院長のコラム | ペルー

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第55回 南米の高地へ:高山病とその予防について

これから、中南米の美しい景色を紹介していく。特に南米の高地の景色は本当に素晴らしい。ただ、日本人が国内では到底経験できない高さを、徐々に高度を上げていく登山とは違って、いきなり体感することになるので、健康上のトラブルが多いのも確かだ。
lastday214 のコピー.jpg
サンペドロ・デ・アタカマ近郊(チリ)標高4000m

自分は高山病の専門家ではない、また登山家でもアスリートでもない。唯一自慢できることといえば、ペルーで過ごした4年の間に、ごく一般的な旅行者として、ペルー、ボリビア、チリの高地を旅行して、家族と共に標高3500から5000mまでの高度を実際に体感したことと、仕事上で現地の医療事情をよく知っている、日本人としては珍しい医者だということだろうか。
またペルーに勤務中の職務として、高山病で重症化した日本人旅行者の救援保護に関わってきた。その経験と知識を元にこれから南米の高地を旅行する方に、高山病とその予防についてまずは書いてみたい。
2402.JPG
マチュピチュ(ペルー)標高2400m

以下の文章は自分が勤務中に大使館ホームページに書いた高山病についての注意書きで、まずは基礎知識として読んで欲しい。

高山病について
 低地から高地に上がった時、その低気圧、低酸素状態に身体が順応できないことが原因で起こる一連の症状を言います。低地から2500mの高地に短時間で移動した成人の約25%に、何らかの高山病症状が認められると言われています。特に低地から飛行機で一気に高地へ上がると症状が出やすくなります。観光地として有名なクスコは3400m、ティティカカ湖は3800mの高地にあり、実際、リマからこれらを訪れた旅行者の多くが、何らかの高山病症状を経験すると思われます。軽度の山酔いから、個人の体質によっては比較的重い高山病を起こします。
 高山病の初期症状は、頭痛、呼吸浅薄感、食欲低下、腹部の膨満感、などで、就寝後も眠りが浅く、頻回に目を覚ます不眠感も典型的な症状です。高山病は重症化すると肺に水が溜まる「高地肺水腫」や脳がむくむ「脳浮腫」となり、すぐに適切な治療を受けると共に、急いで低地へ下がらないと死亡に至ることがあります。
 高山病の発症はその日の体調などによっても左右されるため、無理な日程は禁物です。特に高地に到着した初日は十分な休養を取るようにしましょう。過去に高地で高山病にならなかったことは、今回高山病にならないと言う保証にはなりません。ただし、過去に高山病の経験のある方は、特に注意を要します。また、低酸素状態は心臓や肺に大きな負担をかけるため、心臓疾患や肺疾患のある方は事前に医師に相談されること強くおすすめします。

高山病の予防
1. 高地に到着後、初日は十分な休養をとる。
(余裕のある計画を心がける)。
これがもっとも大事です。"ゆっくり、ゆっくり"を心がける。
2. 空港に着いたら"ゆっくり、ゆっくり"歩き、なるべく階段の使用を避ける。
3. 水分を十分に摂る。
4. 高地では低気圧、低酸素のため消化機能が低下するので、腹8分目に心がける。
炭水化物を多めにとり、脂肪分は控えめにする。
5. アルコールの摂取はできるだけ避ける。睡眠薬の使用も控える。
6. 高山病予防薬について
アセタゾラミダAcetazolamida(製品名ダイアモックス: Diamox)の内服は高山病の予防効果がある他、頭痛や不眠などの高山病の症状を改善させる効果があります。アセタゾラミダは日本では医師の処方箋を必要とする医薬品ですが、ペルーの薬局では処方箋なしでも購入することができます(空港内の薬局でも購入できます)。
薬局では必ず『アセタゾラミダAcetazolamida 250mg』と注文して下さい。
当地では『ダイアモックス』という商品名は一般的ではありません。

予防内服方法は、成人の場合 高地に上がる当日の朝より、
1日2回(朝と寝る前) 125mg (250mg錠ならば半分に割って)内服します。
服用後、手指にしびれ感を感じることがあります。
アセタゾラミダには利尿作用(尿の量を増やす作用)があるので、水分を十分に補給してください。高血圧や心臓病、糖尿病等慢性疾患をお持ちの方は内服前に必ず医師に相談してください。

薬局が勧める『SOROJCHI PILLSソロチピル』は単なる頭痛薬で、高山病の予防薬ではありませんのでご注意下さい。
以上
2401.JPG
雨のマチュピチュ(ペルー)標高2400m

特に、食事を少なめに食べることと、高地に滞在中は食事には特に厳重に注意して、決して冒険をせず、お腹の健康を保つことだ。高地でお腹をこわしてひどい下痢をすると最悪のシナリオになる。高級ホテルと言えども、野菜を含め出来るだけ生のものを避けるのが賢明だろう。
3700.jpg
ウユニ塩湖(ボリビア)標高3700m

また、ダイアモックという名前が
ペルーの薬局では通用せず、『アセタゾラミダAcetazolamida』という名前しか通用しないことも、おぼえていって欲しい。
特に『SOROJCHI PILLSソロチピル』には気をつけて欲しい。現地の人や薬局は「高山病の薬」としてこの薬を必ず勧めてくる。
sorojchi_04.jpeg
では、少しこの『SOROJCHI PILLS:ソローチェピル』に付いて説明する。
決してこの薬を非難するわけではなく、これは単なる頭痛薬であることを知って欲しい。
組成はアスピリン、カフェインなどで、日本の「バファリン」によく似た薬だ。つまりこの薬は鎮痛薬、解熱剤であって、確かに頭痛には効くが、高山病を予防する効果は無いといっていいだろう。
3701.jpg
雨期のウユニ塩湖(ボリビア)標高3700m

この『SOROJCHI PILLS』の飲み方には高地にいる間、8時間毎に服用するように書いてある。
通常の日本人が何日間も1日3回バファリンを飲み続けたらどうなるだろう。
高地ではお腹をこわすことは御法度だ、下痢は高山病を急速に悪化させる。胃腸の弱い人がバファリンを1日3回飲み続けたらどうなるか。。。逆に体調が悪くなるだろう。
lago_querococha3980.JPG
Lago Querococha(ペルー)標高3980m

現地で頭が痛いというと、薬局だけでなく、現地の人々や旅行関係者までも当たり前のようにこの薬を持ってくるので、十分注意して欲しい。当然、単発で飲む頭痛薬としては何の問題もないのだが。。

4800.JPG
ワスカラン国立公園(ペルー)標高4800m

ペルーに勤務中によく受けた質問が、高地に子供を連れて行って大丈夫であろうか?と言う質問だ。その多くが南米の駐在員の家族で、せっかく南米に来たのだから、マチュピチュは是非見てみたい、というものだ。
子供は高山病に弱いとよく書かれているが、実際のところはよくわかっていない。ただ、子供が頭痛や嘔気で水分が摂れなくなったら、その悪化は大人より深刻になるだろう。

3800.JPG
プヤ・ライモンディ(ペルー)標高4000m

子供同伴の可否について、自分なりの一つの基準を持っていた。それは、体調の悪さ(頭が痛い、お腹が痛い)を自分で訴える事のできる年齢かどうかと言うことだ。個人差もあると思うが4〜5歳ぐらいが基準になるのではないかと思っている。
5000.JPG
パストルリ氷河(ペルー)標高5000m

自分は比較的高地には強い方であった。5000mでも何とか観光をこなすことは出来た。ただし、標高2850mにあるキト(エクアドル)への出張時、いつも到着初日はお腹が張って食事が進まず、夜は熟睡できずに何度も目が覚めた。高地から戻ると数日間は強い全身倦怠感が残った。高地では予想以上に体力を消耗する。

Atakama008 のコピー.jpg
月の谷:アタカマ(チリ)標高2600m

高地にあるホテルや空港には必ず酸素ボンベが用意してある。ホテルで体調が悪いというと酸素ボンベを部屋へ持ってきてくれる。自分は何度も高地へ行ったが、一度だけその酸素ボンベのお世話になりかけたことがある。行きなれたクスコ(3600m)へ友人を連れて行き、調子に乗って、いつになく夕食を腹一杯食べビールを飲んだ。その夜、異常な息苦しさに目を覚まし、もがきながら朝を迎えた。もう少しで酸素ボンベを頼むところだった。
高地では腹7分目が大事であることを、身をもって思い知った次第である。
2400.jpg
月の谷:アタカマ(チリ)標高2600m

唯一の高山病予防薬として認知されているダイアモックスであるが、飲んで調子が悪いという人も少なからずいる。できれば旅行前に数日服用してみて、問題ないかどうかを確認しておいた方がよいだろう。
最後にこれはあくまで私見であるが、高山病の予防に漢方薬の「五苓散」がその薬効から有効であろうと考える。
頭痛や吐き気や下痢の薬にもなるし、ダイアモックスよりも副作用が少なく効果があるのではないかと考えている。
高地へ出発する日の朝から1包(2.5g)を1日3回、高地に滞在中飲んでいればよい。
「五苓散」は小児科でも下痢や吐き気に頻用する薬なので、子供にも安心して使用できる。

次回より、アタカマ(チリ)からウユニ塩湖(ボリビア)への4WDでの旅を紹介したい。

※このブログを見てくれた読者から、高山病予防薬の処方についての問い合わせをクリニックにたくさんいただいている。
当院でも2014年4月1日より高山病予防薬(ダイアモックス)の処方を開始することとした。
詳しくは「高山病予防薬の処方について」をご覧下さい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第64回 ペルー編プロローグ(ペルー)

「ドクトル・イトウの地球の果てまで」も3年目。そろそろ、2006年から2010年までの丸4年間を過ごした、ペルーの魅力を紹介していきたい。あまりに思い出が多すぎて、何から紹介したらいいのか迷ってしまうのだが、旅行者とは少し違った視点で、ペルーの美しい風景、面白い風景を紹介できたらと思う。
ペルーというと高地というイメージがあるが、実際には首都のリマは海岸部の低地にあり、クスコやマチュピチュなどはアンデスの高地、その内陸部はアマゾン川が流れる熱帯雨林地域で、一つの国に様々な気候帯がある。それだけに色んな景色や食べ物が楽しめる。
Peru_008.jpg
ペルーといえば、まずマチュピチュが思い浮かぶだろう。この景色は本当に神秘的ですばらしい。これは晴れた日のマチュピチュ。この角度から見ると、バックの山(ワイナピチュ)がインディアンの横顔に見える。真ん中の高い山が鼻で、左の低い山があご。偶然にしては面白い。
Peru_009.jpg
雨のマチュピチュはまた幻想的ですばらしい。何も見えない真っ白な霧の中から、徐々に姿を現してくる様子は「天空の城ラピュタ」の世界。
Peru_007.jpg
これはリャマ、アンデスに成育するラクダの仲間。とぼけた顔が何とも愛らしい。
Peru_006.jpg
インカ帝国の都クスコ、標高3400mにある。富士山の頂上に近い高さにこんな街があるというのは、来てみないとなかなか実感できない。赤煉瓦の街並みが美しい、
Peru_005.jpg
クスコの中心部、朝のアルマス広場。
Peru_001.jpg
夜のライトアップされたアルマス広場(クスコ)。
Peru_002.jpg
ペルーの南の端、ボリビアとの国境にある湖、チチカカ湖(標高3800m)。定期航路が就航する、世界で一番標高の高い湖。
Peru_013.jpg
リマの北400kmにあるワラス。ペルーのスイスと呼ばれていて、ペルー最高峰の山ワスカラン(標高6768m)をはじめ、6000mクラスの山々が連なる美しい地域。写真はケロコチャ湖(Laguna Querococha:標高3980m)
Peru_012.jpg
パストルリ氷河(Nevado Pastoruri:標高5000m〜5400m)を目指して、9合目まではバスで登り、そこから馬で9.5合目まで登って行く。後は氷河までの地獄の登山。
Peru_011.jpg
初めて体感した標高5000m。氷河自体よりも、そんな場所にいる自分に驚いた。空気が薄く、一歩一歩が本当に苦しく、周りが黄色く見えた。
Peru_010.jpg
ワラスの高山地帯に自生するプヤライモンディ(Puya Raymondi )、百年に一度だけ花を咲かすという不思議な植物で、高いものは10mにもなるという。青い空に金色に輝き美しい。これがパイナップルの仲間というのがおもしろい。氷河よりもこの植物の方に感動した。
Peru_004.jpg
ペルー第2の都市、「白い街」アレキパの夜景。
Peru_016.jpg
ペルーのアマゾン地帯、プエルト・マルドナード(Puerto Maldonado)。ジャングルにあるロッジに宿泊して、ジャングルツアーを楽しむ。
Peru_017.jpg
アマゾンの夕暮れ。これも忘れられない美しい景色だ。
Peru_015.jpg
ペルー北部の海岸地帯チクラーヨ。トトラ葦で作られた小船で今も漁が行われている。
Peru_014.jpg
ナスカの地上絵をセスナから見物する。これはハチドリで、一番見つけやすい地上絵の一つ。多くの地上絵は、地面と線のコントラストが薄くてなかなか見つけることができない。
Lima_043.jpg
この装甲車のような車は? リマではよく見かける車で、いわゆる銀行の現金輸送車で、少々の爆発物でもびくともしないらしい。馬鹿げているようだが、武装集団対策で運転席に扉はない。何気ない風景だが、これがペルー、南米の実情。ツアーの団体行動をしているには問題ないが、一歩場所を間違えると危険が待っている。
これからじっくりとペルーの魅力を紹介していきたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第65回 クスコとマチュピチュ1(ペルー):インカの都クスコ1

ペルー観光のメインイベントはもちろんマチュピチュ。自分が色々見てきた絶景の中でも、ベストテンに入るのは間違いない。日本からは、アメリカの都市を経由してまずリマへ入る。これがほぼ丸一日の行程だ。リマは海岸部にある都市で低地にある。このリマから、インカ帝国の都であったクスコへ一気に高度を上げる。
CUSCO_018.jpg
上から眺めたクスコ市街の様子。赤煉瓦で統一されていて美しい。
CUSCO_009.jpg
クスコ空港に到着。ターンテーブルの前では「コンドルは飛んでいく」の生演奏をやっていたりして、ペルームードは盛り上がっていく。でもここは標高3,400m、富士山の頂上に近い世界。慌ててスーツケースを運んだりすると、とんでもなく息切れする。高地に身体をならすため、ここから1日の過ごし方が非常に重要。あせらずに、ゆっくりゆっくり動く。詳しくは第55回「南米の高地へ:高山病とその予防について」をご参考いただきたい。
CUSCO_023.jpg
クスコの中心部、アルマス広場(Plaza de Armas)。ペルーではどの街にもその中心部にはこのような「アルマス広場」と呼ばれる広場がある。「アルマス」とは「武器」という意味。争い事が起こった際に、住人が武器を持って集まった場所だかららしい。
CUSCO_022.jpg
クスコのアルマス広場は、少し坂を上がって、高台から見下ろした景色が好きだ。写真左が大聖堂、正面がラ・コンパーニャ教会だ、
CUSCO_029.jpg
ラ・コンパーニャ教会。インカ帝国の時代の建物の土台の上にスペイン人が建てた教会。
CUSCO_030.jpg
数奇な歴史をたどった都市だが、インカ帝国の文化とスペイン文化が妙にマッチしていて、これが興味深い。
CUSCO_027.jpg
イースター(復活祭)はキリスト教国では春の大きなイベント。その前の一週間(聖週間)はスペイン語圏ではセマナ・サンタと呼ばれ、日本のゴールデンウイークの様な連休になる。この聖週間にクスコでは、セニョール・デ・ロス・テンブローレス(地震の主:黒いキリスト像)の御輿を担いで行進するお祭りが行われ、アルマス広場が人で埋め尽くされる。
CUSCO_024.jpg
石畳の路地。何とも趣がある。
CUSCO_025.jpg
街の綿菓子売り、その数と色のど派手さが節操なく、それがペルーらしくて良い。
CUSCO_035.jpg
ペルーの高地で当たり前のように飲まれる「コカ茶」。現地のポーターはこのコカの葉をしがみながら山を登る。コカとはもちろんコカインのこと。麻薬の原料になる葉っぱで、間違って土産に持って帰ったら大変なことになるかも知れない。ちなみにコカコーラのコカもこのコカの意味、当初は疲れた軍人の元気を付ける飲み物であったらしい。もちろん、今のコカコーラにコカインは入っていない。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第66回 クスコとマチュピチュ2(ペルー):インカの都クスコ2

CUSCO_012.jpg
朝のアルマス広場。朝日に輝いて美しい。
CUSCO_013.jpg
民族衣装を着たインディオのおばちゃん達もひと休みで井戸端会議。
CUSCO_037.jpg
クスコの街並みでよく目にするのがこの「インカの石組み」。何でもないようにも見えるのだが、これがインカ帝国の技術力、科学力の結集されたもの。
CUSCO_016.jpg
インカの石組みは、「カミソリの刃1枚も通さない」と評されるほど、本当に精密で、こんな小さい石まで、きっちりとはめ込まれている。相当高度な石切の技術があったのだろうと想像されるのだが、なんと、インカ帝国には「鉄」というものがなかった。それが、銃や剣をもったたった200名のスペイン人に、いとも簡単に征服されてしまった原因とも考えられるのだが、鉄器なしで、どうやってここまで精巧に石を切ったのか。本当に謎だらけだ。
CUSCO_031.jpg
その代表作がこのクスコ名物「12角の石」。知らなければ、通り過ぎてしまうような光景なのだが。
CUSCO_017.jpg
手前から三番目の大きな石。確かに12角に切り出されている。鉄が無かったと知ると、本当にどうやって加工したんだろうと考えてしまう。
CUSCO_034.jpg
ライトアップされたアルマス広場。
CUSCO_019.jpg
何とも雰囲気があって美しい。
CUSCO_001.jpg
教会もきれいにライトアップされる。
CUSCO_004.jpg
坂の路地もいい雰囲気になる。
CUSCO_005.jpg
夜の「12角の石」。
CUSCO_032.jpg
高山病の予防について、「第55回 南米の高地へ:高山病とその予防について」で、高地では下痢は厳禁と書いた。つまり高地では「食の冒険」は御法度。マチュピチュ観光を無事に終わらせたいのであれば、食事と飲み物には十分に注意が必要だ。ただ、この露店のアンティクーチョ(牛の心臓の串焼き)は本当に美味そうだった。日本で言うところの「ハツ」が、大きめに切られ、照り焼きになっている。もちろん、この料理は、リマのちゃんとしたペルー料理のレストランでも味わえる。でもこういった屋台の雰囲気で食べるのがおつというものなのだが。。。食べる勇気は無かった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第67回 クスコとマチュピチュ3(ペルー):天空のバザール(市場)

今回はクスコ周辺の観光スポットを紹介する。
聖なる谷014.jpg
クスコ郊外を流れるウルバンバ川。アマゾン川の源流の一つでもある。このウルバンバ川の流れる渓谷は「聖なる谷」と呼ばれ、インカ帝国の遺跡や村落がたくさん残っている。
聖なる谷019.jpg
この景色にはリャマがよく似合う。アンデスに生息するラクダ科の動物。アルパカや高級毛織物のビクーニャはその仲間。山々にはしましまの模様がある。よく見てみると。
聖なる谷008.jpg
これは「アンデネス」と呼ばれる段々畑。平地の少ない山岳部で効率の良い農業を発展させた、インカの技術力だ。
ジャガイモやトウモロコシなどこの地を原産地とする農作物は多い。
pisac009.jpg
山間の渓谷の街の中心に、何やらテントがたくさん張られた区域がある。これが観光地としても有名な「ピサックの市場」だ。
pisac045.jpg
所狭しと露店が広がり、地元の人はもちろんのこと、観光客でにぎわっている。
pisac002.jpg
野菜から民芸品までありとあらゆるものが売られている。
pisac008.jpg
民族衣装で着飾った娘達。
pisac015.jpg
八百屋で売られていたトウモロコシ。色んな色と形がある。
pisac017.jpg
特にこの濃い紫色のものが、「チチャ・モラーダ」というペルーの代表的な紫色のジュースの原料となる。
pisac021.jpg
ピサックの市場で有名な窯焼きのパン屋さん。
pisac024.jpg
その軒先に、何故かかわいいモルモットのようなネズミが飼われていた。これはテンジクネズミの一種で、ペルーでは「クイ」という。何と食用なのである。
IMG_7922.JPG
これが代表的な「クイの窯焼き:cuy al horno」。ペルーの山岳部ではよく食べられる料理で、クイの丸焼きというか、姿焼きというか、クイを開いてオーブンで焼いてある。顔が付いているので、睨まれたような気になる。自分も当然の事ながら、あまりにグロテスクで最初は食べられなかったが、日本人を含め食べた人が皆結構いけるというので、恐る恐る食べてみた。肉は少ないのだが、ゼラチン質で、味はたしかに結構美味しかった。
チンチェーロ005.jpg
今回の行程で、最も標高の高い3800mにあるチンチェーロという村に立ち寄った。まさに富士山の頂上よりも高い村だ。この坂道の上に毎週日曜日に開かれるバザール(市場)があるという。短い坂なのだが、空気の薄いこの地では結構きつい。
チンチェーロ007.jpg
坂の上には広場が広がり、その向こうには侵略者であるスペイン人が造った教会がある。
チンチェーロ002.jpg
何とも素朴なバザールだった。
チンチェーロ003.jpg
結構きれいな織物が売られていた。
次回からはいよいよマチュピチュを紹介したい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第68回 クスコとマチュピチュ4(ペルー):では、マチュピチュへ

いよいよマチュピチュへ出発。まずはクスコからマチュピチュの麓の村アグアス・カリエンタスまで、約3時間の列車の旅だ。
ma101.jpg
ペルーの列車といっても、このPERU RAILはあの有名なオリエント急行の会社が運営している観光列車で、運行も比較的きっちりしている。
ma101_2.jpg
少し前まで、このマチュピチュ行きの列車はクスコの市街にあるサン・ペドロ駅から出発し、スイッチバックといって、登ってはバックで下がりを繰り返して高度を上げていく、なかなか風情のある世界でも有数の高原列車であったのだが、如何せんこのスイッチバックは時間がかかるので、観光客を効率よく運ぶために、2009年からはクスコから陸路で30分程高地にあるポロイ駅まで車で移動し、そこから列車に乗り込むという、スイッチバック区間を短縮した行程に変更になっている。
ma102_1.jpg
この列車はなかなかエンターテインメントも充実していて、列車の中に突如クスコの伝統的なお祭りの衣装をまとった人が登場したり。
ma102.jpg
いきなり、アルパカセーターのファッションショーと実演販売が行われたりと面白い。もちろんこの登場人物達はれっきとしたこの列車の乗務員達。なかなかの役者魂だ。
ma103.jpg
列車はウルバンバ川の渓谷ひた走る。
ma104.jpg
前方にはアンデスの山々がそびえ立つ。
IMG_1866.jpg
マチュピチュの麓の村アグアス・カリエンタスに到着。この「アグアス・カリエンタス」とは「暑い水」、つまり「温泉」の意味、その名の通り温泉の村だ。何か日本の温泉街のような風情がある。
ma105.jpg
何かちょうちんが似合うような、川の流れる、ひなびた田舎の温泉街のたたずまい。
ma106.jpg
村の公衆浴場へ行ってみた。もちろん水着着用で温水プールのようなものなのだが、壁にマチュピチュの絵が描いてある。銭湯の富士山と同じ発想なのか?面白い。
ma106_3.JPG
今回一緒に行った日本の料理人M君と「クイの丸焼き(第67回参照)」を食べに行った。彼はこの行程中、ずっとこの「クイの丸焼き」を食べ続けた。一度食べただけの先入観で、その料理の美味いまずいを評価したくないというのが彼の考えで、この店では、実際に調理をさせてもらった。こういった何でもありなところが「ペルー」だ。
ma106_2.JPG
薪で焚いたオーブンでじっくり焼く。結論的に彼が出した評価は「クイの丸焼きは美味い」ということだった。
ma107.JPG
翌朝、いよいよマチュピチュへ。
ma108.jpg
マチュピチュはアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって1911年に発見されたとされている。
ma109.jpg
少し離れて遠景でマチュピチュを見るとこんな感じ。マチュピチュとは「古い峰」という意味。後ろの山はワイナピチュ「若い峰」。
上から見ないと決してその存在に気づかない、マチュピチュが空中都市と呼ばれる意味がわかるだろう。誰が、なんの目的でこんなところに都市を造ったのか?諸説ある様だが、真実はわからない。
ma110.jpg
マチュピチュへ続くつづらおりの道、これがアグアス・カリエンタスからマチュピチュへ続く道、発見者にちなんで「ビンガム・ロード」と呼ばれる。アグアス・カリエンタスからバスで約30分の道のりだ。
ma111.jpg
山の峰を見てみると、こんなところにまでアンデネス(段々畑)が造られている。これは凄い。
ma112.jpg
次回から、マチュピチュを「晴れのマチュピチュ」と「雨のマチュピチュ」に分けて詳しく紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第69回 クスコとマチュピチュ5(ペルー):晴れのマチュピチュ1

ペルー観光の大きな目玉は何と言ってもマチュピチュであろう。これを見るためにペルーまで行くと言っても過言ではない。そういった意味で、マチュピチュの観光は是非、現地(アグアス・カリエンタス)で1泊はして欲しい。クスコから日帰りのツアーもあるのだが、それでは混雑しているマチュピチュを見て終わってしまう。特に雨期ではマチュピチュを見れずに終わるという最悪のことも起こりうる。
MH1016.jpg
アグアス・カリエンタスで1泊すると、到着当日と翌朝の2回マチュピチュを訪れる機会がある。特に翌朝はクスコからの最初の列車が到着するまでの、マチュピチュが空いている時間帯に、朝靄がたちこめる景色をゆっくりと見学することができる。
MH1019.jpg
前日に一通り見て回っているので、遺跡内の様子もだいたいわかっていて、なおさら効率的に要所を見ることができるからだ。
ame.JPG
もう一つ、マチュピチュにはふたつの顔がある。晴れのマチュピチュと雨のマチュピチュだ。当然、晴れた日にマチュピチュの全景を見ることは必須事項なのだが、この写真のような雨のマチュピチュも幻想的で非常にすばらしい。山の天気なので、一日中雨と言うことは珍しい、午前中が雨でも午後から晴れてくることが多い。ガスで何も見えない世界から、徐々に全貌を現してくる様子は、「天空の城ラピュタ」そのものだ。雨期にはこのふたつのマチュピチュが見られるチャンスがある。
LH1014.jpg
まずは、晴れのマチュピチュから紹介する。一番高所にある「見張り台」からは全体像か見渡せる。
IMG_1622.JPG
雨期のマチュピチュは緑が鮮やかでより美しい。
IMG_1665.JPG
遺跡内で保護されているリャマが、アンデスの雰囲気を盛り上げてくれる。
IMG_1617.JPG
この角度から見ると、遺跡の後ろの山々が「インディアンの横顔」に見えるのがわかるだろうか?真ん中の山が鼻で、左の山が口元。偶然にしてはよくできている。
IMG_1704.JPG
徐々に下りていく。その高さ高さで遺跡の見え方が変わってくる。
IMG_1630.JPG
リャマ君をアップで一枚。目元を見ると「ラクダ科」の動物であることがよくわかる。何とも癒し系の動物だ、
IMG_1694.JPG
リャマと一緒に遺跡を見ると。何か雰囲気が変わってくる。
IMG_1853.JPG
遺跡のあちこちに居るのだが、景色と妙にマッチしている、
P1000.JPG
「天空の城ラピュタ」の様に廃墟に緑が茂り、穏やかな空間になっているのがわかるだろうか。
IMG_1611.JPG
さらに下りていく。遺跡のダイナミックさが伝わるだろうか。次の写真とは同じ角度から撮ったモノだが、違う時期(4月と9月)に撮ったもので、光の当たり具合と緑の濃さが異なる事で少し違った感じに見える。これは9月末で乾期から雨期へ移り変わる時期。
ML1012.jpg
これは4月で雨期の終わりの時期。
IMG_1757.JPG
太陽の門が見える高さで。これは9月末のもの。
LH1015.jpg
遺跡の高さまで下りてきた。
LH1017.jpg
次回は遺跡内部の様子を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第70回 クスコとマチュピチュ6(ペルー):晴れのマチュピチュ2

では、マチュピチュ遺跡内部の様子を紹介していく。
中1008.jpg
マチュピチュのアンデネス(段々畑)は近づいてみるとこんな感じで、これがいわゆる「農耕区域」
中1001.jpg
アンデネス自体は、観光客の通路になっている。
中1009.jpg
この辺が、人々が生活していた「居住区域」。
中1003.jpg
アグアス・カリエンタスで一泊して、翌朝、朝一番に遺跡に向かうと、この様な朝霧がたちこめる静寂の中の遺跡を見ることが出来る。
中1015.jpg
朝一番は多くの観光客が、この正面の山、ワイナピチュへの登山に向かうので、遺跡の中は人がまばらだ。
中1016.jpg
リャマ達ものんびりと過ごしている。
中1007.jpg
アンデネスは人の背丈ほどの高さがある。
中1010.jpg
遺跡の中はインカの石組みで出来ている。
中1042.jpg
遺跡内をリャマは縦横無尽に散歩している。結構大きいので突然現れるとびっくりする。
中1043.jpg
外の風景と対比させると、何でこんな山の中に、人工的な都市を造ったのだろうかと考えてしまう。
中1049.jpg
下から遺跡を見上げるとこんな感じ。
中1053.jpg
こうやってみてみると、ここが奥深い山の中であることがわかる。
山々1002.jpg
これは山小屋ではなく、都市の家なのだから。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第71回 クスコとマチュピチュ7(ペルー):雨のマチュピチュ

自分はマチュピチュを2度訪れたが、雨期の始まりと終わりの時期であったので、2度共に初日は雨、2日目が晴れというパターンだった。
r101.JPG
雨の日のマチュピチュは、ガスの中に全てが隠れて何も見えない。山の上から雲を見下ろしている様な感じだ。
r603.jpg
雨がっぱを着て、ガスで覆われた遺跡の中を登っていく。折角やってきたのに、あいにくの天気で皆テンションが低い。
r102.JPG
上から、リャマたちと遺跡を見下ろすとこんな感じ。ガスで何も見えない。日帰りツアーだとこのままで帰らなくてはならない。1泊ツアーだと、ガスが晴れるのをのんびり待つことができる。
r201.jpg
雨がやみ、しばらくすると、ガスの中にうっすらと遺跡の姿が見えてきた。
r202.JPG
ガスが風にのって流れていく。
r203.JPG
ガスの動きで、見えたり隠れたりを繰り返す。
r204.JPG
何とも幻想的な風景だ。
r301.JPG
「晴れのマチュピチュ」は「静」の景色だが、「雨のマチュピチュ」はダイナミックに刻一刻と風景が変わっていく。動きのある景色だ。
r302.JPG
同じ風景を2度と撮ることはできない。
r303.JPG
遺跡の上に腰を下ろし、のんびりとこのパノラマショーを楽しむ。何とも贅沢な時間だ。本当に来て良かったと感じる。
r401.jpg
一度目に来た時は、この「雨のマチュピチュ」を上手く写真に納めることができなかった。
r402.jpg
写真の知識に乏しい自分は、すべてオートフォーカスで撮っていたのだ。ピントが前の水滴やガスに合ってしまうので、肝心の遺跡が皆ピンぼけになってしまっていた。
r502.JPG
今回はリベンジの時、マニュアルフォーカスにして、何とか写真に納めることができた。
r506.JPG
雲の中から徐々に姿を現してくる姿は、「天空の城ラピュタ」そのものだ。
r103.JPG

次回からは、「ペルーのスイス」とも呼ばれる高原の街ワラスから、6000mクラスの山々が連なる、世界自然遺産の「ワスカラン国立公園」と文化遺産「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を紹介する

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第72回 ペルーのスイス・ワラス1(ペルー):高原の街ワラス

ペルーといえば、マチュピチュやナスカの地上絵ばかりが有名どころだが、この国は砂漠、高山、熱帯雨林と様々な気候帯があり、それぞれに素晴らしい景色がある。今回はペルーのスイスと呼ばれる、ワラスを紹介する。リマの北420kmに位置し、世界自然遺産のワスカラン国立公園、世界文化遺産のチャビン・デ・ワンタル遺跡観光の起点の街である。リマからはバスで8時間だ。
Huaraz_001.jpg
今回利用したMOVIL TOUR車のバス。ビジネスクラスのようなリクライニングシートで非常に快適であった。ペルーはバス路線が発達しており、また値段が安い。ただし、悲惨な交通事故や車内での盗難などのトラブルも頻発しており、安いバスは厳禁。必ず「Cruz del Sur」、「MOVIL TOUR」や「Ormeno」などの大手のバスを利用して欲しい
Huaraz_005.jpg
今回は行きリマからの夜行で朝にワラスに到着。帰りはワラスを昼に出発する便を利用した。
Huaraz_006.jpg
帰路は、夕日が沈むリマの海岸線を楽しむことが出来た。
Huaraz_003.jpg
ワラスの街は標高3,052m、周囲の山々は6,000mクラスだ。スイス観光の拠点グリンデルワルトが1,050m、ツェルマットが1,605 m、スイスアルプスの山々が4,000〜4,500mであることから考えても、こちらの標高はかなり高い。
Huaraz_004.jpg
ワラスは素朴な小さな街、しかし面白いことにイタリア料理やスイス料理の店が多い。こんなペルーの田舎町で本格的なチーズフォンデュが食べられたりする。その理由は、ヨーロッパのアルピニスト達が、ここ山に魅せられて住み着いてしまったからだそうだ。
Huaraz_009.jpg
今回の宿はワラス近郊にあるモンテレイ温泉へ。田舎道をしばらく行くと。
Huaraz_014.jpg
今回宿泊した温泉ホテル「Hotel Monterrey」
Huaraz_011.jpg
ここは温泉プールで有名。鉄分を多く含んでいるため、泥水の様な色で見た目は悪いが立派な温泉。当然の事ながら水着を着けての利用となる。
Huaraz_012.jpg
この温泉プールの横には個室温泉が併設されていて、
Huaraz_013.jpg
大小様々な個室の温泉があり、家族単位で利用が出来る。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第73回 ペルーのスイス・ワラス2(ペルー):百年に一度咲く花「プヤ・ライモンディ」

これから、世界自然遺産のワスカラン国立公園にある、パストルリ氷河へ向かう一日ツアーのはじまり。
ワラスのツアーバスターミナルからオンボロミニバスで出発する。
PAS1_018.jpg
サングラスを売る少女。確かに日差しが強い。
PAS1_016.jpg
行き帰りに必ず立ち寄るドライブイン。ここのチキンスープ(caldo de gallina:カルド・デ・ガジーナ)は絶品、高地で食欲のない胃に染み渡る美味しさだった。 
PAS1_017.JPG
峠の山の上にマリア像。このあたりは標高4000Mを超えている。
PAS1_015.jpg
ガードレールも何もない山道をオンボロバスでぶっ飛ばす。一歩間違えば谷の底。実際にそういう事故がたびたび起こっているのも事実なのが、ペルーだ。
PAS1_001.jpg
森林限界を超えているので、木というモノがない世界。
PAS1_002.jpg
雪を冠した山が見えてきた。このワスカラン国立公園は6000mクラスの山々が連なる、世界で最も高い国立公園だそうだ。広さは四国の半分とスケールがでかい。
PAS1_003.jpg
何もない秘境の公衆トイレ。
PAS1_006.jpg
リャマも営業中。
PAS1_012.jpg
何やら細長い、サボテンのような植物が見えてきた。
PAS1_010.jpg
これはプヤ・ライモンディというこのあたりに自生する非常に珍しい植物。
PAS1_007.jpg
サボテンのようだが、何とパイナップルの仲間。10m以上に育つ。
PAS1_009.jpg
100年以上生き続けて、100年に一度花を咲かせるという、何とも神秘的な植物。高地の強い光を浴びて、金色に輝く様に見える。自分は、これから向かう氷河より、この植物の光り輝く様子が非常に印象に残った。日本の大学もこの植物を研究されているという。
PAS1_011.jpg
池のように見えたが、湧き水だ。
PAS1_005.jpg
目的地が見えてきた。
次回は標高5000mにあるパストルリ氷河へ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第74回 ペルーのスイス・ワラス3(ペルー):標高5,000mのパストルリ氷河へ

おんぼろバスはガタガタ山道を爆走していく。景色があまりに雄大で、スピードを感じない。
PAS2_026.jpg
雪を冠した山が見えてきた。6,000m級の山だ。
PAS2_022.jpg
これから向かうパストルリ氷河は、その裾が標高5,000m。自分たちには想像を絶する高さなのだが、気軽な装備で行けてしまうところが、何ともペルーなのだ。防寒さえできていれば、特別な山の装備は要らない。靴もトレッキングシューズで十分だ。でも空気は非常に薄く、気軽に行ける非常に苛酷な場所なのだ。
PAS2_021.jpg
ここはツアーバスの駐車場、ちょうど9合目あたりになる。向こうには目的地の氷河が見えている。
PAS2_006.jpg
この9合目から9.5合目までは馬で登っていく。
PAS2_007.jpg
雄大な景色を見ながら、馬に揺られていく。
PAS2_008.jpg
こういった景色はスイスの景色そのものだ。でも、優雅な登山はここまで。
PAS2_010.jpg
道しるべには「行くのは困難だ、でも、不可能ではない」と書かれている。この9.5合目からは、自力で登って行かなくてはいけない。
PAS2_019.jpg
そんなに長い道のりでもないのだが、これがとてつもなくしんどい。酸欠で目の前の景色が黄色く見えるようになった。そんな我々に付き添うように、おじさん達がニコニコついてくる。ギブアップした登山客を背負って登るポーター達だ。
PAS2_011.jpg
そんなオッサンの世話にはなるわけにはいかんと、何とかたどり着いた。これがパストルリ氷河だ。
PAS2_012.jpg
氷の柱が見えるだろうか。
PAS2_016.jpg
ベースが5,000mで頂上が5,400m。でも、当時9歳のうちの娘でも来れてしまうのだ。マッターホルンが4,478m。ヨーロッパ最高峰のモンブランが標高4,810mなわけであるから、この高さは尋常ではない。
PAS2_018.jpg
帰路は雄大な景色を満喫しながら、馬の背に揺られて下っていく。
PAS2_017.jpg
写真では伝わりにくいのだが、とんでもなく豪快な景色だ。
PAS2_027.jpg
高地独特の景色を見ながら、ワラスの街へ帰っていく。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第75回 ペルーのスイス・ワラス4(ペルー):チャビン・デ・ワンタル遺跡

今回は、ワラスからのもう一つの観光スポット、世界文化遺産にも登録されている、チャビン・デ・ワンタル遺跡へ向かう。この遺跡は、標高3200mにある神殿遺跡で、紀元前1500年から300年頃に栄えた古代アンデス文明のチャビン文化の遺跡だ。
Chavin_012.jpg
遺跡に向かう途中で立ち寄った、ケロコチャ湖(Lag. Querococha)、なんと標高3980mと富士山よりも高い。
Chavin_013.jpg
標高4000mから望む山々は、もちろん5000〜6000mクラスの山々。湖の水は澄んでいて、幻想的な雰囲気だ。
Chavin_018.jpg
おんぼろバスに揺られて、チャビンの村に到着した。
Chavin_019.jpg
アンデスの田舎そのものという素朴な風景。
Chavin_017.jpg
これは、村の薬屋さん。どこにでもある、よろずやといった感じだ。
Chavin_001.jpg
遺跡にはいると、博物館のようになっており、数々の出土品が展示されてあり、これが結構興味深い。これは動物を模ったレリーフ。
Chavin_002.jpg
これは「カベッサ・クラバ」、直訳すると「頭の釘」。この遺跡の代表的な出土品だ。
Chavin_003.jpg
これは遺跡のミニチュアモデル。左上の壁を見てみると。
Chavin_026.jpg
この「カベッサ・クラバ」が壁に突き刺してある。
Chavin_025.jpg
実際にはこんな感じだ。
Chavin_005.jpg
ここは遺跡の広場。
Chavin_008.jpg
このあたりは何か生活感を感じる。
Chavin_022.jpg
このチャビン・デ・ワンタル遺跡は地下回廊があることで有名で、地下に「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体がある(高さ約4.5m)。このあたりから地下に入っていく。
Chavin_024b.jpg
こんな感じで地下に回廊が張り巡らされている。1996年の在ペルー日本国大使公邸がテロリストに占拠された事件で、当時のフジモリ大統領が、地下道を掘って武力突入した作戦名を「チャビンデワンタル作戦」としたことでも有名だ。
Chavin_023.jpg
この向こうに「ランソン」がある。
Chavin_030.jpg
遺跡周辺の風景。のんびりとロバが橋を渡っている。
Chavin_029.jpg
橋の袂では、村のお母さん達が、洗濯をしていた。

次回からはがらりと変わって、ペルーのアマゾン・ジャングルを紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第76回 アマゾンのジャングルへ1(ペルー):プエルト・マルドナード

ペルーというと「高地」というイメージが強いが、実際には3つの気候帯がある。首都のリマがある海岸部は砂漠地帯、アンデスの高山地帯、そしてアマゾンの熱帯雨林と、一つの国土に様々な気候帯が存在する。
今回は、アマゾンの熱帯雨林ジャングルを紹介する。アマゾン川は世界最大の流域面積を持つ川で、多くの支流があり、北はコロンビア、エクアドルからペルー、ボリビア、ブラジルを流れる。
PMaldo001.jpg
飛行機の窓から、雪を被ったアンデスの山々を眺めていたら。
PMaldo006.jpg
景色が一転して、眼下に緑のジャングルが広がってきた。
PMaldo008.jpg
蛇行しながら流れているのが、アマゾン川だ。
PMaldo012.jpg
流れは緩やかで、独特の色をしている。
PMaldo013.jpg
アマゾン・エコツアーの玄関口、プエルト・マルドナードに到着した。高山地帯にあるインカ帝国の都クスコから、空路30分程度で、熱帯雨林ジャングルに来てしまう。何とも不思議な感覚だ。
PMaldo017.jpg
車にエアコンなど求めてはいけないこの地域では、風を切って走る、このモトタクシーが住民の足だ、
PMaldo018.jpg
HONDAのマークが何とも怪しい。
PMaldo020.jpg
ファンキーにペイントされたボンネットバスも、現役で活躍している。
PMaldo025.jpg
村の桟橋から、小型ボートに乗って、ジャングルの中にあるロッジへ向かう。
PMaldo200.jpg
ボートから眺める空の景色が、高地とは全く違う。乾いた青ではなく、夏の青だ。
PMaldo237.jpg
今回宿泊したフランス人が経営しているロッジ「Lodge Corto Maltes Amazonia」。寝室には蚊帳が張られている。
室内はなかなか快適だ。
PMaldo030.jpg
部屋のバルコニーにあるハンモックで昼寝。
PMaldo031.jpg
何気にオウムがやって来る。
PMaldo127.jpg
シロムネオオハシにも気軽に出会える。
PMaldo079.jpg
ロッジ内にいるシロムネオオハシは人懐っこい。
PMaldo067.jpg
もちろんタランチュラもいる。
PMaldo181.jpg
そうこうしているうちに日が暮れてきた。
PMaldo033.jpg
アマゾンの夕暮れはすごく絵になる。
PMaldo064.jpg
夜中のボートサファリ。きらりと光った眼は小型ワニのカイマンだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第77回 アマゾンのジャングルへ2(ペルー):プエルト・マルドナード

アマゾン・エコツアーの2日目。早朝から歩いてジャングルの中に入っていく。
PMaldo042.jpg
エコーツアーには、必ず専属のガイドがついて、ジャングルの動植物の生態系について解説をしてくれる。
PMaldo044.jpg
今回は乾期に訪れた。雨期は緑が鮮やかでより美しいが、地面がぬかるんで大変らしい。
PMaldo121.jpg
朝の目的は、インコの見物。もの凄い数のインコが土の壁に集まり、土をかじっている。
PMaldo119.jpg
土に含まれている塩分を摂るためで、土のミネラルはジャングルの貴重な塩分源なのだ。一斉に飛び立っては集まりを繰り返し、中々のエンターテインメントだ。
PMaldo098.jpg
ロッジに戻って、今度は船でアマゾンを進み、ジャングルに入っていく。
PMaldo137.jpg
鳥や獣の鳴き声があちこちから聞こえる中、船は静かに奥に入っていく。
PMaldo097.jpg
あまり見たことのない果実を発見。
PMaldo196.jpg
これはスターフルーツだ。輪切りにすると星の形をしている。
PMaldo129.jpg
このジャングルには、色んな種類の猿が生息している。
PMaldo087.jpg
アマゾンの支流を進んでいく。
PMaldo191.jpg
途中、何やら作業をしている人達を発見。近づいてみると。
PMaldo094.jpg
これは川の泥から砂金を採る作業らしい。
PMaldo093.jpg
泥をくみ上げて、ビニールシートでふるいにかけるといった、きわめて原始的な方法で砂金を集めている。
砂金集めはこの地域の大事な産業なのだ。
PMaldo189.jpg
漁をしている人を発見。
PMaldo190.jpg
網には大きな魚がかかっていた。見せてもらったお礼にガイドさんが、手巻きたばこを1本プレゼントしていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第78回 アマゾンのジャングルへ3(ペルー):プエルト・マルドナード

アマゾンのエコ・ツアー2日目。
PMaldo229.jpg
ジャングル内の支流での魚釣り、なんとピラニア釣りだ。道具はいたって簡単、枝の棒っ切れに釣り糸と針。エサは牛肉の切れ端。
PMaldo203.jpg
こんなモノで釣れるのかと半信半疑であったが、まずは下の娘が難なく1匹目をゲット。
PMaldo206.jpg
上の娘も2匹目をゲット。
PMaldo235.jpg
本日の釣果はこの2匹のみ、後はみんなボウズであった。
PMaldo240.jpg
釣った魚は夕食の席に調理されて出てきた。食べてみると、淡泊な白身で美味であった。
PMaldo228.jpg
エコ・ツアーも終わり、再び船でプエルト・マルドナードの街を目指す。
PMaldo241.jpg
バナナを満載したモトタクシー。ジャングルの街らしい光景だ。
PMaldo247.jpg
その街を知りたければ市場に行けと言う。確かに自分もそう思う。ということで、プエルト・マルドナードの市場をのぞいてみた。
南国らしく、色鮮やかな野菜や果物がならんでいる。左下の茶色いモノはタロイモ。
PMaldo249.jpg
米は主食で食べられていて、色んな種類の米が売られていた。
PMaldo242.jpg
ここは、香辛料屋さん。左下の白に赤字の袋は、味の素。アマゾンのジャングルにも"だし"文化が定着していた。そういえば、アンデスの高地、ボリビアのウユニの市場(第62回)にも味の素が売られていた。ちなみに"AJINOMOTO"はブラジルやペルーに大工場を持っていて、サトウキビを原料に味の素を製造している。
PMaldo252.jpg
豚肉や豚の顔、アマゾンで捕れた魚が売られていた。
PMaldo255.jpg
鶏肉やさん。何ともグロテスク。
PMaldo258.jpg
野菜は何か巨大だった。
PMaldo257.jpg
市場のタクシー乗り場。

次回からは、南米大陸の南の果て、最も南極に近い"パタゴニア"を紹介していきたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第92回 リマという街1(ペルー):リマの街角

舞台を一旦ペルーに戻して、自分が4年間生活した、ペルーの首都リマの様子を紹介する。
Lima_023.jpg
リマの新市街、サン・イシドロ地区。高層ビルの多くは、富裕層や外国人が暮らすマンション。リマに駐在する日本人の多くが、このマンション群に暮らしている。高層ビルの奥に見える緑は、ペルーで一番の名門ゴルフクラブ、リマ・ゴルフ。サン・イシドロ地区の住人は、この街中に広がるゴルフ場を見下ろして生活している。さぞかし便利か?と思いきや、日本人を含め白人以外はほとんど会員にはなれないのだ。目の前のゴルフ場でプレーが出来ない現実。ペルーが白人社会であることを目の当たりにする光景だ。
Lima_024.jpg
写真中央の土の盛り上がりはインカの遺跡。こんな街中にも遺跡がある。
Lima_026.jpg
夜は遺跡がライトアップされる。
Lima_031.jpg
ここはもう一つの新市街、ミラフローレス地区。海を見下ろすように高層マンションが立ち並ぶ。ハワイやマイアミのような光景なのだが。。。夏はいいが、冬は写真のように霧に覆い隠されてしまう。住人曰く、雲の上で生活しているようとのことで、湿気が高く、カビに悩まされる。リマは地理的には砂漠気候でほとんど雨が降らず、緯度からは本来、気温の高い場所なのだが、リマの沿岸には寒流のフンボルト海流が流れていて、海上の大気が冷やされ、雲が発生する。
Lima_032.jpg
写真のように、海から、霧が覆い被さるように発生する。これが、砂漠地帯で雨が降らないにも関わらす、高湿度でカビになやまされるというリマの特殊な気象条件だ。
Lima_029.jpg
リマの旧市街、セントロ。
Lima_028.jpg
歴史的な建造物が多く、見る価値は高いのだが、治安が悪く、なかなか訪れる機会は少なかった。
Lima_027.jpg
これは大統領府の衛兵交代式。国歌が流れて、なかなか壮観な催しだ。
Lima_044.jpg
セントロの中華街。
Lima_038.jpg
リマには多くの中国系移民が生活していて、中華料理がしっかりと根付いている。いわゆるチャーハンはチャウファと言って、すでにペルー料理になってしまっている。日本人の味覚に合うおいしい中華料理だ。
Lima_034.jpg
このおじさんは何をしてるか?犬を売っている。
Lima_036.jpg
美味しい中華レストラン、サロン・カポン。
Lima_037.jpg
ここの北京ダックは自分が今まで食べた中で一番美味しかった。スキンヘッドのおじさんは、リマでおなじみの日本食レストラン「TOSHIRO」のオーナーシェフ、トシさん。ペルーでは超有名人。
Lima_033.jpg
黄色い車はタクシー。リマで走っているタクシーの大半は日本車の中古車。何でも有りのペルーでは簡単に左ハンドルに変えてしまう。自分が子供の頃の車が現役で走っている。
Lima_035.jpg
おんぼろビートル。部品の組み合わせで色までまだら、これがペルーそのもの。
Lima_041.jpg
女性下着もこんな感じで売られている。
Lima_042.jpg
何とも不思議な感じがする。
Lima_043b.jpg
これは銀行の現金輸送車。テロ対策で、装甲車のようになっていて、扉がない。見かけは何でもない平穏な街並みなのだが、危険はいっぱいなのだ。
Lima_046.jpg
セントロから一歩離れると、ゴミが散乱している世界に直面する。
Lima_047.jpg
バラックが連なる。これがペルーの現実だ。
Lima_017.jpg
リマのきれいな夕日を一枚。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第93回 リマという街2(ペルー):噴水公園(Circuito Mágico del Agua)

南半球にあるリマのクリスマスは夏。ホワイトクリスマスとは無縁だが、夜は街のあちこちでイルミネーションが美しい。でも、夜のリマは危険がいっぱい。なかなか夜の風景をゆっくり楽しむのは難しい。
IMG_2742.JPG
旧市街の日も暮れてきた。
IMG_2744.JPG
ステーキハウスの牛にも、クリスマスの首飾りが。。
IMG_2746.JPG
「リマの危険な夜を、安全に見物したい!」という要望にこたえて登場したのが、この「ミラバス」。2階建て観光バスで、日暮れ時に旧市街を出発し、リマの主要な観光名所をめぐる。
IMG_2751.JPG
この「ミラバス」に乗ってみた。2階はこんな感じでオープンエア。
IMG_2753.JPG
4年間生活して、夜の旧市街を見るのは初めてだ。
IMG_2759.JPG
屋根が無いので、景色がすごく近くに感じる。
IMG_2761.JPG
街中にも大きなクリスマスツリーのイルミネーション。
IMG_2970.JPG
最初の目的地は、2007年に突如造られた、噴水公園(Circuito Mágico del Agua)だ。
IMG_2795.JPG
世界一大きな噴水の公園として、ギネスに認定されている?そうだ。。
IMG_2819.JPG
地方では、水道がまだ行き届いていないところも多いというペルーに、なんで噴水公園??という感じであったが、
IMG_2845.JPG
リマっ子には大人気のようであった。
IMG_2852.JPG
これが結構なスケールで、楽しめる。
IMG_2853.JPG
なかなかのアトラクションなのだ。一見の価値はあり。
IMG_2947.JPG
最後は大きなクリスマスツリーを。
IMG_2976.JPG
一歩外に出ると、おんぼろミニバスが車線を奪い合う、喧騒の街、リマ。
IMG_2978.JPG
古い建物がライトアップされてきれいだ。
IMG_2984.JPG
街の汚れを、暗闇が隠してしまう。リマの夜がこんなにきれいとは知らなかった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第94回 リマという街3(ペルー):夜のメリー・クリスマス

IMG_3043.JPG
「ミラ・バス」はクリスマスのイルミネーションで飾られた、夜の旧市街を走っていく。
IMG_3076.JPG
見慣れた旧市街の建物も、何か雰囲気が違って見える。
IMG_3021.JPG
上品か、下品かは別として、古い建物もイルミネーションで飾られている。
IMG_3047.JPG
このクリスマスの時期には、アルマス広場が特に美しく飾られ、一見の価値がある。
IMG_3056.JPG
夜のリマ旧市街は危険なので、見たくても見れなかった人たちに、この「ミラ・バス」はありがたい。
IMG_3063.JPG
好調なペルーの経済状態を反映してか、企業広告を兼ねた大小さまざまな電飾ツリーが飾られている。
IMG_3074.JPG
大統領府も派手に飾られている。
IMG_3078.JPG
カテドラル(大聖堂)もきれいにライトアップされている。
IMG_3099.JPG
喧噪の街、リマで、少しおしゃれなクリスマスを楽しんだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ