院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第178回 9年ぶりのペルー・ボリビア弾丸ツアー その3:いざマチュピチュ村へ

マラスの塩田から陸路でオリャンタイタンボへ移動。
9レイル21DSC00672.jpg
ここからマチュピチュの麓の村、アグアスカリエンテス行きの列車に乗り込む。以前はペルーレイルしか無かったが、今はインカレイルと2社が運行している。今回はインカレイルに乗り込む。
9レイル26IMG_0312.jpg
車内はこんな感じで、窓を大きくとってある。ペルーレイルのビスタドームとあまり変わらない。
9レイル30IMG_1274.jpg
マチュピチュ目指して、ウルバンバ川に沿って渓谷を走っていく。夕暮れ時には夕焼けに燃えるような景色が楽しめる。
5マ村DSC00700.jpg
2時間半ほどでマチュピチュ村と呼ばれている、アグアスカリエンテスに到着。ちなみにアグアスカリエンテスとは「熱い水=温泉」という意味で、村には温水プールのような温泉がある。今回の宿はINKATERRA MACHUPICCHU、コテージタイプの素敵なホテルだ。
5マ村IMG_0313.jpg
今回の旅で初めてのまともな夕食。ここに来たら、ビールは「クスケーニャ」。ボトルにマチュピチュがデザインされている。
5マ村IMG_0315.jpg
コースのメインは「クイ」を選択。
CUz7050.jpg
前々回にも紹介したが、「クイ」とはモルモットの仲間。
CUz7060.jpg
丸焼きとか開きのオーブン焼きが一般的なのだが、流石にホテルでは上品に調理される。味は美味。

最新の写真

  • 1638.jpg
  • 2090.jpg
  • 2080.jpg
  • 2078.jpg
  • 2075.jpg
  • 2072.jpg
  • 2070.jpg
  • 2052.jpg
  • 2050.jpg

写真一覧へ