院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第81回 パタゴニア3(アルゼンチン・チリ):ペリト・モレノ氷河その1

いよいよパタゴニアに向けて出発。ブエノスアイレスから国内線で空路3時間半南下する。
moreno005.jpg
何もない海岸線。
moreno007.jpg
荒涼とした景色の中を着陸していく。
paine349.jpg
ペリト・モレノ氷河で有名な、世界自然遺産ロス・グラシアレス国立公園の玄関口、エル・カラファテ空港に到着。
paine348.jpg
なかなか近代的な空港だ。
paine261.jpg
この街の名前にもなっている、カラファテの実。ジャムなどで売られている。
moreno008.jpg
街を歩くと、食事処はステーキハウスとイタリアンばっかり。ステーキハウスの店先にはどこもこの様な光景が見られる。これは「コルデロ」といわれる子羊の丸焼きで、パタゴニアの名物料理だ。開いて遠火で焼いているのが特徴で、同じ子羊の丸焼きでも、ボスニア・ヘルツェゴビナで見た、串刺しの丸焼き(第49回)とは大きく異なる。肉食文化の発達したアルゼンチンならではの料理だ。確かに肉の臭みがなく、香ばしくて美味しい。
moreno037.jpg
今回の目的の一つ、ペリト・モレノ氷河を陸路目指す。街を一歩出ると、荒涼な景色が続く。
moreno011.jpg
遠方にペリト・モレノ氷河が見えてきた。
moreno039.jpg
まずは船から氷河を鑑賞する。
moreno044.jpg
断崖絶壁に近づいてきた。
moreno057.jpg
その高さと規模に圧倒される。
moreno080.jpg
パタゴニアの天候は目まぐるしく変わり、天気の状態で氷河の色が変わる。
moreno088.jpg
曇っていると、白く見える。
moreno095.jpg
晴れてくると、青白く輝き出す。アルゼンチンの国旗が妙にマッチする。
moreno098.jpg
氷河の裂け目が、神秘的な濃いブルー染まる。
moreno107.jpg
この氷河は毎日2mずつ移動しているらしい。耳を澄ますと、あちこちで氷河の崩れる音が聞こえる。
moreno148.jpg
なかなかシャッターが追いつかないのだが、氷河が崩落する景色が見られる。
moreno201.jpg
晴れてくると、氷河は輝き、全く違う光景を見せてくれる。
moreno202.jpg
次回は見晴台からの氷河の景色を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ