院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第172回 絶景の宝庫(アイスランド)5:南部アイスランド、滝とパフィン

スナイフェルスネス半島の観光を終えて、アイスランド南部観光の拠点、ヴィークを目指す。
S0020.jpg
アイスランドは滝でも有名。ヴィークへ向かう途中、2つの有名な滝に立ち寄っていく・
S0028.JPG
まずはセーリャラントスフォス。60mの滝。
S0056.JPG
この滝は奥が空洞になっていて、
S0043).JPG
滝の裏側が歩道になっている。
S0046.jpg
滝の内側から外の景色を見ることができる。
S0054.JPG
水しぶき対策をしておかないと、ずぶ濡れになってしまう。
S0320.jpg
次の目的地、スコゥガフォスが見えてきた。
S0324.JPG
滝の前はキャンプ場になっている。
S0344.jpg
高さ62mの豪快な滝だ。
S0360.JPG
滝の上に登っていくことができる。
S0520.JPG
素朴で不思議な景色を眺めながら、リングロードを東に走っていく。
S0524.JPG
ところどころに立派な滝が見える。
S0620.JPG
牧草を刈り取って、丸めて白いビニールで円筒状の塊に。この景色もなんかおもしろい。
S0624.JPG
ディルホゥラエイという岬を目指す。
IMG_3486.JPG
黒い砂浜、ブラックサンドビーチ。
IMG_3489.JPG
ディルホゥラエイが見えてきた。
S0632.JPG
ディルホゥラエイに来た目的は、この岬が、アイスランドを代表する鳥、パフィンの有名な営巣地だからだ。
S0730.JPG
夕暮れ時に自分の巣に、餌をくわえて帰ってくる。その姿をひと目見たかった。
IMG_3485.JPG
といっても、パフィンは崖に巣を造るので、上から巣をみることはなかなか困難だ。飛んでいる姿は見られても、なかなか降りてきた姿が見られない。
S0734.jpg
あきらめて、もう帰ろうかとしていたところに、一羽がふと現れた。これには興奮して、うまくシャッターがきれない。
S0742.JPG
望遠で近づいてみると、口にエサをくわえている。
S0746.JPG
正面からもパチリ。なんともカラフルで可愛らしい鳥だ。
S0750.JPG
目とくちばしに特徴がある。日本名はニシツノメドリというらしい。
S0758.JPG
どこかペンギンのような愛嬌がある。
puf.jpg
思わず、お土産にパフィンの置物を買ってしまった。
S0830.jpg
小雨降る中、ヴィークの街に到着。明日は氷河へ。

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ