院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第196回 北海道の大自然を撮ってみたい その8:釧路のタンチョウとフクロウ 2022

釧路でのタンチョウ撮影も3シーズン目。なんかライフワークになってしまいそうにハマっている。
マイナス20度以下になる極寒、モール泉という日本では数少ない温泉と美味しい食事。自分には極楽だ。
P1090046.jpg
初日は日の出前の音羽橋から、タンチョウの寝床を狙う。
P1090066.jpg
この日は気温が少し高めで、けあらしが起こらず、タンチョウ達がはっきりと見える。これはこれでいいのだが、来ている人達は皆、けあらしを待っている。
P1090162.jpg
タンチョウ達が餌場に向かって飛び立ちだした。
P1090360.jpg
今回は、いつもと違う、シラルトロのエゾフクロウから訪問。
P1090361.jpg
いました、いました。祠から身を乗り出して外を見ています。
P1090365.jpg
中でしゃがんだ横顔。
P1090411.jpg
正面向くと、やっぱり微笑んでいるような。ただ、まぶしいだけなのか。。
P1090421.jpg
ぱっちり眼を明けてくれた。
P1090433.jpg
給餌場に戻って、タンチョウの声を聞きながら撮影開始。
P1090434.jpg
つがいの様子をずっと追いかけていると、
P1090462.jpg
本当に仲がいい。
P1090477.jpg
群れで飛んでる姿が、特に美しいのだが、
P1090515.jpg
これを撮影するのが特に難しい。院長にはまだまだ腕不足。
P1090545.jpg
夕暮れの菊池牧場。給餌場から寝床へ帰るタンチョウを狙う。
P1090836.jpg
今回は夕焼け空までにはなってくれなかった。明朝はかなり冷え込むらしい。けあらしに期待。

最新の写真

  • ARAU100080.jpg
  • ARAU100078.jpg
  • ARAU100076.jpg
  • ARAU100074.jpg
  • ARAU100072.jpg
  • ARAU100069.jpg
  • ARAU100067.jpg
  • ARAU100065.jpg
  • ARAU100062.jpg

写真一覧へ