院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第177回 9年ぶりのペルー・ボリビア弾丸ツアー その2:マラスの塩田

今回、久しぶりにペルーを訪れるにあたり、是非行ってみたかった所の一つが、「マラスの塩田」だ。ペルー在勤中に、仕事や旅行でクスコには何度も来ていたのだが、何故か今まで行く機会がなかった。「マラスの塩田」はクスコから車で1時間半、ピサックの市場を経由して、マチュピチュ行きの列車に乗り込むオリャンタイタンボへ向かう途中で立ち寄ることができる。
2マラス1010.jpg
美しく素朴なアンデスの絶景を見ながら進んでいく。
2マラス1020.jpg
"聖なる谷"と呼ばれるウルバンバ渓谷に突如、白い「マラスの塩田」が現れた。何でこんな所に、ここだけ?という感じだ。
2マラス1030.jpg
アンデネス(アンデスの段々畑)の様に、白い塩田が広がる。
2マラス1035.jpg
塩にまつわる景色は色々見てきたが、今までに見たことのない光景だ。
2マラス1040.jpg
塩田の仕組みの説明を聞きながら、畦道を進んでいく。
2マラス2010.jpg
この地域には高濃度の塩水が湧き出ており、インカ帝国以前の約600年前から製塩が行われていたらしい。
2マラス2020.jpg
いわゆる用水路を通して、塩水が塩田に送り込まれ、これを天日で乾燥させる。今も昔と変わらない製法で塩が作られているらしい。水路の開閉は石ころで。。。確かに昔と変わらないようだ。
2マラス3020.jpg
我々が訪れた5月初旬はまだ乾期が始まったばかり、これからもっと白くなっていくんだろう。
2マラス3040.jpg
標高3200メートルに広がる塩田の光景は圧巻だ。
2マラス3050.jpg
売店では、ちゃんとお土産の塩を売っている。

最新の写真

  • 1638.jpg
  • 2090.jpg
  • 2080.jpg
  • 2078.jpg
  • 2075.jpg
  • 2072.jpg
  • 2070.jpg
  • 2052.jpg
  • 2050.jpg

写真一覧へ