院長のコラム | メキシコ

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第109回 メキシコの世界遺産を巡る1:プロローグ

メキシコは世界遺産の宝庫。マヤやアステカ文明の遺跡や美しい海など、見どころ満載の国だ。
Mex.jpg
今回からしばらく、メキシコの世界遺産を中心に、メキシコの魅力と穴場を紹介していきたい。
1MEX3.JPG
首都メキシコシティー、標高2240mの高地にある、ラテンアメリカ最大の都市だ。
1MEX1.JPG
旧市街は世界遺産に指定されている。 ソカロ(中央広場)
1MEX2.JPG
カテドラル(大聖堂)
2MUSEO1.JPG
国立人類博物館。自分は美術館や博物館にはあまり興味が無いのだが、この博物館は結構おもしろかった。
3テオティワカン001.jpg
古代宗教都市遺跡、テオティワカン。月のピラミッド
3テオティワカン002.jpg
太陽のピラミッド
4Guanajuato003.jpg
"メキシコで一番美しい街"といわれるグアナファト
4Guanajuato002.jpg
銀山で栄えた街で、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名で、世界遺産に登録されている。
4Guanajuato001.jpg
地下道の発達した、おもしろい街でもある。
5Chiten004.jpg
マヤ文明の遺跡、古代都市チチェン・イッツァ(世界遺産)。
5Chiten001.jpg
神秘的なピラミッドだ。
7Uxmal2005.jpg
ジャングルの中の都市遺跡、ウシュマル(世界遺産)
7Uxmal2003.jpg
丸みを帯びたピラミッドが特徴だ。
7Uxmal2002.jpg
遺跡の住人、イグアナも登場。
6Uxmal001.jpg
夜のライトアップショーは、また違った魅力がある。
12Tulum2.JPG
カリブ海に面した城塞都市遺跡、トゥルム
12Tulum1.JPG
青い海とのコントラストが美しい。
9Holbox001.jpg
メキシコ観光の穴場、HOLBOX(ホルボッシュ)島。エメラルド色の海に囲まれた、素朴な島なのだが。
11Holbox3003.jpg
この島の周辺は、ジンベイザメが集まってくる、世界有数の場所として有名だ。
11Holbox3004.jpg
シュノーケリングでジンベイザメと泳ぐことができる。ほんとに大迫力だ。
14Tikal2004.jpg
メキシコから一旦グアテマラに移動して、マヤ文明の都市遺跡、ティカル(世界遺産)を紹介する。
14Tikal2.JPG
鬱蒼としたジャングルの中にあり、マヤ遺跡の中では、群を抜いたスケールと神秘さを持っている。
15Cancun.JPG
最後にビーチリゾートのカンクンに戻って。(写真は院長)

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第110回 メキシコの世界遺産を巡る2:大都市メキシコシティー

まずは首都のメキシコシティーから紹介していこう。
Mex12.JPG
ラテンアメリカ最大の都市で、標高2240mの高地にある。地形が盆地状になっており、以前は大気汚染で悪名高かったが、自動車の排ガス規制が進んだお陰で,今はだいぶ改善されているようだ。
Mex02.JPG
街には高層ビルと古い街並みが混在している。
Mex01.JPG
旧市街は世界遺産に指定されている。
Mex08.JPG
街のシンボル、大聖堂。アメリカ大陸で最古かつ最大の大聖堂だそうだ。貫禄のある教会だ。
Mex10.JPG
中はいたってシンプルで上品だった。
Mex11.JPG
祭壇は重厚感のある造りだ。
Mex05.JPG
大聖堂は"ソカロ"と呼ばれる中央広場に面している。
Mex04.JPG
ソカロは歴史的にメキシコの政治的、宗教的中心となってきた。正面は国立宮殿(大統領府)だ。
Mex06.JPG
宮殿内の壁には、ディエゴ・リベラの壁画『メキシコの歴史』が描かれている。
Mex07.JPG
階段を上りながら見ていく。壮大なスケールの壁画だ。
Mex13.JPG
ソカロから一歩街中へ入っていくと、そこは中南米独特の街並み。
Mex14.JPG
何かゴチャゴチャしていて、危険な香りがして、でも、何か明るくて楽しい雰囲気だ。
Mex17.JPG
日用品の商店が中心で、大したものを売っているわけではないのだが、自分はこの雰囲気が結構好きだ。
Mex15.JPG
民族衣装で焼きトウモロコシを売ってるオバチャン。
Mex18.JPG
プロレスはメキシコの国技とも言われる人気スポーツ。露店でプロレスのマスクが売られていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第111回 メキシコの世界遺産を巡る3:国立人類学博物館

自分は美術館や博物館に、あまり興味がある方ではないのだが、リマの天野博物館と、この国立人類学博物館は、本当に印象深い博物館だった。
musium12.JPG
各文明毎にセクションが別れて展示されている。ここは第7室、メヒカ(アステカ)の部屋。一番奥の丸い石が有名なアステカ・カレンダー「太陽の石」。
musium14.JPG
この何とも奇妙な石像は、大地の女神、コアトリクエ。蛇のスカートをはき、頭は2匹の蛇が向かい合った顔をしている。
musium10.JPG
これはジャガーの石像。なんか、かわいく感じてしまう。
musium11.JPG
この何とも。。。なのは「死の神の司祭」。どうしても股間に目が行ってしまう。
musium13.JPG
この何か怖そうなのは、ショチビリという「花の王子」なのだそう。イメージと名前が全く違う。。
musium1.JPG
テオティワカンのセクションにある、ケツァルコアトル神殿のレプリカ。
musium2.JPG
テオティワカンの月の神殿の前に建っていたという「水の女神像」
musium17.JPG
オルメカの巨大人頭像
musium20.JPG
花の形や唇の辺りが、黒人の様な顔つきに見える。これも謎。。
musium21.JPG
こんな具合に発掘されたのだそうだ。
musium24.JPG
チャクモールと呼ばれる人物像で、真ん中の皿のような場所に生け贄を供えたらしい。
musium3.JPG
ここからはコミカルな土偶の数々。ほんとに見ていて飽きないし、謎がいっぱいだ。
musium4.JPG
豊穣のシンボルである女性の土偶
musium5.JPG
ペルーでも似たような土偶を見たような。
musium6.JPG
「アクロバット像」と呼ばれる土偶だが、なんか人を馬鹿にしたような顔つきがおもしろい。
musium9.JPG
退屈そうにも見える。
musium7.JPG
高嶋政伸に似ている。
musium8.JPG
何とも芸術的な、阿修羅男爵のような顔面像。
musium18.JPG
これはいかにも東洋系の顔つき。
musium19.JPG
何でこんな古代に中国人が??と考えてしまう。
musium23.JPG
これはどうみても相撲の力士に見える。
musium22.JPG
まわしをしめているようにも見える。そもそも原住民の体つきではないような。。。
この博物館ではほんとに、何で??と思うようなことにいっぱい出会える。記憶に残る博物館だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第112回 メキシコの世界遺産を巡る4:テオティワカン遺跡

メキシコシティーの北東50kmに世界遺産「テオティワカン遺跡」がある。
Teotihuacan001.jpg
テオティワカンは紀元前2世紀から6世紀頃まで存在したといわれる、テオティワカン文明の巨大な宗教都市遺跡だ。ピラミッドが見えてきた。
Teotihuacan002.jpg
メキシコといえばサボテン。
Teotihuacan003.jpg
地元の小学生達が遠足に来ていた。
Teotihuacan114.jpg
これが「太陽のピラミッド」。
Teotihuacan102.jpg
「太陽のピラミッド」を裏側から。
Teotihuacan105.jpg
このピラミッドは、非常にいい状態で保存されている。
Teotihuacan107.jpg
「月のピラミッド」側から、「太陽のピラミッド」を望む。右側の通りは「死者の大通り」。
Teotihuacan109.jpg
もう少し寄ってみると。
Teotihuacan121.jpg
このピラミッドは頂上まで登ることが出来る。高さは65 mだが、元々2300mの空気の薄い中、この登りは結構きつい。
Teotihuacan122.jpg
頂上が遙か彼方に感じる。
Teotihuacan123.jpg
頂上から「月のピラミッド」を望む。
Teotihuacan204.jpg
少しずつ寄ってみて、
Teotihuacan203.jpg
これが「月のピラミッド」。頂上付近がかなり崩れている。
Teotihuacan212.jpg
真下からの「月のピラミッド」。
Teotihuacan226.jpg
「月のピラミッド」は途中まで登ることが出来るが、これもかなりの急勾配。
Teotihuacan208.jpg
途中から頂上を望む。
Teotihuacan224.jpg
「月のピラミッド」の上から、「太陽のピラミッド」と「死者の大通り」。
Teotihuacan225.jpg
下りもかなりの急勾配で、鎖を持ちながら下りていく。
Teotihuacan413.jpg
ケツァルパパロトルの宮殿の、ジャガーの壁画。
Teotihuacan411.jpg
ケツァルパパロトルのレリーフ。
Teotihuacan415.jpg
ケツァルコアトル神殿
Teotihuacan417.jpg
ケツァルコアトル(鳥と蛇の合体)のレリーフ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第113回 メキシコの世界遺産を巡る5:メキシコで一番美しい街、グアナフアト

今回はメキシコシティーの北西370km、メキシコで一番美しい街と言われている、グアナフアトを紹介する。
Guanajuato101.jpg
グアナフアトまではバスで約5時間。座席はゆったりして、リクライニングできる、中々快適なバスだった。
Guanajuato103.jpg
途中、メキシコシティーの郊外を抜けていく。これは車のパーツ屋さん。ビートルのボディー部品などが山積みされている。何ともメキシコらしい光景。
Guanajuato110.jpg
グアナファトに到着。街を見下ろすように、ピピラの丘と呼ばれる、小高い丘が街の正面にある。
Guanajuato112.jpg
丘の頂上へは、年季の入ったケーブルカーで登っていく。
Guanajuato120.jpg
丘の上からは街が一望できる。この街は銀山で栄え、一時は世界の銀の3分の1を産出していたと言われる。スペイン植民地時代のコロニアル建築が美しく、世界遺産に登録されている。
Guanajuato122.jpg
カラフルに彩られた家がこの街の特徴。
Guanajuato123.jpg
正面の緑のスペースは公園だ。木々が屋根のように茂っていて、その下で人々は思い思いの時間を過ごしている。
Guanajuato201.jpg
街中の様子。
Guanajuato202.jpg
テアトロ(フアレス劇場)だ。
Guanajuato203.jpg
少し横道にそれると、こういったいい感じの空間がある。
Guanajuato204.jpg
ヨーロッパ調の美しい街並みだ。中南米特有のごみごみした感じがなく、スッキリしている。
Guanajuato205.jpg
これはグアナフアト大学、1732年にイエズス 会によって設立された、歴史的にも有名な大学。この階段やフアレス劇場を利用して、国際セルバンテス祭が毎年行われている。
Guanajuato211.jpg
エストゥディアンティーナという、中世スペインの学生服を来て、セレナータを歌いながら夜の街を歩く楽団。ちなみに「エストゥディアンテ」とは「学生」の意味。
Guanajuato226.jpg
カラフルな住宅街を歩いてみた。
Guanajuato227.jpg
山肌に沿って街が広がっているので、坂の小道が多い。
Guanajuato228.jpg
これは動物病院。看板がいけてる。
Guanajuato302.jpg
この街のもう一つの特徴は「地下道」。街のいたるところに、こういった「地下道」への入口がある。
Guanajuato308.jpg
「地下道」といっても単純な地下通路ではない。
Guanajuato309.jpg
地下に石畳で出来た、自動車用の交通網が整備されている。
Guanajuato310.jpg
基本的には自動車用だが、ところどころ歩道もある。
Guanajuato401.jpg
この街でもう一つ有名なのが、このミイラ博物館(Museo de las Momias)。
Guanajuato404.jpg
この地の特殊な土壌と乾燥した気候で、普通に埋葬したらミイラ化するのだそうで、100体近くが展示されている。
Guanajuato402.jpg
服を着たままのミイラもあって、凄くリアル。一見の価値有り。
Guanajuato407.jpg
商魂たくましく、お土産にミイラの形をした「ミイラ飴」が売っていた。
Guanajuato410.jpg
街の胃袋、イダルゴ市場。中々立派な建物だ。
Guanajuato414.jpg
教会風の建物の中には色んな店が出ていて、人でごった返していた。
Guanajuato415.jpg
色とりどりの果物。
Guanajuato416.jpg
カモテといわれる、サツマイモの原種の料理。
Guanajuato625.jpg
トウモロコシの屋台
Guanajuato629.jpg
双子の目玉焼きが2つ。これは珍しい、

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第114回 メキシコの世界遺産を巡る6:マヤの古代都市 チチェン・イッツァ

では、いったんメキシコシティーへ戻って、ユカタン半島のリゾート地カンクンへ空路移動。そこからマヤの遺跡をレンタカーで巡る旅をスタート。ユカタン半島は世界遺産の宝庫だ。
Chichen_Itza101.jpg
まずは、カンクンから一番近い、チチェン・イッツァ 遺跡(世界遺産)へ。カンクンから車で2時間半程度だ。
Chichen_Itza103.jpg
「カスティーヨ」(スペイン語で城の意味)と呼ばれるピラミッド。高さは24メートルあり、最上段に神殿がある。
Chichen_Itza106.jpg
保存状態のいい、立派なピラミッドだ。でも、本来はジャングルの中にあったはずで、観光用にあまりにも整然と整備されているのが残念と言えば残念だ。この辺の雰囲気は、今後紹介していくウシュマル、ティカルのピラミッドを見ると、本来の姿が見えてくると思う。
Chichen_Itza104.jpg
ピラミッド北面の最下段に、ククルカンという羽毛のある大蛇の姿をした神の頭がある。頭だけがあることに意味がある。
Chichen_Itza144.jpg
ピラミッドの4面には9段の階層があり、各面に91段の階段があって、最上段の1神殿の一段を足すと、4 X 91+ 1 = 365段となり、暦をあらわしていることになる。
Chichen_Itza116.jpg
春分の日と秋分の日の日没時、西日がピラミッドの階段側面に影をつくり、その陰がククルカンの頭とつながって、大蛇が姿を現す。9段の階層が作る影が、あたかも身をくねらせる胴体の様に見える。この現象は「ククルカンの降臨」と言われ、これを見るためにこの時期には大勢の観光客が押し寄せるそうだ。その様子はYoutubeでたくさん紹介されているので、一度見ていただきたい。
Chichen_Itza128.jpg
こういった自然現象も計算に入れて建造されているわけで、この文明が非常に高度な天文学を持っていたことがわかる。
Chichen_Itza129.jpg
ピラミッドの下で、パン!パン!と手をたたくと、ピラミッドにこだました音が、ピューン!ピューン!と電子銃のような音で返ってくる。これも面白い現象だ。これも計算されたモノなのだろうか。
Chichen_Itza191.jpg
遺跡の中を散策する。これは高僧の墓。やはり階段の最下段にククルカンの頭がある。
Chichen_Itza206.jpg
戦士の神殿と 千本柱の部屋
Chichen_Itza207.jpg
これは何のために造られたのか。。
Chichen_Itza211.jpg
金星の台座。
Chichen_Itza222.jpg
カラコル(かたつむり)と呼ばれる天文台。
Chichen_Itza223.jpg
これは尼僧院。
Chichen_Itza236.jpg
こんなところにも、チャクモールが(生け贄を乗せる台座)。
Chichen_Itza325.jpg
イグアナに遭遇。
Chichen_Itza326.jpg
何か、遺跡とイグアナが妙にマッチしている。
Chichen_Itza327.jpg
こんな蛇にも遭遇。
Chichen_Itza538.jpg
セノーテといわれる「聖なる泉」。ユカタン半島に多数見られる、石灰地層が作る自然の井戸の様なもの。
Chichen_Itza539.jpg
このセノーテはマヤの遺跡では最大のものであるらしい。
Chichen_Itza613.jpg
遺跡内にある、土産物の露店。
Chichen_Itza614.jpg
何処も同じようなものを売っているのだが、見ていて結構楽しい。
Chichen_Itza618.jpg
仮面は特に面白かった。
Chichen_Itza621.jpg
何処にでもある、パチモン。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第115回 メキシコの世界遺産を巡る7:マヤの古代都市 ウシュマル その1

次はユカタン半島を西へ移動して、マヤ文明が最盛期にあった7世紀から10世紀にかけて繁栄した古代都市、ウシュマル(世界遺産)へ。
Uxmal1002.jpg
ウシュマルといえば、この「魔法使いのピラミッド」。
Uxmal1004.jpg
魔法使いが暖めた卵から生まれた小人が、一日で造ったと言われる。角が丸いのが特徴だ。マヤの数あるピラミッドの中でも、この丸いピラミッドは珍しい。
Uxmal1006.jpg
他のピラミッドと同様に、上部に神殿がある。
Uxmal1008.jpg
高さ36.5メートルの巨大なピラミッドだ。
Uxmal1030b.jpg
側面から。
Uxmal1035.jpg
こちらが正面らしい。
Uxmal1036.jpg
尼僧院の方角から、ピラミッドをのぞき込む。
Uxmal1039.jpg
ピラミッドと他の建造物が繋がっている構造というのも珍しい。
Uxmal1040.jpg
少し離れて見たら、こんな感じ。
Uxmal1044.jpg
この遺跡の特徴である、プウク様式といわれる、ブロックを組み合わせた幾何学模様。
Uxmal1045.jpg
雨の神「チャック神」。雨の少ないこの地方では、この雨の神を崇拝したらしい。
Uxmal1046.jpg
これはウサギ??
Uxmal1049.jpg
途中で毛のない犬に遭遇。このあたりでは「アステカ犬」と言うらしい。同じような犬がペルーにもいるが、ペルーでは「インカ犬」と言われる。体温が高く、抱くと暖かいので、暖房代わりに重宝されてきたとのことだ。
Uxmal1050.jpg
高台よりピラミッドを望む。
Uxmal1052b.jpg
ジャングルから頭が飛び出したピラミッド。これが本来の姿なんだろうと思う。
Uxmal1060.jpg
アーチから「尼僧院」の中庭をのぞく。
Uxmal1062.jpg
中庭の四方に特徴的な建物があるが、保存状態はあまりよくない。
Uxmal1070.jpg
上方から「尼僧院」の中庭を望む。
Uxmal1072.jpg
「総督の館」。上部の壁面が見事なモザイクで出来ている。
Uxmal1076.jpg
壁だけが残っている、「鳩の家」。
Uxmal1099.jpg
やはり、マヤの遺跡にはイグアナがよく似合う。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第116回 メキシコの世界遺産を巡る8:マヤの古代都市 ウシュマル その2

Uxmal2001.jpg
強い日射しの中での日中の見学を終え、一旦ホテルに戻って、夕暮れ時に再び遺跡に戻る。
Uxmal2003.jpg
夕暮れ時の「魔法使いのピラミッド」
Uxmal2005.jpg
こういった大きな遺跡は、日の出と夕暮れ時が、日中とはまた違った姿を見せてくれる。
Uxmal2009.jpg
これから「音と光のレーザーショー」が始まる。
Uxmal2011.jpg
尼僧院の中庭を見下ろす高台に、座席が用意されている。
Uxmal2012.jpg
エジプトのピラミッドでも、同様のレーザーショーがあった。現地に宿泊しないと見ることが出来ない。
Uxmal2013.jpg
当時は儀式の折りに、松明で照らしたのだろうか。
Uxmal2015.jpg
光りが当たると、レリーフやモザイクがより鮮明に浮かび上がってくる。
Uxmal2017.jpg
どんどん日が暮れて、真っ暗になっていく。
Uxmal2022.jpg
音楽に合わせて、ライトアップが変わっていく。
Uxmal2024.jpg
暗闇の中に、遺跡だけが浮かび上がる。
Uxmal2032.jpg
「魔法使いのピラミッド」もライトアップされている。
Uxmal2034.jpg
最上段の神殿が照らされ、階段の一段一段が、日中よりもよりはっきり見える。
Uxmal2036.jpg
何とも幻想的だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第117回 メキシコの世界遺産を巡る9:マヤの古代都市 ティカル(グアテマラ)その1 

メキシコのユカタン半島を、マヤの遺跡を巡って移動してきたが、最大規模のマヤの遺跡はメキシコではなく、隣国グアテマラにあった。一旦カンクンに戻り、空路グアテマラの都市、フローレスへ移動した。
Tikal103.jpg
鬱蒼としたジャングルの中に、マヤの最大の神殿都市、紀元4世紀から9世紀頃にかけて栄えた、世界遺産"ティカル遺跡"はあった。
Tikal108.jpg
今まで見てきたマヤの遺跡とは異なり、ティカル遺跡は、自然に近いままの姿で発掘されていた。
Tikal110.jpg
グランプラサ(大広場)から見たI号神殿。
Tikal112.jpg
I号神殿、別名ジャガー神殿。
Tikal120.jpg
ティカル遺跡にはいくつものピラミッドがある。
Tikal125.jpg
グランプラサ(大広場)の北側に、北のアクロポリスと呼ばれる神殿群がある。
Tikal126.jpg
正面から見た、北のアクロポリス。
Tikal205.jpg
グランプラサ(大広場)を挟んで、I号神殿の正面にII号神殿がある。
Tikal429.jpg
IV号神殿に上り、ティカル遺跡を見下ろす。
Tikal453.jpg
ジャングルから突き出た神殿の先。左奥がI号神殿、次がII号神殿。右端がIII号神殿だ。
Tikal512.jpg
V号神殿。
Tikal514.jpg
なかなか立派で、きれいなピラミッドだ。
Tikal581.jpg
発掘される前はこんな感じであった。
Tikal526.jpg
このV号神殿には登ることができる。
Tikal534.jpg
ピラミッドの横には、かなり急な階段がついてあり、これを登っていく。
Tikal536.jpg
結構キツイ。
Tikal542.jpg
V号神殿の上から見下ろした景色。
Tikal545.jpg
右端がI号神殿。ここからは少し異なった角度から、神殿群を見下ろすことができる。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第118回 メキシコの世界遺産を巡る10:マヤの古代都市 ティカル(グアテマラ)その2 

翌朝、朝焼けのティカルを撮影しようと、早朝から出かけた。
Tikal101.jpg
ピンぼけで残念だが、月と1号神殿。
Tikal102.jpg
朝霧に包まれたティカルは幻想的で、これはまたいい感じ。
Tikal404.jpg
IV号神殿に登っては見たけれど、一面モヤに包まれていた。
Tikal418.jpg
少し晴れてくると、ジャングルの中から突き出た、神殿の尖端が見えてきた。
Tikal457.jpg
こんな日は観光客も少ない。現場で遺跡の修復作業をしているおじさん達と仲良くなってしまった。ティカル遺跡には日本政府からの文化無償資金協力が行われていることもあって、日本人と聞くと、えらく好意的に接してくれる。
Tikal502.jpg
ティカル遺跡付近には宿泊施設が少なく、遺跡内に数カ所あるだけだ。今回の宿は「TIKAL INN」
Tikal503.jpg
このホテル、夜は早くに電気が切れると書かれていたので心配していたが、なかなか雰囲気の良い、素朴なホテルだった。
Tikal701.jpg
緑で覆われた、神秘的な「7つの神殿の広場」。
Tikal703.jpg
まだ半分埋もれている遺跡。
Tikal706.jpg
「失われた世界:ロストワールド」の神殿。
Tikal708.jpg
この神殿は登ることができる。
Tikal702.jpg
ハナグマの一種。遺跡内には多くの野性動物が生息している。ライオンの声の様に吠える、サルの雄叫びがこだましていた。

今回訪れたマヤのピラミッド遺跡の中では、やはりティカルが断トツにすばらしかった。
ここから空路、再びメキシコのカンクンへ戻る。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第119回 メキシコの世界遺産を巡る11:海辺の城塞都市 トゥルム

マヤ遺跡巡りの最後は、海辺の城塞都市、トゥルム遺跡を紹介する。
Tulum103.jpg
カンクンから海岸沿いを車で走ること2時間弱で、トゥルム遺跡に到着。
Tulum104.jpg
ジャングルのピラミッド遺跡を立て続くに見て、少々食傷気味であったところに、海辺の遺跡は新鮮だ。
Tulum107.jpg
輝く太陽、青い海、青い空、緑の大地と遺跡のコントラストが美しい。
Tulum201.jpg
ジャングルの遺跡とは違って、明るく開放的な空間を歩いて行く。
Tulum204.jpg
海風の影響か、遺跡の保存状態はあまり良くない。
Tulum210.jpg
遺跡の中央にある大宮殿。左後方は「エル・カスティージョ(城)」だ。
Tulum206.jpg
大宮殿を別角度から。
Tulum214.jpg
左端が「降臨する神の神殿」、中央が「エル・カスティージョ(城)」
Tulum309.jpg
ビーチと断崖絶壁にある遺跡のコンビネーションがすばらしい。
Tulum502.jpg
遺跡にあるみやげ物屋。入口には「チャックモール」が。
Tulum504.jpg
遺跡内のATM。遺跡に調和するようにうまく工夫されている。
Tulum505.jpg
今回利用したホテル、Hotel Cabanas Luna Maya。素朴な海辺に面したホテルだった。
マヤの遺跡シリーズはこれで終了。次回は、ジンベイザメと泳げる島へ向かう

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第120回 メキシコの世界遺産を巡る12:ジンベエザメと泳ぐ その1

メキシコ旅行を計画している時、カンクンの近くにジンベエザメと泳げる島があるとの情報を得た。調べてみると、ジンベエザメが産卵のために集まってくるポイントだそうで、世界でもフィリピンとここの2カ所しかないそうだ。是非行ってみたくなった。
ユカタン半島の素朴な景色を見ながら、カンクンから車で3時間ほどでCHIQUILLA(チキーラ)の港に到着。そこからフェリーに乗って、今回の目的地、HOLBOX(ホルボッシュ島)へ向かった。
Holbox1004.jpg
本当に何もない、素朴な島だ。エメラルドグリーンの海、あまり見たことのない美しい色だ。
Holbox1010.jpg
地元の人達ものんびりムード。
Holbox1101.jpg
島の交通手段はタクシーではなくて、このカートだ。
Holbox1102.jpg
ゴルフ場のカートといった感じ。
Holbox1206.jpg
こんな感じで、カートタクシーはビーチを走っている。
Holbox1210.jpg
緑の海と白い砂浜しかない素朴な景色を見てると、本当に癒される。
Holbox1302.jpg
今回の宿はVillas Delphines。
Holbox1306.jpg
海側から見たホテル。
Holbox1320.jpg
素朴なバンガロータイプのホテルだ。
Holbox1324.jpg
バンガローにはコテージがついていて、
Holbox1328.jpg
ハンモックでのんびりすることも出来る。
Holbox1330.jpg
人影はほとんど無く、プライベートビーチのようだ。
Holbox1402.jpg
ここのサンセットは格別。
Holbox1410.jpg
カートも妙にマッチしている。
Holbox1412.jpg
いよいよ明日はジンベエザメに会いに行く。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第121回 メキシコの世界遺産を巡る13:ジンベエザメと泳ぐ その2

Holbox3102.jpg
翌朝ボートに乗り込み、いよいよジンベエザメに会いに出発だ。
Holbox3104.jpg
エメラルドグリーンの海を沖へ向かっていく。
Holbox3202.jpg
沖に出ると海の透明度は落ち、濁ってきた。ジンベエザメのエサであるプランクトンが豊富ななのだろう。
なんか鮫のようなひれが見えた。ジンベエザメだ。
Holbox3203.jpg
ちなみにジンベエザメは英語では「Whale shark」と書く。つまり「クジラのような鮫」。最も大きな鮫であり、最も大きな魚だ。
Holbox3206.jpg
背びれだけを見ていると、大きな鮫が近づいてきたのかと思ってしま。
Holbox3208.jpg
ボートを怖がることもなく、大きな口を開けて近づいてくる。
Holbox3210.jpg
この大きな口から海水を大量に取り込んで、プランクトンを濾し取ってエサにするらしい。
Holbox3302.jpg
いよいよジンベエザメとのランデブーに出発。
Holbox3308.jpg
ぷかぷか浮いていると、ジンベエザメの方から近づいてくる。
Holbox3310.jpg
手を伸ばせば、ジンベエザメに触れる。
Holbox3320.jpg
あっちからもこっちからも、どんどんジンベエザメが集まってくる。
Holbox3340.jpg
巨大なジンベエザメが自分たちに向かってくる。これは凄い!
Holbox3350.jpg
潜って水の中から見てみると、その大きさに圧倒される。遠いところを来てよかった。これは一見の価値がある自然のアトラクションだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第122回 メキシコの世界遺産を巡る14:カンクン リゾート

メキシコシリーズの最終回は、有名なリゾート地、カンクンビーチ。
Cancun104.jpg
メジャーな観光地ではあるが、海はきれいだ。
Cancun202.jpg
今回宿泊したのは「Marina El Cid Riviera Maya Spa & Beach Resort」。カリブのリゾートホテルに多い、All inclusive タイプのホテルで、宿泊費に全ての飲食代、マリンアクティビティー料金などが含まれていて、施設内ではすべて無料というシステムだ。日本のリゾートホテルのように、お酒や一部のアクティビティーは別料金などという野暮なことはない。ホテル内にはいくつもレストランがあって、レストランではアラカルトやコース料理も注文でき。何を飲んでも無料だ。
Cancun210.jpg
下の娘とシーカヤックに挑戦。もちろんこれも無料。
Cancun212a.jpg
エメラルド グリーンの海を、の〜んびりと。
Cancun214.jpg
ホテルのビーチはほとんどがプライベートビーチ。オンシーズンでも混雑することはない。
Cancun222.jpg
院長も昔取った杵柄で、ウインドサーフィンを。
Cancun244.jpg
カリビアンヘアーに編み上げてくれるサービスもある。ビーズの色も好きなように選べる。
Cancun252.jpg
カンクンの市街地、青い空と白い建物のコントラストが美しい。
Cancun258.jpg
カンクンの夕日。
Tulum280.jpg
そんなこんなでメキシコ編は終わりにしたい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • GC0338.JPG
  • GC0326.JPG
  • GC0316.JPG
  • GC0312.JPG
  • GC0310.JPG
  • GC0250.JPG
  • GC0240.JPG
  • GC0230.JPG
  • GC0210.JPG

写真一覧へ