.JPG
旧市街はやはりコロニアルな雰囲気。
CIMG8944.JPG
結構立派な大聖堂
CIMG8955.JPG
こじんまりとしているが、なかなかいい感じの旧市街だ。
CIMG8966.JPG
とにかく暑い。人影もまばらだ。日中に出歩く人はあまりいないのだろう。
CIMG8951.JPG
かき氷の屋台
CIMG8964.JPG
いろんなシロップがあって美味しそう。灼熱のパナマによく似合ってる。
CIMG8967.JPG
生活臭のする街並みだ。
CIMG8979.JPG
これがパナマ運河のミラフローレス閘門(こうもん)。ここにはビジターセンターがあって、パナマ運河の仕組みを学ぶこともできるし、展望台からパナマ運河を通過していく船の様子を見ることができる。
CIMG9010.JPG
パナマ運河は大西洋と太平洋を結ぶ水路で全長80km。以前はアメリカ東海岸のニューヨークから西海岸のサンフランシスコへ行くのに、南米大陸の南端、マゼラン海峡をぐるりと廻る必要があったが、パナマ運河ができてからは航程が3週間短縮したそうだ。
CIMG8978.JPG
パナマ運河の幅は約30m、大型の船が壁ぎりぎりに通過する様子が、迫力満点だそうだが、今回は残念ながらこの小型ヨットだった。
CIMG8982.JPG
船が通過し終わると後ろの水門が閉まる。
CIMG8988.JPG
パナマ運河の仕組みは閘門(こうもん)式といわれていて、水門を開け閉めすることによって、水位を変えて、船を上げ下ろしする仕組みだ。太平洋と大西洋の水位はもちろん同じだが、パナマ運河自体に高低差があって、海抜26mにあるガトゥン湖まで水位を上げ、また通過後に水位を下げる必要がある。
CIMG8987.JPG
こんな具合に水門が開閉する。
CIMG8996.JPG
向かって右の水位の高い方から船がやって来て、3段階で水位を下げていく。
CIMG8989.JPG
船が通過後に後方の水門が閉まり
CIMG8995.JPG
徐々に水位が下がっていく。
CIMG8997.JPG
外の水位と同じになったら、
CIMG9000.JPG
水門が開いて、
CIMG9002.JPG
船は無事に閘門を通過して、外に出て行く。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第108回 サン・アンドレス島(コロンビア):カリブの隠れ家

キューバを紹介したついでに、カリブ海の隠れ家的な島を紹介したい。
サン・アンドレス島というコロンビア領の島だ。本国のコロンビアからは結構離れていて、中米ニカラグアの近くに位置する。
サン・アンドレスは島全体がTAX-FREEとなっていて、目抜き通りには、お酒や化粧品、ブランド衣料品などの店が並ぶ、買い物の島として知られている。
SanAndres10.jpg
そもそもリゾートとしては開発されておらず、素朴な島だ。有名チェーンのホテルなど無く、島で一番のホテルでもこんな具合で庶民的、ホテルの前の入り江が天然のプールになっている。
SanAndres11.jpg
桟橋に並んだデッキチェアで、日がな一日のんびり過ごす。
SanAndres12.jpg
でもここはカリブ海。何でもない入り江なんだが、シュノーケリングでいろんな珍しい魚を見ることができる。"さかなクン"のトレードマークの「ハコフグ」なんかも泳いでいる。
SanAndres20.jpg
島の周囲にはきれいなビーチがある。
SanAndres21.jpg
非常に遠浅で、遙か向こうにある岩礁まで、歩いて行くことができる。
SanAndres01.jpg
島自体は素朴でも、その周囲にはとんでもなく美しい海が広がっている。本当に綺麗なエメラルドグリーンの海だ。
SanAndres02.jpg
島の近くにある、珊瑚礁でできた小島(ジョニー・キー)に渡るエクスカーション。
SanAndres03.jpg
簡単な飲食施設があって、ここではシュノーケリングを楽しむ。
SanAndres04.jpg
透明度の高い海だ。
SanAndres05.jpg
ビーチに移動して、
SanAndres06.jpg
のんびりお昼寝タイム。豪華さはないが、素朴でのんびりした雰囲気。
SanAndres07.jpg
そこで見つけた、おもしろいオバチャン。
SanAndres08.jpg
スイミングキャップに水中めがねが、なんかおもしろい。なぜかひとりで、ひたすら携帯をいらってた。
SanAndres09.jpg
しまいには寝てしまった。
SanAndres13.jpg
ボートで少し沖に出ると、こんな綺麗なリーフが広がっている。
SanAndres17.jpg
よく見るとエイが泳いでる。
SanAndres18.jpg
あちこちにたくさん泳いでいる。
SanAndres15.jpg
野人のようなおじさんが、エイを捕まえて、触らせてくれる。ちなみにエサは肉だった。
CayoBolival01.jpg
もう一つのエクスカーション。Cayo Bolival(カヨ・ボリヴァル)というかなり遠くに離れた小島まで、スピードボートで行くというツアー。
恐らく人生で一番怖い思いをした乗り物であったかもしれない。高波に逆らって飛び跳ねるように高速で突き進む。悲鳴のような声が轟き、数分で限界を感じたが、それが1時間以上続いた。本当に泣きそうになってしまった。
CayoBolival02.jpg
でも、その先には天国のような島が待っていた。
CayoBolival03.jpg
本当に何も人工物のない無人島。
CayoBolival05.jpg
海と空と白い砂浜しかない世界を、しばし楽しんだ。こういった島は、観光ではなかなか行けるモノではない。
CayoBolival07.jpg
ただし、帰りもこの恐ろしいボートに乗らなくてはいけない。
次回からは、メキシコの世界遺産を巡る旅を紹介していく。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第109回 メキシコの世界遺産を巡る1:プロローグ

メキシコは世界遺産の宝庫。マヤやアステカ文明の遺跡や美しい海など、見どころ満載の国だ。
Mex.jpg
今回からしばらく、メキシコの世界遺産を中心に、メキシコの魅力と穴場を紹介していきたい。
1MEX3.JPG
首都メキシコシティー、標高2240mの高地にある、ラテンアメリカ最大の都市だ。
1MEX1.JPG
旧市街は世界遺産に指定されている。 ソカロ(中央広場)
1MEX2.JPG
カテドラル(大聖堂)
2MUSEO1.JPG
国立人類博物館。自分は美術館や博物館にはあまり興味が無いのだが、この博物館は結構おもしろかった。
3テオティワカン001.jpg
古代宗教都市遺跡、テオティワカン。月のピラミッド
3テオティワカン002.jpg
太陽のピラミッド
4Guanajuato003.jpg
"メキシコで一番美しい街"といわれるグアナファト
4Guanajuato002.jpg
銀山で栄えた街で、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名で、世界遺産に登録されている。
4Guanajuato001.jpg
地下道の発達した、おもしろい街でもある。
5Chiten004.jpg
マヤ文明の遺跡、古代都市チチェン・イッツァ(世界遺産)。
5Chiten001.jpg
神秘的なピラミッドだ。
7Uxmal2005.jpg
ジャングルの中の都市遺跡、ウシュマル(世界遺産)
7Uxmal2003.jpg
丸みを帯びたピラミッドが特徴だ。
7Uxmal2002.jpg
遺跡の住人、イグアナも登場。
6Uxmal001.jpg
夜のライトアップショーは、また違った魅力がある。
12Tulum2.JPG
カリブ海に面した城塞都市遺跡、トゥルム
12Tulum1.JPG
青い海とのコントラストが美しい。
9Holbox001.jpg
メキシコ観光の穴場、HOLBOX(ホルボッシュ)島。エメラルド色の海に囲まれた、素朴な島なのだが。
11Holbox3003.jpg
この島の周辺は、ジンベイザメが集まってくる、世界有数の場所として有名だ。
11Holbox3004.jpg
シュノーケリングでジンベイザメと泳ぐことができる。ほんとに大迫力だ。
14Tikal2004.jpg
メキシコから一旦グアテマラに移動して、マヤ文明の都市遺跡、ティカル(世界遺産)を紹介する。
14Tikal2.JPG
鬱蒼としたジャングルの中にあり、マヤ遺跡の中では、群を抜いたスケールと神秘さを持っている。
15Cancun.JPG
最後にビーチリゾートのカンクンに戻って。(写真は院長)

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第110回 メキシコの世界遺産を巡る2:大都市メキシコシティー

まずは首都のメキシコシティーから紹介していこう。
Mex12.JPG
ラテンアメリカ最大の都市で、標高2240mの高地にある。地形が盆地状になっており、以前は大気汚染で悪名高かったが、自動車の排ガス規制が進んだお陰で,今はだいぶ改善されているようだ。
Mex02.JPG
街には高層ビルと古い街並みが混在している。
Mex01.JPG
旧市街は世界遺産に指定されている。
Mex08.JPG
街のシンボル、大聖堂。アメリカ大陸で最古かつ最大の大聖堂だそうだ。貫禄のある教会だ。
Mex10.JPG
中はいたってシンプルで上品だった。
Mex11.JPG
祭壇は重厚感のある造りだ。
Mex05.JPG
大聖堂は"ソカロ"と呼ばれる中央広場に面している。
Mex04.JPG
ソカロは歴史的にメキシコの政治的、宗教的中心となってきた。正面は国立宮殿(大統領府)だ。
Mex06.JPG
宮殿内の壁には、ディエゴ・リベラの壁画『メキシコの歴史』が描かれている。
Mex07.JPG
階段を上りながら見ていく。壮大なスケールの壁画だ。
Mex13.JPG
ソカロから一歩街中へ入っていくと、そこは中南米独特の街並み。
Mex14.JPG
何かゴチャゴチャしていて、危険な香りがして、でも、何か明るくて楽しい雰囲気だ。
Mex17.JPG
日用品の商店が中心で、大したものを売っているわけではないのだが、自分はこの雰囲気が結構好きだ。
Mex15.JPG
民族衣装で焼きトウモロコシを売ってるオバチャン。
Mex18.JPG
プロレスはメキシコの国技とも言われる人気スポーツ。露店でプロレスのマスクが売られていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第111回 メキシコの世界遺産を巡る3:国立人類学博物館

自分は美術館や博物館に、あまり興味がある方ではないのだが、リマの天野博物館と、この国立人類学博物館は、本当に印象深い博物館だった。
musium12.JPG
各文明毎にセクションが別れて展示されている。ここは第7室、メヒカ(アステカ)の部屋。一番奥の丸い石が有名なアステカ・カレンダー「太陽の石」。
musium14.JPG
この何とも奇妙な石像は、大地の女神、コアトリクエ。蛇のスカートをはき、頭は2匹の蛇が向かい合った顔をしている。
musium10.JPG
これはジャガーの石像。なんか、かわいく感じてしまう。
musium11.JPG
この何とも。。。なのは「死の神の司祭」。どうしても股間に目が行ってしまう。
musium13.JPG
この何か怖そうなのは、ショチビリという「花の王子」なのだそう。イメージと名前が全く違う。。
musium1.JPG
テオティワカンのセクションにある、ケツァルコアトル神殿のレプリカ。
musium2.JPG
テオティワカンの月の神殿の前に建っていたという「水の女神像」
musium17.JPG
オルメカの巨大人頭像
musium20.JPG
花の形や唇の辺りが、黒人の様な顔つきに見える。これも謎。。
musium21.JPG
こんな具合に発掘されたのだそうだ。
musium24.JPG
チャクモールと呼ばれる人物像で、真ん中の皿のような場所に生け贄を供えたらしい。
musium3.JPG
ここからはコミカルな土偶の数々。ほんとに見ていて飽きないし、謎がいっぱいだ。
musium4.JPG
豊穣のシンボルである女性の土偶
musium5.JPG
ペルーでも似たような土偶を見たような。
musium6.JPG
「アクロバット像」と呼ばれる土偶だが、なんか人を馬鹿にしたような顔つきがおもしろい。
musium9.JPG
退屈そうにも見える。
musium7.JPG
高嶋政伸に似ている。
musium8.JPG
何とも芸術的な、阿修羅男爵のような顔面像。
musium18.JPG
これはいかにも東洋系の顔つき。
musium19.JPG
何でこんな古代に中国人が??と考えてしまう。
musium23.JPG
これはどうみても相撲の力士に見える。
musium22.JPG
まわしをしめているようにも見える。そもそも原住民の体つきではないような。。。
この博物館ではほんとに、何で??と思うようなことにいっぱい出会える。記憶に残る博物館だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第112回 メキシコの世界遺産を巡る4:テオティワカン遺跡

メキシコシティーの北東50kmに世界遺産「テオティワカン遺跡」がある。
Teotihuacan001.jpg
テオティワカンは紀元前2世紀から6世紀頃まで存在したといわれる、テオティワカン文明の巨大な宗教都市遺跡だ。ピラミッドが見えてきた。
Teotihuacan002.jpg
メキシコといえばサボテン。
Teotihuacan003.jpg
地元の小学生達が遠足に来ていた。
Teotihuacan114.jpg
これが「太陽のピラミッド」。
Teotihuacan102.jpg
「太陽のピラミッド」を裏側から。
Teotihuacan105.jpg
このピラミッドは、非常にいい状態で保存されている。
Teotihuacan107.jpg
「月のピラミッド」側から、「太陽のピラミッド」を望む。右側の通りは「死者の大通り」。
Teotihuacan109.jpg
もう少し寄ってみると。
Teotihuacan121.jpg
このピラミッドは頂上まで登ることが出来る。高さは65 mだが、元々2300mの空気の薄い中、この登りは結構きつい。
Teotihuacan122.jpg
頂上が遙か彼方に感じる。
Teotihuacan123.jpg
頂上から「月のピラミッド」を望む。
Teotihuacan204.jpg
少しずつ寄ってみて、
Teotihuacan203.jpg
これが「月のピラミッド」。頂上付近がかなり崩れている。
Teotihuacan212.jpg
真下からの「月のピラミッド」。
Teotihuacan226.jpg
「月のピラミッド」は途中まで登ることが出来るが、これもかなりの急勾配。
Teotihuacan208.jpg
途中から頂上を望む。
Teotihuacan224.jpg
「月のピラミッド」の上から、「太陽のピラミッド」と「死者の大通り」。
Teotihuacan225.jpg
下りもかなりの急勾配で、鎖を持ちながら下りていく。
Teotihuacan413.jpg
ケツァルパパロトルの宮殿の、ジャガーの壁画。
Teotihuacan411.jpg
ケツァルパパロトルのレリーフ。
Teotihuacan415.jpg
ケツァルコアトル神殿
Teotihuacan417.jpg
ケツァルコアトル(鳥と蛇の合体)のレリーフ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第113回 メキシコの世界遺産を巡る5:メキシコで一番美しい街、グアナフアト

今回はメキシコシティーの北西370km、メキシコで一番美しい街と言われている、グアナフアトを紹介する。
Guanajuato101.jpg
グアナフアトまではバスで約5時間。座席はゆったりして、リクライニングできる、中々快適なバスだった。
Guanajuato103.jpg
途中、メキシコシティーの郊外を抜けていく。これは車のパーツ屋さん。ビートルのボディー部品などが山積みされている。何ともメキシコらしい光景。
Guanajuato110.jpg
グアナファトに到着。街を見下ろすように、ピピラの丘と呼ばれる、小高い丘が街の正面にある。
Guanajuato112.jpg
丘の頂上へは、年季の入ったケーブルカーで登っていく。
Guanajuato120.jpg
丘の上からは街が一望できる。この街は銀山で栄え、一時は世界の銀の3分の1を産出していたと言われる。スペイン植民地時代のコロニアル建築が美しく、世界遺産に登録されている。
Guanajuato122.jpg
カラフルに彩られた家がこの街の特徴。
Guanajuato123.jpg
正面の緑のスペースは公園だ。木々が屋根のように茂っていて、その下で人々は思い思いの時間を過ごしている。
Guanajuato201.jpg
街中の様子。
Guanajuato202.jpg
テアトロ(フアレス劇場)だ。
Guanajuato203.jpg
少し横道にそれると、こういったいい感じの空間がある。
Guanajuato204.jpg
ヨーロッパ調の美しい街並みだ。中南米特有のごみごみした感じがなく、スッキリしている。
Guanajuato205.jpg
これはグアナフアト大学、1732年にイエズス 会によって設立された、歴史的にも有名な大学。この階段やフアレス劇場を利用して、国際セルバンテス祭が毎年行われている。
Guanajuato211.jpg
エストゥディアンティーナという、中世スペインの学生服を来て、セレナータを歌いながら夜の街を歩く楽団。ちなみに「エストゥディアンテ」とは「学生」の意味。
Guanajuato226.jpg
カラフルな住宅街を歩いてみた。
Guanajuato227.jpg
山肌に沿って街が広がっているので、坂の小道が多い。
Guanajuato228.jpg
これは動物病院。看板がいけてる。
Guanajuato302.jpg
この街のもう一つの特徴は「地下道」。街のいたるところに、こういった「地下道」への入口がある。
Guanajuato308.jpg
「地下道」といっても単純な地下通路ではない。
Guanajuato309.jpg
地下に石畳で出来た、自動車用の交通網が整備されている。
Guanajuato310.jpg
基本的には自動車用だが、ところどころ歩道もある。
Guanajuato401.jpg
この街でもう一つ有名なのが、このミイラ博物館(Museo de las Momias)。
Guanajuato404.jpg
この地の特殊な土壌と乾燥した気候で、普通に埋葬したらミイラ化するのだそうで、100体近くが展示されている。
Guanajuato402.jpg
服を着たままのミイラもあって、凄くリアル。一見の価値有り。
Guanajuato407.jpg
商魂たくましく、お土産にミイラの形をした「ミイラ飴」が売っていた。
Guanajuato410.jpg
街の胃袋、イダルゴ市場。中々立派な建物だ。
Guanajuato414.jpg
教会風の建物の中には色んな店が出ていて、人でごった返していた。
Guanajuato415.jpg
色とりどりの果物。
Guanajuato416.jpg
カモテといわれる、サツマイモの原種の料理。
Guanajuato625.jpg
トウモロコシの屋台
Guanajuato629.jpg
双子の目玉焼きが2つ。これは珍しい、

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第114回 メキシコの世界遺産を巡る6:マヤの古代都市 チチェン・イッツァ

では、いったんメキシコシティーへ戻って、ユカタン半島のリゾート地カンクンへ空路移動。そこからマヤの遺跡をレンタカーで巡る旅をスタート。ユカタン半島は世界遺産の宝庫だ。
Chichen_Itza101.jpg
まずは、カンクンから一番近い、チチェン・イッツァ 遺跡(世界遺産)へ。カンクンから車で2時間半程度だ。
Chichen_Itza103.jpg
「カスティーヨ」(スペイン語で城の意味)と呼ばれるピラミッド。高さは24メートルあり、最上段に神殿がある。
Chichen_Itza106.jpg
保存状態のいい、立派なピラミッドだ。でも、本来はジャングルの中にあったはずで、観光用にあまりにも整然と整備されているのが残念と言えば残念だ。この辺の雰囲気は、今後紹介していくウシュマル、ティカルのピラミッドを見ると、本来の姿が見えてくると思う。
Chichen_Itza104.jpg
ピラミッド北面の最下段に、ククルカンという羽毛のある大蛇の姿をした神の頭がある。頭だけがあることに意味がある。
Chichen_Itza144.jpg
ピラミッドの4面には9段の階層があり、各面に91段の階段があって、最上段の1神殿の一段を足すと、4 X 91+ 1 = 365段となり、暦をあらわしていることになる。
Chichen_Itza116.jpg
春分の日と秋分の日の日没時、西日がピラミッドの階段側面に影をつくり、その陰がククルカンの頭とつながって、大蛇が姿を現す。9段の階層が作る影が、あたかも身をくねらせる胴体の様に見える。この現象は「ククルカンの降臨」と言われ、これを見るためにこの時期には大勢の観光客が押し寄せるそうだ。その様子はYoutubeでたくさん紹介されているので、一度見ていただきたい。
Chichen_Itza128.jpg
こういった自然現象も計算に入れて建造されているわけで、この文明が非常に高度な天文学を持っていたことがわかる。
Chichen_Itza129.jpg
ピラミッドの下で、パン!パン!と手をたたくと、ピラミッドにこだました音が、ピューン!ピューン!と電子銃のような音で返ってくる。これも面白い現象だ。これも計算されたモノなのだろうか。
Chichen_Itza191.jpg
遺跡の中を散策する。これは高僧の墓。やはり階段の最下段にククルカンの頭がある。
Chichen_Itza206.jpg
戦士の神殿と 千本柱の部屋
Chichen_Itza207.jpg
これは何のために造られたのか。。
Chichen_Itza211.jpg
金星の台座。
Chichen_Itza222.jpg
カラコル(かたつむり)と呼ばれる天文台。
Chichen_Itza223.jpg
これは尼僧院。
Chichen_Itza236.jpg
こんなところにも、チャクモールが(生け贄を乗せる台座)。
Chichen_Itza325.jpg
イグアナに遭遇。
Chichen_Itza326.jpg
何か、遺跡とイグアナが妙にマッチしている。
Chichen_Itza327.jpg
こんな蛇にも遭遇。
Chichen_Itza538.jpg
セノーテといわれる「聖なる泉」。ユカタン半島に多数見られる、石灰地層が作る自然の井戸の様なもの。
Chichen_Itza539.jpg
このセノーテはマヤの遺跡では最大のものであるらしい。
Chichen_Itza613.jpg
遺跡内にある、土産物の露店。
Chichen_Itza614.jpg
何処も同じようなものを売っているのだが、見ていて結構楽しい。
Chichen_Itza618.jpg
仮面は特に面白かった。
Chichen_Itza621.jpg
何処にでもある、パチモン。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第115回 メキシコの世界遺産を巡る7:マヤの古代都市 ウシュマル その1

次はユカタン半島を西へ移動して、マヤ文明が最盛期にあった7世紀から10世紀にかけて繁栄した古代都市、ウシュマル(世界遺産)へ。
Uxmal1002.jpg
ウシュマルといえば、この「魔法使いのピラミッド」。
Uxmal1004.jpg
魔法使いが暖めた卵から生まれた小人が、一日で造ったと言われる。角が丸いのが特徴だ。マヤの数あるピラミッドの中でも、この丸いピラミッドは珍しい。
Uxmal1006.jpg
他のピラミッドと同様に、上部に神殿がある。
Uxmal1008.jpg
高さ36.5メートルの巨大なピラミッドだ。
Uxmal1030b.jpg
側面から。
Uxmal1035.jpg
こちらが正面らしい。
Uxmal1036.jpg
尼僧院の方角から、ピラミッドをのぞき込む。
Uxmal1039.jpg
ピラミッドと他の建造物が繋がっている構造というのも珍しい。
Uxmal1040.jpg
少し離れて見たら、こんな感じ。
Uxmal1044.jpg
この遺跡の特徴である、プウク様式といわれる、ブロックを組み合わせた幾何学模様。
Uxmal1045.jpg
雨の神「チャック神」。雨の少ないこの地方では、この雨の神を崇拝したらしい。
Uxmal1046.jpg
これはウサギ??
Uxmal1049.jpg
途中で毛のない犬に遭遇。このあたりでは「アステカ犬」と言うらしい。同じような犬がペルーにもいるが、ペルーでは「インカ犬」と言われる。体温が高く、抱くと暖かいので、暖房代わりに重宝されてきたとのことだ。
Uxmal1050.jpg
高台よりピラミッドを望む。
Uxmal1052b.jpg
ジャングルから頭が飛び出したピラミッド。これが本来の姿なんだろうと思う。
Uxmal1060.jpg
アーチから「尼僧院」の中庭をのぞく。
Uxmal1062.jpg
中庭の四方に特徴的な建物があるが、保存状態はあまりよくない。
Uxmal1070.jpg
上方から「尼僧院」の中庭を望む。
Uxmal1072.jpg
「総督の館」。上部の壁面が見事なモザイクで出来ている。
Uxmal1076.jpg
壁だけが残っている、「鳩の家」。
Uxmal1099.jpg
やはり、マヤの遺跡にはイグアナがよく似合う。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第116回 メキシコの世界遺産を巡る8:マヤの古代都市 ウシュマル その2

Uxmal2001.jpg
強い日射しの中での日中の見学を終え、一旦ホテルに戻って、夕暮れ時に再び遺跡に戻る。
Uxmal2003.jpg
夕暮れ時の「魔法使いのピラミッド」
Uxmal2005.jpg
こういった大きな遺跡は、日の出と夕暮れ時が、日中とはまた違った姿を見せてくれる。
Uxmal2009.jpg
これから「音と光のレーザーショー」が始まる。
Uxmal2011.jpg
尼僧院の中庭を見下ろす高台に、座席が用意されている。
Uxmal2012.jpg
エジプトのピラミッドでも、同様のレーザーショーがあった。現地に宿泊しないと見ることが出来ない。
Uxmal2013.jpg
当時は儀式の折りに、松明で照らしたのだろうか。
Uxmal2015.jpg
光りが当たると、レリーフやモザイクがより鮮明に浮かび上がってくる。
Uxmal2017.jpg
どんどん日が暮れて、真っ暗になっていく。
Uxmal2022.jpg
音楽に合わせて、ライトアップが変わっていく。
Uxmal2024.jpg
暗闇の中に、遺跡だけが浮かび上がる。
Uxmal2032.jpg
「魔法使いのピラミッド」もライトアップされている。
Uxmal2034.jpg
最上段の神殿が照らされ、階段の一段一段が、日中よりもよりはっきり見える。
Uxmal2036.jpg
何とも幻想的だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第117回 メキシコの世界遺産を巡る9:マヤの古代都市 ティカル(グアテマラ)その1 

メキシコのユカタン半島を、マヤの遺跡を巡って移動してきたが、最大規模のマヤの遺跡はメキシコではなく、隣国グアテマラにあった。一旦カンクンに戻り、空路グアテマラの都市、フローレスへ移動した。
Tikal103.jpg
鬱蒼としたジャングルの中に、マヤの最大の神殿都市、紀元4世紀から9世紀頃にかけて栄えた、世界遺産"ティカル遺跡"はあった。
Tikal108.jpg
今まで見てきたマヤの遺跡とは異なり、ティカル遺跡は、自然に近いままの姿で発掘されていた。
Tikal110.jpg
グランプラサ(大広場)から見たI号神殿。
Tikal112.jpg
I号神殿、別名ジャガー神殿。
Tikal120.jpg
ティカル遺跡にはいくつものピラミッドがある。
Tikal125.jpg
グランプラサ(大広場)の北側に、北のアクロポリスと呼ばれる神殿群がある。
Tikal126.jpg
正面から見た、北のアクロポリス。
Tikal205.jpg
グランプラサ(大広場)を挟んで、I号神殿の正面にII号神殿がある。
Tikal429.jpg
IV号神殿に上り、ティカル遺跡を見下ろす。
Tikal453.jpg
ジャングルから突き出た神殿の先。左奥がI号神殿、次がII号神殿。右端がIII号神殿だ。
Tikal512.jpg
V号神殿。
Tikal514.jpg
なかなか立派で、きれいなピラミッドだ。
Tikal581.jpg
発掘される前はこんな感じであった。
Tikal526.jpg
このV号神殿には登ることができる。
Tikal534.jpg
ピラミッドの横には、かなり急な階段がついてあり、これを登っていく。
Tikal536.jpg
結構キツイ。
Tikal542.jpg
V号神殿の上から見下ろした景色。
Tikal545.jpg
右端がI号神殿。ここからは少し異なった角度から、神殿群を見下ろすことができる。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第118回 メキシコの世界遺産を巡る10:マヤの古代都市 ティカル(グアテマラ)その2 

翌朝、朝焼けのティカルを撮影しようと、早朝から出かけた。
Tikal101.jpg
ピンぼけで残念だが、月と1号神殿。
Tikal102.jpg
朝霧に包まれたティカルは幻想的で、これはまたいい感じ。
Tikal404.jpg
IV号神殿に登っては見たけれど、一面モヤに包まれていた。
Tikal418.jpg
少し晴れてくると、ジャングルの中から突き出た、神殿の尖端が見えてきた。
Tikal457.jpg
こんな日は観光客も少ない。現場で遺跡の修復作業をしているおじさん達と仲良くなってしまった。ティカル遺跡には日本政府からの文化無償資金協力が行われていることもあって、日本人と聞くと、えらく好意的に接してくれる。
Tikal502.jpg
ティカル遺跡付近には宿泊施設が少なく、遺跡内に数カ所あるだけだ。今回の宿は「TIKAL INN」
Tikal503.jpg
このホテル、夜は早くに電気が切れると書かれていたので心配していたが、なかなか雰囲気の良い、素朴なホテルだった。
Tikal701.jpg
緑で覆われた、神秘的な「7つの神殿の広場」。
Tikal703.jpg
まだ半分埋もれている遺跡。
Tikal706.jpg
「失われた世界:ロストワールド」の神殿。
Tikal708.jpg
この神殿は登ることができる。
Tikal702.jpg
ハナグマの一種。遺跡内には多くの野性動物が生息している。ライオンの声の様に吠える、サルの雄叫びがこだましていた。

今回訪れたマヤのピラミッド遺跡の中では、やはりティカルが断トツにすばらしかった。
ここから空路、再びメキシコのカンクンへ戻る。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第119回 メキシコの世界遺産を巡る11:海辺の城塞都市 トゥルム

マヤ遺跡巡りの最後は、海辺の城塞都市、トゥルム遺跡を紹介する。
Tulum103.jpg
カンクンから海岸沿いを車で走ること2時間弱で、トゥルム遺跡に到着。
Tulum104.jpg
ジャングルのピラミッド遺跡を立て続くに見て、少々食傷気味であったところに、海辺の遺跡は新鮮だ。
Tulum107.jpg
輝く太陽、青い海、青い空、緑の大地と遺跡のコントラストが美しい。
Tulum201.jpg
ジャングルの遺跡とは違って、明るく開放的な空間を歩いて行く。
Tulum204.jpg
海風の影響か、遺跡の保存状態はあまり良くない。
Tulum210.jpg
遺跡の中央にある大宮殿。左後方は「エル・カスティージョ(城)」だ。
Tulum206.jpg
大宮殿を別角度から。
Tulum214.jpg
左端が「降臨する神の神殿」、中央が「エル・カスティージョ(城)」
Tulum309.jpg
ビーチと断崖絶壁にある遺跡のコンビネーションがすばらしい。
Tulum502.jpg
遺跡にあるみやげ物屋。入口には「チャックモール」が。
Tulum504.jpg
遺跡内のATM。遺跡に調和するようにうまく工夫されている。
Tulum505.jpg
今回利用したホテル、Hotel Cabanas Luna Maya。素朴な海辺に面したホテルだった。
マヤの遺跡シリーズはこれで終了。次回は、ジンベイザメと泳げる島へ向かう

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第120回 メキシコの世界遺産を巡る12:ジンベエザメと泳ぐ その1

メキシコ旅行を計画している時、カンクンの近くにジンベエザメと泳げる島があるとの情報を得た。調べてみると、ジンベエザメが産卵のために集まってくるポイントだそうで、世界でもフィリピンとここの2カ所しかないそうだ。是非行ってみたくなった。
ユカタン半島の素朴な景色を見ながら、カンクンから車で3時間ほどでCHIQUILLA(チキーラ)の港に到着。そこからフェリーに乗って、今回の目的地、HOLBOX(ホルボッシュ島)へ向かった。
Holbox1004.jpg
本当に何もない、素朴な島だ。エメラルドグリーンの海、あまり見たことのない美しい色だ。
Holbox1010.jpg
地元の人達ものんびりムード。
Holbox1101.jpg
島の交通手段はタクシーではなくて、このカートだ。
Holbox1102.jpg
ゴルフ場のカートといった感じ。
Holbox1206.jpg
こんな感じで、カートタクシーはビーチを走っている。
Holbox1210.jpg
緑の海と白い砂浜しかない素朴な景色を見てると、本当に癒される。
Holbox1302.jpg
今回の宿はVillas Delphines。
Holbox1306.jpg
海側から見たホテル。
Holbox1320.jpg
素朴なバンガロータイプのホテルだ。
Holbox1324.jpg
バンガローにはコテージがついていて、
Holbox1328.jpg
ハンモックでのんびりすることも出来る。
Holbox1330.jpg
人影はほとんど無く、プライベートビーチのようだ。
Holbox1402.jpg
ここのサンセットは格別。
Holbox1410.jpg
カートも妙にマッチしている。
Holbox1412.jpg
いよいよ明日はジンベエザメに会いに行く。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第121回 メキシコの世界遺産を巡る13:ジンベエザメと泳ぐ その2

Holbox3102.jpg
翌朝ボートに乗り込み、いよいよジンベエザメに会いに出発だ。
Holbox3104.jpg
エメラルドグリーンの海を沖へ向かっていく。
Holbox3202.jpg
沖に出ると海の透明度は落ち、濁ってきた。ジンベエザメのエサであるプランクトンが豊富ななのだろう。
なんか鮫のようなひれが見えた。ジンベエザメだ。
Holbox3203.jpg
ちなみにジンベエザメは英語では「Whale shark」と書く。つまり「クジラのような鮫」。最も大きな鮫であり、最も大きな魚だ。
Holbox3206.jpg
背びれだけを見ていると、大きな鮫が近づいてきたのかと思ってしま。
Holbox3208.jpg
ボートを怖がることもなく、大きな口を開けて近づいてくる。
Holbox3210.jpg
この大きな口から海水を大量に取り込んで、プランクトンを濾し取ってエサにするらしい。
Holbox3302.jpg
いよいよジンベエザメとのランデブーに出発。
Holbox3308.jpg
ぷかぷか浮いていると、ジンベエザメの方から近づいてくる。
Holbox3310.jpg
手を伸ばせば、ジンベエザメに触れる。
Holbox3320.jpg
あっちからもこっちからも、どんどんジンベエザメが集まってくる。
Holbox3340.jpg
巨大なジンベエザメが自分たちに向かってくる。これは凄い!
Holbox3350.jpg
潜って水の中から見てみると、その大きさに圧倒される。遠いところを来てよかった。これは一見の価値がある自然のアトラクションだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第122回 メキシコの世界遺産を巡る14:カンクン リゾート

メキシコシリーズの最終回は、有名なリゾート地、カンクンビーチ。
Cancun104.jpg
メジャーな観光地ではあるが、海はきれいだ。
Cancun202.jpg
今回宿泊したのは「Marina El Cid Riviera Maya Spa & Beach Resort」。カリブのリゾートホテルに多い、All inclusive タイプのホテルで、宿泊費に全ての飲食代、マリンアクティビティー料金などが含まれていて、施設内ではすべて無料というシステムだ。日本のリゾートホテルのように、お酒や一部のアクティビティーは別料金などという野暮なことはない。ホテル内にはいくつもレストランがあって、レストランではアラカルトやコース料理も注文でき。何を飲んでも無料だ。
Cancun210.jpg
下の娘とシーカヤックに挑戦。もちろんこれも無料。
Cancun212a.jpg
エメラルド グリーンの海を、の〜んびりと。
Cancun214.jpg
ホテルのビーチはほとんどがプライベートビーチ。オンシーズンでも混雑することはない。
Cancun222.jpg
院長も昔取った杵柄で、ウインドサーフィンを。
Cancun244.jpg
カリビアンヘアーに編み上げてくれるサービスもある。ビーズの色も好きなように選べる。
Cancun252.jpg
カンクンの市街地、青い空と白い建物のコントラストが美しい。
Cancun258.jpg
カンクンの夕日。
Tulum280.jpg
そんなこんなでメキシコ編は終わりにしたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第126回 イースター島探訪1(チリ):いざ、イースター島へ

再び南半球に戻って、今回からは、改めてイースター島をシリーズで紹介していきたい。
easter.jpg
イースター島は南太平洋の孤島。チリ領なのだが、首都のサンチャゴから空路6時間近くかかる遠い島だ。オランダ人がイースター(復活祭)の日に発見したので、この名前が付いたそうだ。ちなみにスペイン語では「Isla de Pascua (イスラ・デ・パスクゥア)」、現地の言葉では「ラパ・ヌイ」と呼ぶ。
Easter001.JPG
イースター島へのフライトはラン・チリ(LAN)航空がサンチアゴからとタヒチのパペーテから定期便を就航している。
基本的に日本からは、アメリカの主要都市を経由してサンチャゴに入り、乗り継いでイースター島へ向かうのが一般的だ。
Easter002.JPG
チリという国は、ドイツ系移民が多い影響なのか、ラテンの国の中では異質にきっちりしている国で、このLAN航空も意外と信頼性の高い航空会社だ。海産物も豊富で、ペルーで食べる寿司ネタのウニやサーモンはチリで採れる。また、日本企業が「和牛」も飼育しており、食材は非常に豊富な国なのだが、食事は残念ながら概して不味い。それもドイツの影響なのか?
Easter003.JPG
サンチャゴ空港のマッサージチェアでちょっと一休み。
Easter104.JPG
イースター島が見えてきた。
Easter106.JPG
浜辺が少なく、断崖絶壁の孤島であることがわかるだろうか。
Easter202.JPG
素朴な空港に無事着陸。
Easter204.JPG
空港にもモアイのレプリカが建っている。
Easter206.JPG
のんびりと歩いて入国審査へ進んでいく。
Easter208.JPG
ターンテーブルの前で荷物を待っている様子。麻薬犬が荷物をチェックする。
Easter210.JPG
この係官のように、原住民の人はチリ人というよりも、南太平洋のポリネシア人だ。
Easter212.JPG
空港の壁には独特の絵柄が描かれている。
Easter302.JPG
今回の宿は、島で唯一の日本人ご夫婦が働かれている、Taha Tai Hotel。
Easter304.JPG
海辺に面した、居心地のいいのんびりとしたホテルだ。
Easter308.JPG
庭にはあまり見たことのない、不思議な植物が生えている。
Easter310.JPG
美味しかった、ちぎって食べれるパイナップル。
Easter306.JPG
島内に公共交通機関はなく、ツアー会社の車かレンタカーが足となる。今回は自分たちのペースで島を巡りたかったので、このジープをレンタルした。日本車だ。
Easter314.JPG
街の中心部の様子。ここにもモアイのレプリカが。。
Easter316.JPG
街のレストランへ食事に。
Easter318.JPG
チリの食事は不味いと書いたが、ここイースター島の食事は意外といける。マグロなどの魚介類を美味しく調理してくれる。
Easter320.JPG
これはマグロのタルタル。結構美味しかった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第127回 イースター島探訪2(チリ):オロンゴの「鳥人伝説」とラノカウ火山

イースター島は周囲約60km、北海道の利尻島とほぼ同じ大きさだそうだ。島には三つの休火山がある。
EasterIsland.jpg
今回巡った島内の遺跡を地図で示してみる。島内唯一の村が青丸で示したハンガロアで、宿泊施設やレストランはこの地域にある。ここから島内をレンタカーで巡る。
2102.JPG
まずは島の最南端にあるオロンゴ岬へ。岩には文字のようなものが彫られてあり、眼下に見える島ではかつて鳥人儀式「鳥人レース」が行われていた。ここから岩山を駆け下り、海を泳いで、島に飛来する海鳥の卵を採って帰ってくるという過酷なレースであったらしい。勝った部族の長が1年間島の長となるというものであったらしい。
2106.JPG
反対側にはラノカウ火山の火口湖が拡がっている。
2108.JPG
湖面と海とのコントラストが美しい。
2110.JPG
片手にビデオ、片手にカメラのいつもの姿。
2201.JPG
次は「アナカイタンガタ」という洞窟へ。
2204.JPG
波打ち際にぽっかりと空いた自然の洞窟だ。
2212.JPG
断崖絶壁を階段で下りていく。
2302.JPG
洞窟の入り口だ。
2304.JPG
洞窟から海を見た様子。
2405.JPG
洞窟内には鳥の壁画がある(これが有名らしい)。「アナ・カイ・タンガタ」とは「食人洞窟」という意味らしく、鳥人レースの勝者が敗者を食べる「食人儀式」が行われたといわれる洞窟なのだそうだ。
2502.JPG
何とも荒々しい景色だ。
2504.JPG
この島が絶海の孤島であるということがわかる。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第128回 イースター島探訪3(チリ):モアイの製造工場、ラノ・ララク その1

では、これからいろんなモアイ像を紹介していきたい。
まずはモアイの製造工場として知られる、ラノ・ララクから。
3004.JPG
ラノ・ララクの山が見えてきた。この山でモアイが造られ、運び出されていった。
3006.JPG
山肌に近づいていくと、斜面にポツポツと立つ物体が見える。
3007.JPG
ここがラノララクの入口だ。ここから山を登っていく。
3304.JPG
緩斜面に無造作に立つ物体。モアイだ。
3301.JPG
間隔も、向きもばらばらだ。
3313.JPG
倒れているモノもある。
3315.JPG
道しるべのようになっているモアイもある。
3318.JPG
ここのモアイには帽子が乗っていない。帽子は別の場所で造られたからだ。
3325.JPG
山の斜面から見下ろすと、島の地平線が拡がる。何とも荒涼とした景色だ。
3326.JPG
その先には紺碧の海が拡がっている。
3404.JPG
これがモアイの制作現場だ。
3412.JPG
斜面の岩肌を彫ってモアイを製造していく。
3416.JPG
できたモアイは斜面の傾斜を利用して、下に運ばれていくというシステムだ。なるほど。
3502.JPG
モアイはみな少し違った顔をしている。これが何とも癒し系で、ずっと見ていても飽きない。
3504.JPG
見る角度によっても違ってくるし。
3506.JPG
陽の当たり方によっても違ってくる。
3508.JPG
同じモアイでも、朝夕とでは違う顔をしているし、晴れた日と雨の日では全然違う顔をしている。
3510.JPG
顔の長い、典型的なモアイ。
3514.JPG
顔の短いモアイもある。」
3516.JPG
倒れかけ、寸止めのモアイ。
3518.JPG
うなじがかわいいモアイ。
3520.JPG
何とも落ち着いた光景だ、
3522.JPG
あごの張った、男前のモアイ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第129回 イースター島探訪4(チリ):モアイの製造工場、ラノ・ララク その2

ラノ・ララクのモアイの風貌をもう少し。みんな、それぞれに個性がある。
3524.JPG
何か男前なモアイ。
3526.JPG
のっぽなモアイ。
3626.JPG
見る角度によって、雰囲気が変わる。
3540.JPG
この角度からみると、何かを訴えかけているような、悲しい感じがする。
3542.JPG
かなり朽ち果てたモアイ。
3548.JPG
倒れてしまっているものもある。
3602.JPG
何のために造られたのか?
3606.JPG
前倒れのモアイは、何か悲しい。
3608.JPG
朝と夕の陽の当たり方によっても表情を変える。
3614.JPG
同じ顔が二つ。
3618.JPG
影が伸びてきた。
3636.JPG
モアイの後ろ姿は、何か哀愁を感じる。
3904.JPG
海辺に15体のモアイが見えてきた。トンガリキのモアイだ、
3905.JPG
ここのモアイは唯一、海を背中にして立っている。
3909.JPG
荒波の前のモアイもいい感じだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第130回 イースター島探訪5(チリ):アフ・トンガリキ

tonga1001.JPG
当院ホームページの院長プロフィールに使っている写真。後ろに並んだ15体のモアイがトンガリキのモアイだ。
tonga1002.JPG
アフ・トンガリキの標識のそばには、何か古びたモアイが立っている。どこかで見たような。。。
tonga1003.JPG
「千と千尋の神隠し」の「カオナシ」みたいなモアイが荒涼とした原野にポツンと立っている。
tonga1004.JPG
トンガリキのモアイ。大小15体のモアイが海に背を向けて並んでいる。
tonga1005.JPG
島内には色んなモアイがあるが、海に背を向けて立っているのは、ここトンガリキだけだ。
tonga1006.JPG
ここにも倒れたモアイが一体。
tonga2002.JPG
この15体のモアイには日本の技術が深く関わっている。
tonga3012.JPG
香川県にある「タダノ」というクレーン会社が自腹で、倒れたモアイを起こし、修復するというプロジェクトを1991年に立ち上げた。
tonga3102.JPG
台座の上に整然と並んだモアイたち。このトンガリキのモアイは日本との友好のシンボルだ。
tonga3202.JPG
今ではイースター島で一番のシンボルになっている。
tonga3206.JPG
こんな具合に、手乗りモアイ。
tonga3500.JPG
初日の出の様子を何枚か。
tonga3502.JPG
島の方角から、日の出はトンガリキ、夕日はタハイが美しい。
tonga3604.JPG
海と雲と太陽が織りなす、早朝のスペクタクルショーだ
tonga3610.JPG
日が昇ってきた。
tonga3706.JPG
モアイ達がご来光を拝んでいるようだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第131回 イースター島探訪6(チリ):モアイを巡る その1

では、島内の色んなモアイを巡って行きたい。
AKAHANGA001.JPG
まずは「アフ・アカハンガ」。ちなみにアフとはモアイが建つ祭壇のことだ。
AKAHANGA003.JPG
といっても、ここのモアイは建っていない。というか倒されている。
AKAHANGA005.JPG
部族間の争いで起こった「モアイ倒し戦争」で、島内の多くのモアイが倒された。
AKAHANGA007.JPG
モアイの目には霊力が宿ると考えられていたため、皆、うつぶせに倒されている。
AKAHANGA202.JPG
モアイの帽子(プカオ)だけがポツンと残されている、
AKAHANGA206.JPG
何か寂しい光景だ。
AKIVI002.JPG
次はアフ・アキビのモアイ達。
AKIVI102.JPG
7体のモアイが丘の上の祭壇に整然と並んでいる。
AKIVI202.JPG
ほとんどのアフ(祭壇)が海辺にあるのに対して、ここの祭壇はかなり内陸にある。
AKIVI206.JPG
トンガリキのモアイとは違って、皆、顔がよく似ている。
AKIVI304.JPG
ここのモアイも海の方角を向いている、数少ないモアイだ。
PUNA002.JPG
次はモアイの帽子(プカオ)の製造工場である、プナパウだ。
PUNA004.JPG
このあたりでとれる赤い岩でプカオが造られた、今も主のないプカオだけが散乱している。しかし、モアイ本体の製造工場であるラノ・ララクからは10数キロ離れており、何でこんな離れたところで造ったのかも不思議の一つだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第132回 イースター島探訪7(チリ):モアイを巡る その2

101VINAPU102.JPG
お次は海辺にある、アフ・ビナプへ移動。
104VINAPU308.JPG
転がっている赤いプカオ(モアイの帽子)が何かもの悲しい。
106VINAPU202.JPG
ここのモアイも全て倒されたままだ。
108VINAPU304.JPG
プカオだけが主から離れて転がっている。
110VINAPU103.JPG
紺碧の海だ。
112VINAPU106.JPG
イースター島周辺は波が高い。
114VINAPU104.JPG
空港ではサーフボードを持ち込む観光客を多く見かけた。モアイ見学ではなくて、サーフィンをする目的でこの島にやって来るようだ。
116VINAPU114.JPG
波しぶきが豪快だ。
202ANAKENA002.JPG
次はイースター島では珍しい、海水浴のできるビーチ、アナケナ・ビーチだ。
204ANAKENA102.JPG
きれいな白砂のビーチに青い海、人影もまばらで、最高のムードだが、日陰がどこにも無い。ここで遊ぶのには、かなりの日焼け対策が必要だ。
206ANAKENA004.JPG
椰子の木が植えられていて、南国ムード満点だ。
208ANAKENA204.JPG
このビーチのアフにもモアイがいる。
210ANAKENA152.JPG
アフ・ナウナウのモアイだ。7体のモアイが海を背にして立っている。
212ANAKENA154.JPG
そのうちの4体はプカオを載せている。
214ANAKENA304.JPG
少し離れて、ちょっと変わったモアイが立っている。
216ANAKENA302.JPG
ホツ・マツア王のモアイだ。
218ANAKENA306.JPG
最初にこの島へ渡ってきたホツ・マツア王が、このビーチから上陸したと言われている。
302TEPITO002.JPG
島には牛が放牧されている。
304TEPITO004.JPG
次はアフ・テピトクラへ
306TEPITO102.JPG
この倒れているモアイは島内で唯一名前が付いていて、「パロ」と呼ばれる。アフに立っているモアイでは、一番大きなモアイらしい。
310TEPITO201.JPG
この近くに、テピト・オテヘヌア(地球のへそ)と呼ばれる丸い石が置かれた"パワースポット"がある。この石の上にコンパスを置くと針が回るそうだ。。。またこの石に額をつけて願いごとを念じると叶うらしい。
312TEPITO203.JPG
充電できるとでも思っているのだろうか?携帯電話を置いている人がいた。娘達は頭が良くなるようにと、石に額を付けていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第133回 イースター島探訪8(チリ):馬で巡る

サーフィンなどの目的で訪れる場合を除いて、この島では、モアイを見ること以外にすることがない。
オプショナルツアーが充実しているわけはなく、レンタカーやレンタサイクル以外に移動手段がない。
102P1030686 copy.JPG
そこでおすすめなのが、この"乗馬ツアー"だ。
104P1030691 copy.JPG
乗馬体験などという甘い代物ではない、各自が馬に乗って、半日かけて島を巡る。
106P1030693.JPG
馬は躾けられているので、コースを大きく外れることはないが、それでも乗り手の動きに反応するので、かなりスリリング、おまけにこのコースがアップダウンに富んでいる。
108P1030706.JPG
ちょいと一服。おしりが痛くなってきた。
110P1030696 copy.JPG
通常の観光では行くことのない、変わった場所にも連れて行ってくれる。
202P1030734 copy.JPG
これは海辺の崖に連なる洞窟だ。真っ暗な中を恐る恐る這うように進んでいくと、光が見えてきた。
204P1030724.JPG
そこは断崖絶壁だ。
302P1030752 copy.JPG
ツアーも終盤、道路に出てきた。
304P1030751 copy.JPG
そろそろ夕暮れ時が近づいてきた。
306P1030764.JPG
後ろにハンガロアの街が見える。
308P1030758.JPG
最終目的地のタハイに到着だ。ここの夕日は絶品なのだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第134回 イースター島探訪9(チリ):タハイの夕日

イースター島の最後は、夕日の美しさで有名なタハイから。
TAHAI002.JPG
タハイには3つのアフがあり、向かって右端にあるのがアフ・コテリクのモアイ。島内で唯一、目が入っているモアイで、帽子(プカオ)を載せている。目が入ることで、今まで見てきたモアイとは何か違う感じがする。
TAHAI008.JPG
向かって左端がアフ・バイウリで5体のモアイが並んでいる。
TAHAI010.JPG
アフ・バイウリの右に一人立っているのが、アフ・タハイのモアイだ。
TAHAI020.JPG
これら3つのモアイと海と夕日が、格別なサンセットを見せてくれる。
TAHAI223.JPG
バックの船がまたいい感じを醸し出す。
TAHAI226.JPG
空がだいぶ赤く染まった。
TAHAI308.JPG
日が沈んでしまった。空の色がどんどん変わっていく。
TAHAI324.JPG
少し違った角度から。
TAHAI358.JPG
夕日がモアイに反射する。
TAHAI360.JPG
どこから見ても美しい景色だ。
TAHAI362.JPG
少し引いてみる。
TAHAI502.JPG
アフ・タハイのモアイから。
TAHAI504.JPG
波が結構激しく打ちよせる。
TAHAI508.JPG
空が輝いている。
TAHAI535.JPG
アフ・コテリクのモアイから。
TAHAI551.JPG
二つのモアイを入れて。自分はこの方向からの景色が一番気に入った。
TAHAI552.JPG
モアイをバックに日が沈んでいく。
TAHAI558.JPG
雲の様子がめまぐるしく変わっていく。
TAHAI568.JPG
少し角度を変えて。
TAHAI572.JPG
日が沈んだ。サンセットショーの終了だ。
TAHAI656.JPG
船の明かりが、なんかしんみりとしていい感じ。
TAHAI952.jpg
モアイの上と月と星。

イースター島は本当にモアイしかないような島だ。「モアイだけしかない」と否定的な感想を言う人もいるが、ゆっくり滞在して、島の風景や自然と共にモアイを見て欲しい。自分は滞在中にラノ・ララクに何度も足を運んだ。
日の当たり方によって、朝と夕方の風景が全く違うのだ。日中にさらりと見て終わりではあまりにもったいない。アナケナ・ビーチで海水浴なんてのもいいのかもしれない。馬での散策は特にお勧めだ。チリの食事は概して美味しくないのだが、イースター島の食べものは比較的美味しいので、是非、ゆっくりとした日程で訪れて欲しい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第135回 少しだけサンチャゴ(チリ):ワイナリー見学

帰りに立ち寄った、サンチャゴの街と近郊のワイナリーを紹介する。
sa1.JPG
サンチャゴには主に仕事で、かれこれ18回程訪れた。サンチャゴは立派な近代都市だ。南米の都市の中では治安も比較的いい。ただし、正直なところ観光的な魅力は。。。だ。
sa2.JPG
奥に見えるのは旧市街のシンボルである大聖堂だ。
sa3.JPG
左奥の立派な建物は中央郵便局。
sa5.JPG
モネダ宮殿、現在は大統領府として使用されている。サンチャゴ旧市街はこんな感じで、南米他国の旧市街と比べると、やはり見劣りする。
santiago004.jpg
サンチャゴ市内にも一体、本物のモアイ像がある。イースター島から持ち出されたモノらしいが。本場で見てきた後では。。。
santiago005.jpg
チリと言えば、やはり"ワイン"。安くて美味しいワインが楽しめる。ワイナリー見学はお勧めの観光コースだ。今回はサンチャゴから車で45分ほどの"Santa Rita" ワイナリーを紹介する。調べてみると、ここSanta Rita のワインは、日本ではサッポロビールが販売している。
santiago013.jpg
荘園風の建物で、「Casa Real」というホテルを併設している。中庭には花がいっぱいだ。
santiago015.jpg
実際のブドウ畑はこんな感じ。
santiago016.jpg
これが、ワイン用のぶどうだ。果物として食べるブドウとは少し違う。
santiago018.jpg
ツアーでワイナリー内の作業工程を見学できる。これは昔使用していた、ブドウを絞る装置だそうだ。
santiago021.jpg
現在の近代的な設備。
santiago022.jpg
ここで樽に詰め替えられる。
santiago023.jpg
樽の貯蔵庫。
santiago024.jpg
実際にはこんな感じ。
santiago027.jpg
ワインボトルが積まれていた。
santiago036.jpg
このワイナリーにはレストランがあって、ここで料理と共にここのワインが色々楽しめる。そして気に入ったワインを買って帰るという仕組み。料理も美味しく、雰囲気も非常によかった。見どころの少ないサンチャゴで、お勧めの観光スポットだ。


よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第136回 バルパライソ(チリ):小粋な海辺の世界遺産

もう一つ、サンチャゴ近郊の観光ポイント紹介したい。サンチャゴからバスで2時間程度、海辺の街、バルパライソだ。
VP002.JPG
どこか、タイムズスクエアに似ているような。。。
VP004.JPG
なぜか、トロリーバスが走っている。
VP102.JPG
カラフルな家があったりと、どこか小粋でアートな街だ。2003年に世界遺産に登録されている。
VP104.JPG
何でもない家がパステルカラーにペイントされている。どこか、ブエノスアイレスのボカ地区、カミニーニ似ている。
VP106.JPG
これも小粋??
VP108.JPG
この街は、海辺から続く丘にまで家が密集している。丘の上から眺めると、アートな家と近代ビルが混在していて、なんか面白い。
VP202.JPG
丘の上から海を見下ろしていると、何やら厳つい船団が。。。
VP208.JPG
軍艦だ!あまりこういった光景を見ることはない。バルパライソはチリ海軍の軍港としても有名なのだ。
VP302.JPG
バルパライソは丘の街。住人の足として、アセンソールと呼ばれる、ケーブルカーのような乗り物があちこちにある。
どこか、ポルトガルのリスボンに似ている。
VP304.JPG
これがアセンソール乗り場の標識。通り過ぎてしまうような、さりげない入り口だ。
VP308.JPG
中に入るとこんな感じ。
VP402.JPG
切符売り場。
VP404.JPG
クラシックな木箱のような乗り物だ。
VP406.JPG
中はこんな感じになっている。
VP502.JPG
丘の上の乗降口だ。
VP504.JPG
丘の頂上から海を見下ろす、白亜のカフェ "Cafe Turri"。
VP506.JPG
ここの庭から、海を眺めながらの食事は最高の雰囲気だ。
これでチリ・シリーズは終了としたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • GC0338.JPG
  • GC0326.JPG
  • GC0316.JPG
  • GC0312.JPG
  • GC0310.JPG
  • GC0250.JPG
  • GC0240.JPG
  • GC0230.JPG
  • GC0210.JPG

写真一覧へ