院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第158回 アジアの片田舎(ミャンマー)1: 世界三大仏教遺跡 "バガン" その1

明けましておめでとうございます。

「ドクトル・イトウの地球の果てまで 」も8年目に突入。
なかなか更新ができず、1年ぶりの更新となります。

今回紹介するのは、「アジア最後のフロンティア」などと称される、ミャンマーだ。「ビルマ」という国名の方が馴染みがあるかもしれないが、軍事政権が長く続いていたため、アジアでは最も欧米化が遅れた国で、鎖国のような状態であったのだが、近年、民主化され、その発展ぶりが目ざましい。
「ビルマの竪琴」などで知られるように、日本とは古くから関係があり、親日的な国でもある。
K0160019.jpg
今回は、関空からキャセイパシフィックの夜行便で、香港経由でミャンマーの首都ヤンゴンに深夜に到着。空港近くのホテルで仮眠をとり、朝に国内線でバガンへと向かった。国内線のエア・カンボーザは新興の航空会社らしく、機材も新しく快適だった。
K0160021.jpg
バガンのニャウンウー空港へ到着。
K0160026.jpg
まずは旅の基本、街の市場(ニャウンウー マーケット)を散策。
K0160025.jpg
色とりどりの野菜や果物が整然と積まれている。以前にミャンマーのリポート番組で、千原せいじが、ミャンマーのマーケットが「臭くない」、果物や野菜が几帳面に綺麗に積まれていると、驚いていたのを思い出す。確かに、一般的に途上国のマーケットは、いろんなにおいが混在していて臭いのが一般的なのだが、このマーケットはあまり臭くない。
K0160032.jpg
パイナップルもこんな風に手の込んだ切り方をして売っている。
K0160055.jpg
葉っぱも綺麗に束ねてある。
K0160058.jpg
魚醤の味噌も何か綺麗に盛ってある。
K0160047.jpg
この木はミャンマー独特の天然化粧品「タナカ」だ。この木を磨りつぶし、ペースト状にして顔に塗る。日焼け止めの効果もあるようだが、男女を問わず,皆使用している。これは本当に不思議だ。
K0160051.jpg
化粧品用に加工されたものもあり、お土産としても売られている。
K0160053.jpg
こんな具合で、お母さんはほっぺに、赤ちゃんは顔中に塗られている。これが普通の光景だ。
K0160059.jpg
油の量り売り。
K0160062.jpg
売り子の娘さんもほっぺに「タナカ」。
K0160066.jpg
お米屋さん。米屋はなぜか男性だ。
K0160071.jpg
湖や川の淡水魚の魚屋さん。
K0160072.jpg
魚はぶつ切りに。
K0160073.jpg
皮に付いた身をそぎ落として。
K0160081.jpg
楽器屋さん。なにやら見慣れない楽器が。。
K0160083.jpg
これが、「ビルマの竪琴」だ。
K0160084.jpg
縫い子の娘さんたち。今は懐かしい足踏み式ミシンだ。
K0160086.jpg
彼女たちも、やっぱりほっぺに「タナカ」。
K0160091.jpg
宝くじ売り場。ミャンマーの人たちは,くじや抽選が大好きだそうだ。

次回からは、バガンの仏教遺跡群を紹介する。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • KO160053.jpg
  • K0160091.jpg
  • K0160086.jpg
  • K0160084.jpg
  • K0160083.jpg
  • K0160081.jpg
  • K0160073.jpg
  • K0160072.jpg
  • K0160071.jpg

写真一覧へ