院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第131回 イースター島探訪6(チリ):モアイを巡る その1

では、島内の色んなモアイを巡って行きたい。
AKAHANGA001.JPG
まずは「アフ・アカハンガ」。ちなみにアフとはモアイが建つ祭壇のことだ。
AKAHANGA003.JPG
といっても、ここのモアイは建っていない。というか倒されている。
AKAHANGA005.JPG
部族間の争いで起こった「モアイ倒し戦争」で、島内の多くのモアイが倒された。
AKAHANGA007.JPG
モアイの目には霊力が宿ると考えられていたため、皆、うつぶせに倒されている。
AKAHANGA202.JPG
モアイの帽子(プカオ)だけがポツンと残されている、
AKAHANGA206.JPG
何か寂しい光景だ。
AKIVI002.JPG
次はアフ・アキビのモアイ達。
AKIVI102.JPG
7体のモアイが丘の上の祭壇に整然と並んでいる。
AKIVI202.JPG
ほとんどのアフ(祭壇)が海辺にあるのに対して、ここの祭壇はかなり内陸にある。
AKIVI206.JPG
トンガリキのモアイとは違って、皆、顔がよく似ている。
AKIVI304.JPG
ここのモアイも海の方角を向いている、数少ないモアイだ。
PUNA002.JPG
次はモアイの帽子(プカオ)の製造工場である、プナパウだ。
PUNA004.JPG
このあたりでとれる赤い岩でプカオが造られた、今も主のないプカオだけが散乱している。しかし、モアイ本体の製造工場であるラノ・ララクからは10数キロ離れており、何でこんな離れたところで造ったのかも不思議の一つだ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ