院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第159回 アジアの片田舎(ミャンマー)2: 世界三大仏教遺跡 "バガン" その2

2lKa.jpg
今回、ミャンマーを訪れた目的は、バガンの仏教遺跡を見てみたかったからだ。バガンの遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ボロブドール(インドネシア)と共に世界三大仏教遺跡と呼ばれている。全二者は世界遺産に登録されているが、バガンは登録されていない。もちろん世界遺産レベルの遺跡なのだが、その理由は後々書いていきたい。
高台からバガンを見渡すと、あちこちに大小の仏塔が見られる。
1aKa0160141.jpg
まずは黄金に輝く、シュエズィーゴン・パヤー から。11世紀に建立されたバガンの代表的な建築物の一つ。現在修復中で下部が覆われているのが残念だが、青空に映える、美しい寺院だ。
2Ka0160188.jpg
次は、ティーローミンロー寺院、パガン王朝後期の13世紀に建立された荘厳な寺院だ。
2Ka0160191.jpg
2016年8月の地震で被害を受けており、現在修復作業中であった。
2Ka0160194.jpg
ミャンマーの仏像は金箔を貼られたものが多く、そのお顔も日本の仏像とは少し異なる。
2Ka0160203.jpg
ミャンマーの仏様は、頭が大きく、お顔が優しい感じがする。
2Ka0160204.jpg
右下がいわゆる賽銭箱なのだが、透明で中が見えるのが面白い。
2Ka0160208.jpg
外壁には細かいレリーフが彫られている。
4Ka0160301.jpg
次はアーナンダ寺院。ここもバガンを代表する寺院の一つで、美しい寺院だ。
3Ka0160286.jpg
中には東西南北に、黄金に輝く立位の仏像が安置されている。
3Ka0160295.jpg
西向きの仏像。
3Ka0160297.jpg
高さは9.5mもあり、近づいていくと、なかなか迫力がある。離れてみると優しいお顔で、近づいてみるとやや厳しいお顔に見えるらしい。遠くから見る民衆には優しさを、真下から見る国王には厳しさを表しているらしい。
4Ka0160303.jpg
南向きの仏像。四方の仏像はそれぞれ、お顔や手のポーズが異なる。
3Ka0160280.jpg
建物の隅に、両方向を跨いで座る獅子像。
5Ka0160332.jpg
次はスラマニ寺院。
6Ka0160313.jpg
2016年の地震で、尖塔部分が崩壊してしまっている。
6Ka0160316.jpg
外壁の所々に、おもしろいレリーフが彫られている。
6Ka0160317.jpg
黄金で、衣を羽織られた仏像。
6Ka0160321.jpg
シンプルな仏像。
6Ka0160322.jpg
髪型に特徴のある仏像。寄付があると黄金になるのだそうだ。
6Ka0160327.jpg
顔だけ黄金になった仏像。寄付待ちといったところなのか。
6Ka0160329.jpg
寺院側から参道を。
6Ka0161144.jpg
レイミャナー寺院の壁画。たくさんのブッダが描かれていて、これはすばらしい。
7Ka0160270.jpg
馬車でオールドバガン散策する。
8Ka0161239.jpg
車では入っていけない小道から、遺跡や地元の人たちの生活を垣間見ることができる。
8Ka0161269.jpg
地元の村を散策。
8Ka0161278.jpg
屋根が特徴的な民家。
8Ka0161285.jpg
村の人たち。
91Ka0160252.jpg
今回のバガンの宿は、Bagan Lodge。
92Ka0160253.jpg
オールドバガンの遺跡からも近く、高級感のあるリゾート。
94Ka0160250.jpg
部屋はコテージタイプ。
95Ka0160243.jpg
部屋も広くて快適。
96Ka0160244.jpg
バスタブもある。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最新の写真

  • K0161420.jpg
  • K0161407.jpg
  • K0161395.jpg
  • K0161389.jpg
  • K0161369.jpg
  • K0161353.jpg
  • K0161325.jpg
  • K0161412.jpg
  • K0161347.jpg

写真一覧へ