院長のコラム | リトアニア

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第24回 すてきな小国1(リトアニア):ヴィリニュス旧市街

 舞台はまた東ヨーロッパに戻って、自分が大好きな小国リトアニアをこれから数回にわたって紹介する。仕事、プライベートでかれこれ20回近く訪れた。リトアニアはポーランドの右上、バルト海に面したバルト三国の一つで、民主化されるまではソ連に組み込まれていた国だ。歴史上、ポーランドと一つの国になっていたこともあり、隣国ポーランドとの国民感情は複雑だ。
リトアニア2.jpg
 リトアニアはラトビア、エストニアとバルト海を面して並んでおり、これら三国をまとめてバルト三国と呼ばれるが、実際には言語も歴史的背景も全く異なり、あまり横のつながりはないように思える。
 言語はリトアニア語で周囲の国々の言語とは語源から全く異なり、世界で300万人しか使用していない特殊な言葉だそうだ。ちなみに「ありがとう」は「アチュ」という。歴史の関係から、多くの人々がロシア語、ポーランド語を話せるのだが、自分たちからはあまり話そうとはしない。英語を話せる人はまだ少なく、自分は露店のおばちゃんとは片言のポーランド語でコミュニケーションを取っていた。
Lithuania001.JPG
 ポーランドからは当然、陸路で行くことも出来る。この料金所のようなところが国境だ。
Lithuania042_R.jpg
 リトアニアの首都、ヴィリニュスの朝の風景。旧ソ連の国々は建物などが無味乾燥で殺風景な街が多いのだが、この街はなんか洒落ている。
Lithuania043_R.jpg
 きれいな大聖堂
Lith0508025.jpg
 ヴィリニュスの旧市街はこじんまりとしているが、なかなか味のある街並みだ。
Lithuania047_R.jpg
 旧市街のゲディミナス通り、旧ソ連時代は数少ないウインドーショッピングのできる街並みと言われていたそうだ。
Lith0508026.jpg
 街のあちこちに路地があり、これが何ともいい雰囲気なのである。
Lithuania011_R.jpg
 こういった古い路地も多い。
Lithuania098.jpg
 これは夜明けの門。この中に木製のマリア像が祭られている。
Lithuania101.jpg
 地方からも、色んなお願い事にここへやって来るのだそうだ。涙を流しながら祈り続ける老人の姿が印象的であった。
Lithuania087.jpg
 この旧市街で自分の一番のお気に入りがこの聖アンナ教会だ。煉瓦造りのゴシック様式の教会で何とも美しい。
Lithuania086.jpg
 自分は建築物にはあまり興味はないのだが、この教会だけは別で、いつも写真を撮っていた。いわば魅せられてしまった教会だ。
Lith0508034.jpg
 魅せられてしまったのは自分だけではないようで、1812年、ロシアに侵攻したナポレオンがこの教会を見て、「フランスに持ち帰りたい」と語ったと言われているそうだ。
IMG_00641.jpg
 夜はライトアップされて、また別の顔を見せる。
IMG_0066.jpg
 夜もどことなく整然としているのが、逆に不思議な感じがする。
IMG_0045.jpg
 夜の聖アンナ教会ももちろんきれいだ。

リトアニアについて
 リトアニアの国技はバスケットボールで、サッカー好きが多いヨーロッパでは珍しい。確かに背の高い人が多く、アメリカのNBAで活躍している選手も多いと聞く。
 体格は大柄なのだが、この国の人々は非常に繊細で少しシャイ、日本人とどこか通じ合うところがある。
大国主義的な隣国ポーランドと小国リトアニア、その特徴はレストランなどで顕著に見られる。ポーランド人はあまり小さな事は気にしない。おおらかとも言えるし、繊細さに欠けるとも言える。そこそこのレストランでもスープが冷めて出てくることが何度もあったし(これは本当に)、食器がかけているなんて事はよくあった。一方のリトアニアは街中のカフェでさえ、ナイフとフォークの配置に非常に気を遣い、料理の盛りつけも実に繊細であった。大学の学食のマッシュポテトでも、フォークの先で波模様に飾り付けるといった具合だそうで、ホテルの朝の目玉焼きも、盛りつけにひと工夫されて出てきたのには本当に感心した。
 美しい冬の景色はまた改めて。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第25回 すてきな小国2(リトアニア):トラカイ城とキビナイ

 もしリトアニアに行くことがあったら、必ず行って欲しいところがこのトラカイ城だ。ヴィリニュスから車で30分程度、美しい湖に浮かぶように建つ古城だ。夏は湖でヨットやボートを楽しむことができるし、冬は湖が凍り一面の白い世界。城まで歩いて渡れるようになる。
Lith0508004_R.jpg
 このあたりは森と湖に恵まれた美しい地域だ。実際は湖の島に造られた城なのだが、城があたかも湖に浮かんでいるように見える。
Lith0508009_R.jpg
 城までは橋を渡って行く。
Lith0508010_R.jpg
 このお城、いわゆるヨーロッパのお城とは何か雰囲気が異なる。
Lith0508012_R.jpg
 どこかアジアの匂いがする。
ヴィリニュス012_R.jpg
 歴史上、この地域には色んな民族が一緒に暮らしていた。特に14世紀にクリミア半島から連れてこられたトルコ系のカライム人の影響が色濃く残っている。
Lith0508015_R.jpg
 湖の畔から眺める城の景色が一番好きだ。この周囲には旧ソ連の軍帽やバッチなど、面白い土産物を扱う露店がでる。
Lith0508020_R.jpg
 リトアニアの女性は他の東欧諸国と同様に美しく、こうして見ても絵になる。
Lith0508021_R.jpg
 湖の周辺の家屋もまた特徴があり、これらがカライム人の住居だ、トラカイ城に行くもう一つの大きな目的はこの店に行くことなのだ。トラカイ城の駐車場から歩いてすぐの場所にある。
Lith0508022_R.jpg
 トラカイに行ったら必ずこの店で食べて欲しいのが、「キビナイ」という羊肉のメートパイだ。
Lithuania018_R.JPG
 羊は苦手という方も多いだろうが、恐らく羊肉だと言われなければ気づかないぐらい、全く肉の臭みが無く、ジューシーで本当に美味い。リトアニア自慢のビールと共にあつあつを頬張る。
Lith0508024_R.jpg
 やはりここもヨーロッパ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第26回 すてきな小国3(リトアニア):キャンドルハウスとコウノトリ

 リトアニアで、その魅力にどっぷりはまってしまいコレクターになってしまったものがある。陶製のキャンドルハウスだ。中にろうそくを入れて部屋の明かりを消すと、何とも柔らかい光が窓から外に伸びてくる。
C0.jpg
 男の買う物かと笑われそうだが、リトアニアに行く度に買い集め、かれこれ150個ぐらいは買ったかも知れない。クリニックにはその一部を飾っている。
C5.jpg
 このキャンドルハウス、リトアニアに行けば簡単に買えるかというとそうでもない。まずリトアニアの人達が、このキャンドルハウスについてほとんど知らない。元々が輸出用に造られているので、国内では数少ない露店で観光客向けに売られているだけなのだ。逆に日本では「リトアニア キャンドルハウス」と検索してみると、ネット通信販売が結構行われている。
C10.jpg
 こういった、素朴な田舎の民家をモチーフにしたり、
C7.jpg
C8.jpg
 ドイツなど西欧諸国の市庁舎や教会などを模った物が多い。
きのこ.jpg
 なかには、キノコの家などメルヘンチックなものもあるし、
anna.jpg
 前回に紹介した聖アンナ教会を忠実に再現した物まである。
Lithuania008_R.JPG
 街の露店でこんな感じで売られている。
Lithuania103_R.JPG
 この露店は、自分が知る限りヴィリニュスで唯一、聖アンナ教会のキャンドルハウスを売っている露店だ。
Lithuania045_R.JPG
 露店の常連になり、おばちゃんに頼んで自宅兼倉庫に連れて行ってもらった。おばちゃんにしてみれば、数ヶ月に一度現れて、キャンドルハウスをあれこれ買い込んでいく「謎の東洋人バイヤー」とでも思っていたのだろう。片言のポーランド語のみでよくやったものだと自分でも感心する。
Lithuania063_R.JPG
 このキャンドルハウスは全部が手作りで、2つとして同じ物はない。同じデザインでもみな少し異なっているのだ。趣味が興じて、家族でリトアニアに休暇で行った際に、このキャンドルハウスの工房まで足を伸ばすことにした。
Lithuania069_R.JPG
 本当に一つ一つ手作りで、粘土で型を作って、
Lithuania065_R.JPG
 窓や模様をくり抜いていく。
Lithuania064_R.JPG
 形が出来たら、色を付けていく。何とも細かい作業で、リトアニアらしい繊細さを感じた。
Lithuania067_R.JPG
 棚には出来上がった大小様々な作品が置かれていた。写真を送ればどんな建物でもそれをキャンドルハウスにしてくれるという。
Lithuania111_R.JPG
 車での帰り道、日本では見られない珍しい光景をみた。リトアニアとポーランドの国境付近、車が行き交う道路沿いの電柱の上に、なにやら鳥の巣のようなものが。
Lithuania110_R.JPG
 なんとこれはコウノトリの巣。
Lithuania122_R.JPG
 ポーランドでもコウノトリは赤ちゃんを連れてくる幸せの鳥として大切にされている。自然の巣もあれば、人工的に作ったような巣もある。ちなみにポーランドではコウノトリのことを「ボッチャン」という。日本人にはなじみやすい名前だ。
Lithuania113_R.JPG
 これは6月の風景で、ちょうど子育てをしている季節だった。

次回はポーランドの「黄金の秋」。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

第95回 冬のリトアニア:凍った街ヴィリニュスとトラカイ城

「ドクトル・イトウの地球の果てまで 」も4年目に突入。まだまだ紹介したいシーンが沢山残っている。新年は何からスタートしようかと考えて、やっぱり冬らしい景色はヨーロッパだと、一旦舞台をヨーロッパに戻す。
LIT00001.JPG
院長の大好きな国、バルト三国の一つリトアニア。第24回25回26回で夏の景色を紹介した。このリトアニアの冬は厳しいが、素朴で何とも美しい。
LIT00002.JPG
首都ヴィリニュス旧市街のゲディミナス城もほんのり雪景色。
LIT00003.jpg
ヴィリニュスは旧ソ連の中でもファッショナブルな街と言われていたそうだ。
LIT00004.jpg
旧市街ピリエス通りは派手さはないが、石畳がいい感じだ。
LIT00005.JPG
何故か、この冬のヴィリニュスが大好きだった。
LIT00017.jpg
ナポレオンが愛した聖アンナ教会も雪化粧。
anna.jpg
院長の宝物、聖アンナ教会のキャンドルハウス。
LIT00007.jpg
今では懐かしい、トロリーバスが街の足として走っていた。
LIT00008.JPG
凍てついた夜は、ライトに照らされて、これがまたいい感じ。
LIT000010.jpg
なんでもない路地も、絵になる。
LIT00015.jpg
ライトアップされて、暗い街に建物が浮かび上がる。
LIT00018.jpg
夜の凍った聖アンナ教会は特に美しい。
LIT00019.jpg
ヴィリニュス近郊にある、湖の中に浮かぶトラカイ城。夏の保養地として有名で、その美しい景気を第25回で紹介した。
LIT00020.JPG
何故か冬のトラカイ城を見たくなった。現地のスタッフは、「何をしに行くの?」と皆首をかしげた。冬にここを訪れるひとはほとんどいないらしい。
LIT00021.jpg
夏のリゾート地として知られるトラカイ城だが。
LIT00022.JPG
冬は湖が凍って、氷の中に浮かぶ城となる。
LIT00031.jpg
夏はヨットが似合うのだが。
LIT00032.JPG
白い世界に浮かぶトラカイ城は、空の青とのコントラストが美しい。
LIT00040.JPG
ふと見ると凍った湖面を歩く人がいた。
本年もよろしくお願いします。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • KO160053.jpg
  • K0160091.jpg
  • K0160086.jpg
  • K0160084.jpg
  • K0160083.jpg
  • K0160081.jpg
  • K0160073.jpg
  • K0160072.jpg
  • K0160071.jpg

写真一覧へ