院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第163回 アジアの片田舎(ミャンマー)6:インレー湖その1

バガンから空路、インレー湖への玄関口ヘイホー空港へ飛び、陸路インレー湖麓の町ニャウンシュエへ向かった。
インレー湖は標高900mと高原にあり、暑いミャンマーでは避暑地でもある。
K00104.jpg
ニャウンシュエでボートに乗り換え、支流を登っていく。この地域ではボートは生活上の重要な移動手段だ。
K00109.jpg
ボートは結構なスピードでぶっ飛ばす。細い水路を曲がる時とすれ違う時はスリリングだ。
K00110.jpg
水路に沿って、水上家屋や商店が軒を連ねる。
K00114.jpg
湖に出た。インレー湖は南北に18kmと縦長の湖だ。
K00116.jpg
観光客を乗せたボートとすれ違う。水しぶきがバサーッと。
K00120.jpg
インレー湖と言えばこの風景。
K00122.jpg
少数民族であるインダー族の伝統漁法で、器用に足で艪を操る。
K00124.jpg
水上の交通標識。この地域では、水路は道路と同じだ。
K00126.jpg
再び水路へ。
K00130.jpg
土産物売りのボートが近づいてくる。
K00134.jpg
有名な、首長族(パダウン族)のお店へ。
K00136.jpg
パダウン族のおばあちゃん。お店の看板にもなっている。
K00138.jpg
横から見ると、より長く見える。
K00140.jpg
機を織る娘さん達。
K00144.jpg
パダウン族はタイとの国境周辺に暮らす山岳少数民族。
K00146.jpg
知名度の高い彼らは、この地域の観光資源にもなっている。
K00150.jpg
昼食に立ち寄ったレストラン。
K00154.jpg
ミャンマービールでひと息。
K00158.jpg
食後のコーヒーもなかなかオシャレ。
K00159.jpg
水路を再び進む。
K00160.jpg
この地域の代表的な寺院、ファウンドーウーパヤー。
K00162.jpg
年に一度の祭りで使われる、鳳凰の船。
K00168.jpg
寺院の中はLED電飾キラキラで、この雰囲気が日本の寺院と大きく異なる。寺院中央の台座には何やら金色の塊が。。
K00169.jpg
男性だけが中央の台座に上がることができ、お賽銭代わりに小さな金箔を買って、仏像に張っていく。どんどん張っていくので、仏像が金色雪だるまのようになってしまたのだと。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ