院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第170回 絶景の宝庫(アイスランド)3:スナイフェルスネス半島 その1

中々更新できず、ずいぶん時間が過ぎてしまった。気合いを入れ直して、アイスランドの絶景を紹介したい。
GC0014.JPG
これは、ケフラビーク空港にあった写真パネルだが、滝と山と空と海の何ともいえない景色。アイスランドの代名詞のようなこの景色を見てみたくてここまでやって来たと言っても過言では無い。これからその舞台であるスナイフェルスネス半島を目指す。
SF0001.jpg
ゴールデンサークルの観光を夕方5時頃に終えて、急ぎ西へ向かう。アイスランドの道は、島をぐるりと1周するリングロードと呼ばれる環状道路が主要都市を結んでおり、すごく走りやすい。
SF0002.JPG
緯度が森林限界を超えているので、木々の無い不思議な美しい景色が続く。何かアンデスの高地に似ている。
SF0011.JPG
8月のアイスランドは日没が夜10時半頃なので、夜9時頃まで観光することができる。1日をすごく有効に使えるのだが、その分、体力的には疲れる。
SF0012.JPG
写真の撮影地であるスナイフェルスネス半島の北側の町、グルンダルフィヨルズルに午後8時過ぎに到着。これが写真に写っていた、キルキュフェトル山。正三角形の山で、こうやって見ると、そうパッとしない。。
SF0013.JPG
夕食もそっちのけで、日没前に写真撮影のポイントを下見に行った。何やら小さな滝が見えてきた。
SF0014.JPG
これも、知らなかったら通り過ぎてしまう程度の小さな滝なのだが。。
SF0015.JPG
橋を渡って、ぐるりと滝の反対側に回り込んで、滝の後方から山を見てみると、
SF0021.JPG
はいはい、確かにあの代表的な写真のような構図が出現した。
SF0060.JPG
誰が見つけたのか、この地点から見ると、何でも無い景色の組み合わせから、見事な構図が生まれる。これに朝日の色が加わることによって、さらに幻想的になる。長い長い、アイスランド1日目が終了。
SF0416.JPG
翌朝、もう一度同じ場所に行ってみると。すでに多くの人がカメラを構えていた。
SF0456.JPG
空が見事に赤く染まり、海と川が光っている。
SF0446.JPG
日中に見るのとは全く違う景色となる。
SF0468.JPG
刻々と色が変わってくる。
SF0548.JPG
特に写真に加工は加えていないのだが、山が光り出すと、全体が絵のように見えてくる。
SF0648.JPG
すっかり夜が明けてしまった。
SF0654.JPG
朝焼けのショータイムは30分ほどで終わった。
SF0680.JPG
撮影ポイントはこんな場所で、こうやって見ると、何の変哲も無い小さな滝なのだが。。。
SF0692.JPG
日が昇ってきた。長い一日の始まりだ。今日はスナイフェルスネス半島の見所を回って、アイスランド南部の中心都市ビークを目指す。


最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ