院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第57回 アタカマからウユニ塩湖へ2(チリ・ボリビア):アタカマの夕暮れ

アタカマ一帯は世界で最も乾燥した地域だそうで、日本をはじめ世界各国が天文台を設置している。当然のことながら、星空や夕暮れがきれいだ。
Atakama0040.jpg
夕暮れどきになると、ビューポイントにツアー会社の車が集まってくる。
Atakama0042.jpg
見晴らしのいいところまで、岩山の尾根を歩いて行く。
Atakama0044.jpg
そろそろ日が沈みはじめた。サンセットショーの始まりだ。
Atakama0046.jpg
日が沈みだすと、気温は一気に下がってくる。砂漠なので日中と夜の寒暖の差が非常に大きい。
Atakama0048.jpg
茶色一色であった景色が赤く染まり出す。
Atakama0058.jpg
6000mクラスの山が「赤富士」のように輝き出す。
Atakama0064.jpg
茶色から赤茶色に変わり、最後は真っ赤に光り出す。
Atakama0066.jpg
サンセットショーのクライマックス。
Atakama0068.jpg
下に降りてみると、月の谷に月が出ていた。
Atakama0069.jpg
夜はレストランの焚き火にあたりながら一日の疲れを癒やす。
さあ、明日はウユニ塩湖へ向けて出発だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ