院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第104回 不思議の国、キューバ 3:ハバナ市街地 その3

ハバナの観光スポットについてもう少し。観光はキューバの重要な産業、物資の少ない国内事情とは真逆で、贅沢に観光客をもてなす。
CIMG3101.JPG
キューバと言えば、革命家「チェ・ゲバラ」。彼はアルゼンチン人だが、キューバ革命での活躍とその格好良さから、キューバでは英雄。ちなみに彼は医師でもある。チェ・ゲバラのTシャツはおみやげの定番。自分も買ってしまった。
havana3102.jpg
もう一つ、キューバと言えばシガー、葉巻だ。COHIBA(コイーバ)やパルタガスなど、世界の一級品がここで造られている。自分は既に禁煙していたので、買うことは無かったが、その値段の高さに驚いた。
havana3301.jpg
そして、ラム酒。スペイン語では「ロン」と読む。キューバのロンは何といっても「HABANA CLUB」。自分はロンが大好きなので、その博物館へ行ってみた。
havana3304.jpg
安いモノから、15年以上熟成されたものまで、色んなHABANA CLUBがある。
havana3307.jpg
昔の工場の様子がジオラマで展示されている。
havana3310.jpg
HABANA CLUB博物館の隣にある、バー「DOS HERMANOS」。ここでモヒートを飲んで、格好つけてみる。
havana3401.jpg
現代と昔が入り混じって存在する街、ハバナ。こんな光景は世界中探しても、ここにしかないだろう。島国だからガラパゴス的にこうなったのだろう。奥に見える赤いバーが、有名な「ラ・フロリディータ」
havana3402.jpg
「ラ・フロリディータ」は文豪ヘミングウェイ行きつけのBARとしても、フローズン・ダイキリ発祥のバーとしても有名。
havana3405.jpg
中の様子はこんな感じ。
havana3410.jpg
ヘミングウェイがいつも座っていた、カウンターの一番奥の席には、今もヘミングウェイが座っている。
havana3501.jpg
夜の旧市街はライトアップされて美しい。
havana3601.jpg
キューバの誇るエンターテインメント。夜のハバナを彩る、キャバレーショー。
havana3605.jpg
その二大キャバレーが、「Hotel Nacional de Cuba」と「Tropicana」。まずは「Hotel Nacional de Cuba」から。
havana3609.jpg
ここはホテル内にある屋内ステージでのショー。
havana3613.jpg
ラテン音楽と踊りに酔いしれる。
havana3701.jpg
もう一つのキャバレー「Tropicana」。ここは大きな屋外ステージ。
havana3705.jpg
豪華絢爛とはこのことか、素晴らしい踊り。
havana3709.jpg
物資不足のこの国で、美味しい酒を飲みながら、華麗なショーを楽しむ。このギャップがほんとに不思議。
havana3713.jpg
「Tropicana」のおみやげ袋にはシガーが入っていた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ