院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第74回 ペルーのスイス・ワラス3(ペルー):標高5,000mのパストルリ氷河へ

おんぼろバスはガタガタ山道を爆走していく。景色があまりに雄大で、スピードを感じない。
PAS2_026.jpg
雪を冠した山が見えてきた。6,000m級の山だ。
PAS2_022.jpg
これから向かうパストルリ氷河は、その裾が標高5,000m。自分たちには想像を絶する高さなのだが、気軽な装備で行けてしまうところが、何ともペルーなのだ。防寒さえできていれば、特別な山の装備は要らない。靴もトレッキングシューズで十分だ。でも空気は非常に薄く、気軽に行ける非常に苛酷な場所なのだ。
PAS2_021.jpg
ここはツアーバスの駐車場、ちょうど9合目あたりになる。向こうには目的地の氷河が見えている。
PAS2_006.jpg
この9合目から9.5合目までは馬で登っていく。
PAS2_007.jpg
雄大な景色を見ながら、馬に揺られていく。
PAS2_008.jpg
こういった景色はスイスの景色そのものだ。でも、優雅な登山はここまで。
PAS2_010.jpg
道しるべには「行くのは困難だ、でも、不可能ではない」と書かれている。この9.5合目からは、自力で登って行かなくてはいけない。
PAS2_019.jpg
そんなに長い道のりでもないのだが、これがとてつもなくしんどい。酸欠で目の前の景色が黄色く見えるようになった。そんな我々に付き添うように、おじさん達がニコニコついてくる。ギブアップした登山客を背負って登るポーター達だ。
PAS2_011.jpg
そんなオッサンの世話にはなるわけにはいかんと、何とかたどり着いた。これがパストルリ氷河だ。
PAS2_012.jpg
氷の柱が見えるだろうか。
PAS2_016.jpg
ベースが5,000mで頂上が5,400m。でも、当時9歳のうちの娘でも来れてしまうのだ。マッターホルンが4,478m。ヨーロッパ最高峰のモンブランが標高4,810mなわけであるから、この高さは尋常ではない。
PAS2_018.jpg
帰路は雄大な景色を満喫しながら、馬の背に揺られて下っていく。
PAS2_017.jpg
写真では伝わりにくいのだが、とんでもなく豪快な景色だ。
PAS2_027.jpg
高地独特の景色を見ながら、ワラスの街へ帰っていく。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ