院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第41回 ガラパゴス・クルーズ5(エクアドル):バルトロメ島

2日目の午前はバルトロメ島へ上陸、ここではウミガメやアシカ、ペンギンが泳ぐ海でシュノーケリングを楽しめるという。
Bartholomew06.jpg
島が見えてきた。
Bartholomew07.jpg
ゴムボートで島に近づいていく。
Bartholomew09.jpg
今回はウエット・ランディング。つまり船着き場が無く、浅瀬から海の中をジャバジャバ歩いて上陸する。
Bartholomew08.jpg
この島には見晴らしのいい展望台がある。
Bartholomew21.jpg
上まで登っていくと、エクスプローラー号も小さく見える。
Bartholomew19.jpg
展望台から眺めると、この島はすごく面白い形をしている。海が2つに分かれているように見え、その両サイドに砂浜が広がる。右側には岬の灯台のような岩山がある。
Bartholomew28.jpg
何とも愛らしいアシカ。ガラパゴス諸島の動物達は、人間が何もしないということを知っているので、近づいても全く動じず、自然の姿を見せてくれる。
Bartholomew03.jpg
アシカとトカゲのコラボ。
Bartholomew15.jpg
小さなトカゲにも注目。
Bartholomew29.jpg
カニも何かちょっと違う。
PortEgas37.jpg
あまり見たことのない柄をしている。ブリキのオモチャみたいだ。
Bartholomew11.jpg
さてさて、ガラパゴスと言えばこの軍艦鳥、英語ではフリゲート(軍艦)・バード。日本語はその直訳だ。
Bartholomew35.jpg
その特徴は何と言っても翼の形。
Bartholomew33.jpg
あたかも恐竜の翼のようで、この鳥たちが島の上空を旋回していると、恐竜の島に迷い込んだかのように感じる。まさにガラパゴスの名脇役といったところか。
Bartholomew26.jpg
ガラパゴス諸島の海は寒流で水温が低く夏でも水が冷たい。ウエットスーツに身を包み、さてシュノーケリングだ。ここではウミガメと泳ぐことが出来る。その間をスーッと通り過ぎていくのが、ペンギンとアシカ。こんな贅沢なシュノーケリングは初めてだ。
Bartholomew24.jpg
午前のプログラムを終えてゴムボートに乗り込む。
Bartholomew10.jpg
いったん船に戻って昼食だ。その間に船は移動して次の目的地へ向かう。
Bartholomew05.jpg
今日のタオルはこんな感じ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ