院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第60回 アタカマからウユニ塩湖へ5(チリ・ボリビア):天空を走る・雨期のウユニ塩湖

乾期の白い世界も素晴らしいが、雨期のウユニ塩湖が見たかった。地面に空が映り、空を車で走るような気分になるという、この時期はまだ乾期の始まりで、塩湖の一部に水の張った部分が残っているらしい。早々ドライバーに探してもらった。
uyuni212.jpg
確かに水の張った部分が残っていた。
uyuni216.jpg
地面が鏡のようになる。塩の山もきれいに対称にに映る。
uyuni208.jpg
まさに鏡の上の車。
uyuni204.jpg
塩湖を走りまくって、塩だらけになっている。
uyuni406.jpg
地面が鏡になって空を写す。
uyuni397 のコピー.jpg
この景色が見たかった。息をのむ幻想的な風景だ。
uyuni396 のコピー.jpg
確かに、雲の上に立っているような気分になる。
uyuni361.jpg
雨期には塩湖全体がこういう風景になり、この景色の中を4WDで爆走する。まさに雲の上を走る。
uyuni339.jpg
次回は、自分たちが泊まった、塩で出来たホテルを紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ