院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第198回 北海道の大自然を撮ってみたい その10:シマフクロウ再び(羅臼)

今回は自身初の流氷とワシの撮影に知床の羅臼へ。
初日は夕刻に到着し、そのまま、シマフクロウの撮影で有名な"鷲の宿"へ直行。
2000年の夏(第192回)に訪れから、2度目の訪問だ。
横に15mぐらいはある撮影小屋の窓の前には、すでに望遠一眼をセットした三脚でぎっしり満員状態だ。夜7時より、長い長い待ち時間が始まった。シマフクロウの出現を待って、皆同じ景色を眺めながら、ひたすら待つ。恐らく夜12時頃までは、20人以上はいたと思われるカメラマン達は徐々に減っていき、午前4時過ぎには、老夫婦と院長の3人になってしまった。ちなみに前回の訪問時も、最後の最後、午前5時過ぎにシマフクロウがやって来た。今回も開き直ってねばってみた。
P2110000.1pg.jpg
すると、午前5時過ぎに、本当にシマフクロウがやって来た。
P21100002.jpg
中々、いい角度に向いてくれない。
P21100003.jpg
少しこっちを向いてくれた。
P21100004.jpg
今回は方向が悪い。
P21100005.jpg
背を向けてエサを食べ出した。
P21100006.jpg
最後のひと飲み。
P21100007.jpg
そして、とっとと飛び立っていってしまった。でも院長は遭遇率100%。

最新の写真

  • ARAU100080.jpg
  • ARAU100078.jpg
  • ARAU100076.jpg
  • ARAU100074.jpg
  • ARAU100072.jpg
  • ARAU100069.jpg
  • ARAU100067.jpg
  • ARAU100065.jpg
  • ARAU100062.jpg

写真一覧へ