お知らせ

伊東内科クリニックからのお知らせです。

7月3日 夏期休診のお知らせ(8/9〜15休診)。

  • 2018.07.03
  • by 伊東内科クリニック

お盆休みにつきまして、
8月9日(木)から15日(水)までを休診とさせていただきます。
16日(木)より通常通り診療いたします。
よろしくお願いいたします。

4月 1日 高齢者用 肺炎球菌ワクチン接種費用助成につきまして

  • 2018.03.31
  • by 伊東内科クリニック

肺炎は日本人の死因の第3位で、その9割を65歳以上の方が占めています。高齢者用肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌莢膜型の約80%に対応することができ、ワクチンの接種により肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待できます。

1.接種回数は1回で5年間有効です。

2.接種費用:下記の対象者はワクチン接種費用の一部が公費で助成されます。
  自己負担額 4,400円 

3.対象者:
・平成30年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間)に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳及び100歳となる大阪市民の方

  65歳: 昭和28年4月2日生から昭和29年4月1日生
  70歳: 昭和23年4月2日生から昭和24年4月1日生
  75歳: 昭和18年4月2日生から昭和19年4月1日生
  80歳: 昭和13年4月2日生から昭和14年4月1日生
  85歳: 昭和8年4月2日生から昭和9年4月1日生
  90歳: 昭和3年4月2日生から昭和4年4月1日生
  95歳: 大正12年4月2日生から大正13年4月1日生
 100歳: 大正7年4月2日生から大正8年4月1日生
 
・60歳以上65歳未満の市民の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障がい者手帳1級相当)

詳しくはここをご覧下さい。

4.同時に自費でのワクチン接種も継続して行っております。
  接種料金: 7,100円

12月1日 診療時間が変わりました。

  • 2017.12.27
  • by 伊東内科クリニック

12月1日より下記の通り診療時間を変更しました。

午前診 (新)午前9時から12時まで (旧:12時30分まで)
午後診 (新)午後4時から7時まで  (旧:6時30分まで)

午前診の終了が早くなり、午後診の終了が遅くなります。 
よろしくお願いします。

5月30日 帯状疱疹ワクチンについて

  • 2017.05.30
  • by 伊東内科クリニック

帯状疱疹(ヘルペス)は、幼児期に感染した「水ぼうそう」のウイルスが原因で発症する疾患で、80歳までに3人に1人が経験すると言われています。
帯状疱疹の合併症の一つとして帯状疱疹後神経痛があり、皮疹が治った後も、痛みが長期間残ることがあります。
小児への「水痘ワクチン」が普及し、小児の「水ぼうそう」が減少したことで、逆に、成人の「帯状疱疹」が増加傾向にあります。

「帯状疱疹」を予防するワクチンが、50歳以上で承認されました。
1回の接種で生涯有効です。

接種費用:7,100円

4月 1日 高山病予防薬の処方について

  • 2015.04.01
  • by 伊東内科クリニック

ブログを読んでいただいた方からの問い合わせを、たくさんいただきましたので、
当院でも、高地を旅行される方への高山病予防薬(ダイアモックス)の処方を開始しました。

保険適応外となりますので、自費診療となります。

高山病予防薬(診察、問診、ダイアモックス5錠:5日分):3,000円

お電話にてお申し込み下さい。(06-6786-1114)

*高血圧、心臓病などの持病をお持ちの方はお薬手帳など、現在服薬中のお薬の記録をお持ち下さい。

院長はペルーで4年間勤務し、クスコやチチカカ湖等で起こる、日本人旅行者の高山病トラブルの救援に関わってきました。
院長自身もアンデスの高地(3500から5000m)の旅行経験は豊富で、高山病の恐ろしさを自らも経験しております。
是非、「高山病とその予防について」をご一読下さい。

10月 1日 睡眠時無呼吸スクリーニング検査のご案内

  • 2014.09.16
  • by 伊東内科クリニック

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、大きないびき、睡眠中の無呼吸(呼吸が止まる)、日中の強い眠気などが特徴で、自分ではなかなか気づかず、家族からの指摘で病院を受診される方が多いのが特徴です。
また、この病気は肥満を伴い、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症などのいわゆる生活習慣病を合併されている場合も多く、総合的な管理が必要です。
睡眠時無呼吸症候群は近年注目されるようにはなってきましたが、専門的な検査、治療の行える施設はまだまだ少ないのが現状です。

当院ではご自宅で行える睡眠時無呼吸スクリーニング検査を実施しております。
検査は簡単で、携帯型の機械を装着してご自宅で一晩眠っていただくだけです。

・いびきがひどく、睡眠中に呼吸が止まっている(10秒以上の無呼吸)ことがよくある。
・日中に強い眠気を感じ、よく居眠りをする。

などの症状がある方は,睡眠時無呼吸スクリーニング検査を受けてみられることをお勧めいたします。
当院ではCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)も行っております。

お気軽にご相談下さい。