院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第58回 アタカマからウユニ塩湖へ3(チリ・ボリビア):ウユニ塩湖を目指して

さあ、ウユニ塩湖へ向けて出発だ。今回のルートは第56回の地図でも紹介したように、アタカマからチリ側をずっと北上し、ウユニ塩湖近くの国境でボリビアに入る。帰りは逆にボリビア側を南下し、アタカマ近くの国境からチリに戻ってくる。
uyuni1004.jpg
4月29日午前5時、まだ夜明け前の暗闇の中、借り上げた4WDに乗って、アタカマを出発した。
uyuni1012.jpg
日が昇ると、何ともすごい景色が広がっていた。
uyuni1016.jpg
今回の行程はずっと標高3000m以上で、途中最高5000mの地点を走り抜ける。
uyuni1020.jpg
当然の事ながら、この高さは森林が成育する限界を超えていて、見渡す限り樹木というものがない。緑が無い世界だが、日を浴びて茶色と黄色に輝いて美しい。
uyuni1024.jpg
近づいてみると、土と岩の世界。
uyuni1001.jpg
これが今回借り上げた車、三菱の5人乗りピックアップ4WDだ。おんぼろランクルを想像していたが、きれいな車だった。
uyuni1028.jpg
遠くに何やら動物を発見!
uyuni1030.jpg
ビクーニャだ。アルパカやリャマの親戚で、ラクダ科の動物。ビクーニャの毛織物は超高級だ。
uyuni1046.jpg
アタカマを出発して6時間、ボリビアとの国境に着いた。
uyuni1050.jpg
何とも殺風景な景色だが、空の青さが本当にきれいだ。
uyuni1058.jpg
ここは国境の駅なのか、たくさんの車両が止まっていた。
uyuni1062.jpg
止まっているのか、捨てられているのか、駅なのか、列車の墓場なのか。
uyuni1066.jpg
これが国境。向こうはボリビアだ。
uyuni1070.jpg
この辺りは、見渡す限りの地面が鉱物資源そのものだ、こういった景色は見たことがない。
uyuni1074.jpg
塩湖のように美しくはないが、鉱物で出来た湖だ。
uyuni1086.jpg
途中、トイレ休憩に立ち寄った村。このあたりは標高4000mを超えている、空の青さに吸い込まれそうになる。
uyuni1098.jpg
素朴で質素な村の様子。
uyuni1102.jpg
この民家でトイレを借りた。ソーラーパネルがあって驚いた。
uyuni1106.jpg
看板には、「ここ! ビール、ワイン、ラム酒、コーラ。。。」酒場なのか酒屋なのか、これほどの場末は無いだろう。
uyuni1110.jpg
村の教会とお墓。
uyuni1114.jpg
ここにもビクーニャがいた。
uyuni1038 .jpg
なんかすごい景色が見えてきた。今までに見たことのない、不思議な感覚をおぼえる。
uyuni1118.jpg
とうとう到着、白い海のように広がる景色はウユニ塩湖だ!

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ