院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第134回 イースター島探訪9(チリ):タハイの夕日

イースター島の最後は、夕日の美しさで有名なタハイから。
TAHAI002.JPG
タハイには3つのアフがあり、向かって右端にあるのがアフ・コテリクのモアイ。島内で唯一、目が入っているモアイで、帽子(プカオ)を載せている。目が入ることで、今まで見てきたモアイとは何か違う感じがする。
TAHAI008.JPG
向かって左端がアフ・バイウリで5体のモアイが並んでいる。
TAHAI010.JPG
アフ・バイウリの右に一人立っているのが、アフ・タハイのモアイだ。
TAHAI020.JPG
これら3つのモアイと海と夕日が、格別なサンセットを見せてくれる。
TAHAI223.JPG
バックの船がまたいい感じを醸し出す。
TAHAI226.JPG
空がだいぶ赤く染まった。
TAHAI308.JPG
日が沈んでしまった。空の色がどんどん変わっていく。
TAHAI324.JPG
少し違った角度から。
TAHAI358.JPG
夕日がモアイに反射する。
TAHAI360.JPG
どこから見ても美しい景色だ。
TAHAI362.JPG
少し引いてみる。
TAHAI502.JPG
アフ・タハイのモアイから。
TAHAI504.JPG
波が結構激しく打ちよせる。
TAHAI508.JPG
空が輝いている。
TAHAI535.JPG
アフ・コテリクのモアイから。
TAHAI551.JPG
二つのモアイを入れて。自分はこの方向からの景色が一番気に入った。
TAHAI552.JPG
モアイをバックに日が沈んでいく。
TAHAI558.JPG
雲の様子がめまぐるしく変わっていく。
TAHAI568.JPG
少し角度を変えて。
TAHAI572.JPG
日が沈んだ。サンセットショーの終了だ。
TAHAI656.JPG
船の明かりが、なんかしんみりとしていい感じ。
TAHAI952.jpg
モアイの上と月と星。

イースター島は本当にモアイしかないような島だ。「モアイだけしかない」と否定的な感想を言う人もいるが、ゆっくり滞在して、島の風景や自然と共にモアイを見て欲しい。自分は滞在中にラノ・ララクに何度も足を運んだ。
日の当たり方によって、朝と夕方の風景が全く違うのだ。日中にさらりと見て終わりではあまりにもったいない。アナケナ・ビーチで海水浴なんてのもいいのかもしれない。馬での散策は特にお勧めだ。チリの食事は概して美味しくないのだが、イースター島の食べものは比較的美味しいので、是非、ゆっくりとした日程で訪れて欲しい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ