院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第92回 リマという街1(ペルー):リマの街角

舞台を一旦ペルーに戻して、自分が4年間生活した、ペルーの首都リマの様子を紹介する。
Lima_023.jpg
リマの新市街、サン・イシドロ地区。高層ビルの多くは、富裕層や外国人が暮らすマンション。リマに駐在する日本人の多くが、このマンション群に暮らしている。高層ビルの奥に見える緑は、ペルーで一番の名門ゴルフクラブ、リマ・ゴルフ。サン・イシドロ地区の住人は、この街中に広がるゴルフ場を見下ろして生活している。さぞかし便利か?と思いきや、日本人を含め白人以外はほとんど会員にはなれないのだ。目の前のゴルフ場でプレーが出来ない現実。ペルーが白人社会であることを目の当たりにする光景だ。
Lima_024.jpg
写真中央の土の盛り上がりはインカの遺跡。こんな街中にも遺跡がある。
Lima_026.jpg
夜は遺跡がライトアップされる。
Lima_031.jpg
ここはもう一つの新市街、ミラフローレス地区。海を見下ろすように高層マンションが立ち並ぶ。ハワイやマイアミのような光景なのだが。。。夏はいいが、冬は写真のように霧に覆い隠されてしまう。住人曰く、雲の上で生活しているようとのことで、湿気が高く、カビに悩まされる。リマは地理的には砂漠気候でほとんど雨が降らず、緯度からは本来、気温の高い場所なのだが、リマの沿岸には寒流のフンボルト海流が流れていて、海上の大気が冷やされ、雲が発生する。
Lima_032.jpg
写真のように、海から、霧が覆い被さるように発生する。これが、砂漠地帯で雨が降らないにも関わらす、高湿度でカビになやまされるというリマの特殊な気象条件だ。
Lima_029.jpg
リマの旧市街、セントロ。
Lima_028.jpg
歴史的な建造物が多く、見る価値は高いのだが、治安が悪く、なかなか訪れる機会は少なかった。
Lima_027.jpg
これは大統領府の衛兵交代式。国歌が流れて、なかなか壮観な催しだ。
Lima_044.jpg
セントロの中華街。
Lima_038.jpg
リマには多くの中国系移民が生活していて、中華料理がしっかりと根付いている。いわゆるチャーハンはチャウファと言って、すでにペルー料理になってしまっている。日本人の味覚に合うおいしい中華料理だ。
Lima_034.jpg
このおじさんは何をしてるか?犬を売っている。
Lima_036.jpg
美味しい中華レストラン、サロン・カポン。
Lima_037.jpg
ここの北京ダックは自分が今まで食べた中で一番美味しかった。スキンヘッドのおじさんは、リマでおなじみの日本食レストラン「TOSHIRO」のオーナーシェフ、トシさん。ペルーでは超有名人。
Lima_033.jpg
黄色い車はタクシー。リマで走っているタクシーの大半は日本車の中古車。何でも有りのペルーでは簡単に左ハンドルに変えてしまう。自分が子供の頃の車が現役で走っている。
Lima_035.jpg
おんぼろビートル。部品の組み合わせで色までまだら、これがペルーそのもの。
Lima_041.jpg
女性下着もこんな感じで売られている。
Lima_042.jpg
何とも不思議な感じがする。
Lima_043b.jpg
これは銀行の現金輸送車。テロ対策で、装甲車のようになっていて、扉がない。見かけは何でもない平穏な街並みなのだが、危険はいっぱいなのだ。
Lima_046.jpg
セントロから一歩離れると、ゴミが散乱している世界に直面する。
Lima_047.jpg
バラックが連なる。これがペルーの現実だ。
Lima_017.jpg
リマのきれいな夕日を一枚。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ