院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第59回 アタカマからウユニ塩湖へ4(チリ・ボリビア):白い世界・乾期のウユニ塩湖

自分が見てきた色んな景色の中で、「白い世界」という表現が似合うのは、トルコのパムッカレとこのウユニ塩湖だ。
ウユニ塩湖には2つの顔がある。一つは乾期の白く干上がった広大な白い世界、もう一つは真っ白な地面の上に水が張り、鏡となって空を写す雨期の姿だ。自分は雨期の姿が何としても見たかったのだが、雨期は道がぬかるんで、今回のルートからのアプローチは困難になると言う。何としても雨期の姿が見たかった自分は、雨季と乾季の両方の姿が見られる、乾期の始まりに行くことにした。これが大正解だった。
uyuni1140.jpg
まずは乾期のウユニ塩湖から。塩の結晶が地表にも模様を作る。
uyuni1144.jpg
この広大な白い世界が、四国の半分の面積で広がっている。全く想像できない。
uyuni1148.jpg
ただ、ただ、白い大地が広がる。
uyuni1150.jpg
白い大地は、白いサーキットにもなる。この大地の上をランクルが猛烈なスピードで爆走する。
uyuni1152.jpg
地表にはサッカーボールのような模様が出来ている。
uyuni1156.jpgのサムネール画像
近づいてみてみると。
uyuni1160.jpg
塩の結晶が自然に作り出した模様、何とも不思議な世界だ。
uyuni1164.jpg
皆、車を止めて、暫し不思議な空間を楽しむ。
uyuni1168.jpg
塩湖の上はほとんど何もない世界なので、大きさや遠近感がわからなくなってしまう。
uyuni1172.jpg
こんな写真をみんな楽しんで撮っていた。
uyuni1200.jpg
そんなウユニ塩湖で数少ない目標物が、このインカワシ島。
uyuni1204.jpg
この島を目標に、皆、ウユニ塩湖を走り抜けてくる。
uyuni1206.jpg
ちょっとした、ドライブのサービスエリアのような感じだ。
uyuni1214.jpg
この島には面白いサボテンが生えている。ムーミン谷のニョロニョロのようなサボテンだ。
uyuni1224.jpg
ウユニツアー定番の4WDランクル。通常は7人乗りで、車の上に荷物とプロパンのボンベを積んでいて、ドライバーや同乗のコックが、料理をしながらツアーを進めていく。
uyuni1280.jpg
これが塩湖の上に立つ、塩で出来た「塩のホテル」。
uyuni1284.jpg
これはあくまで見物用のホテルと考えた方がよい。恐らく下水もお湯もないだろう。自分たちの泊まる塩のホテル(Luna Salada)が出来るまでは、塩のホテルとして有名であった。
uyuni1286.jpg
イスやテーブルも塩で出来ている。
uyuni1290.jpg
ホテルの前に各国の国旗がたなびいていた。もちろん日の丸もあった。
uyuni1292.jpg
塩の採掘場だ。塩の山がピラミッドのように、整然とならんでいる。
uyuni1294.jpg
これがまたいい景色になる。
uyuni1296.jpg
自分も採掘してみようかと。。。
uyuni1304.jpg
日の当たり具合によって、景色が変わる。
次回は、雨期の塩湖を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ