院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第40回 ガラパゴス・クルーズ4(エクアドル):サンタクルス島

最初の上陸地はサンタクルス島のセロ・ドラゴンと呼ばれる場所。この丘(セロ)には陸イグアナ(ドラゴン)がたくさん生息していることからこの名前がついたとのこと。
dragonhill19.jpg
ガラパゴスクルーズで島へ上陸する方法は2通りあり、いずれもゴムボートで岸まで行くが、足が濡れずに上陸できるドライランディングと海に足を浸けて上陸するウエットランディングがある。
dragonhill20.jpg
今回はドライランディング。ゴムボートからそのまま島に上陸だ。
dragonhill02.jpg
ガラパゴスでは見るもの全てが新鮮で、今まであまり見たことのない世界へ迷い込んでいくようだ。
このサボテンも何か変。
dragonhill04.jpg
この池の雰囲気も何か映画のセットの様な、不思議な景色だ。
dragonhill24.jpg
この池にはなぜかフラミンゴが出てくる。
dragonhill25.jpg
静寂そのものの静かな世界。フラミンゴのゆったりとした動きがこの景色に妙にマッチしている。
dragonhill28.jpg
これが陸イグアナ。有名なウミイグアナはこれから嫌になるほど出てくるが、陸イグアナは珍しくあまりお目にかかれない。
dragonhill29.jpg
この小鳥はフィンチ。ガラパゴスではそれぞれの島に固有の進化をしたフィンチを見ることが出来る。
dragonhill27.jpg
そうこうしているうちに日が暮れてくる。
dragonhill23.jpg
沖で停泊している船にゴムボートで帰っていく。
dragonhill30.jpg
夕焼け空にエクスプローラー号もいい絵になる。クルーズ1日目はこれで終了。
Bartholomew04.jpg
船に帰ると、ベッドメーキングと共に、バスタオルで毎日ちがった動物を作ってくれてあるという、心憎い演出。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ