院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第154回 マサイマラ(ケニア):「ヌーの川渡り」を見てみたい その6

今回見ることができた動物達を紹介していく。
K0160264.JPG
クロサイに続いて、ビッグ・ファイブの一つ、バッファロー(水牛)。
K0160273.JPG
ナポレオンの帽子の様な角が特徴だ。
K0160474.JPG
アフリカゾウ。象は朝から晩までずーっと食べ続けるのだそうだ。
K0161037.JPG
象の群れが、こっちへ向かって進んできた。
K0161059.JPG
これぐらいの距離感で、サファリカーの前を通り過ぎて行った。
K0160490.JPG
象の井戸端会議。
K0160117.JPG
子象は群れの真ん中に囲んで、守りながら進んで行く。
K0161305.JPG
朝日を浴びて、綺麗なメスライオン。
K0162401.JPG
やはり貫禄がある。
K0161104.JPG
たてがみが立派なオスライオン。ライオンは比較的遭遇しやすい動物なのだが、メスに比べてオスには出会いにくい。
K0162465.JPG
なかよしライオンペア。
K0162413.jpg
早朝、ブッシュで休むライオンに近づいていく。
K0162416.jpg
オスのツーショットは珍しい。
K0161241.JPG
さすがにここまで近づくと大興奮。車から外に出ない限り、襲ってくることはないそうだ。
K0162539.JPG
ほとんど真横を、何知らぬ顔で歩いていく。
K0160509.jpg
母ライオンと子供達。
K0160513.jpg
母親の周りでじゃれあう子供達。
K0160522_2.jpg
子ライオンのツーショット。
K0160867.jpg
おんぶや抱っこの様なものなのか、母親に咥えられて、去って行った。
K0160304.jpg
川にぷかぷか浮かぶ物体が。。
K0160437.JPG
カバだ。
K0160436.JPG
風呂に浸かっているかの様に、頭だけ出ている。
K0160307_2.jpg
のんびりしたキャラクターイメージとは正反対で、カバは気性の荒い動物なのだそうだ。
K0160455.JPG
陸も結構な速さで走ることができる。
K0161736.JPG
川岸にいるのは、ワニだ。
K0160371_3.jpg
何か咥えているようだ。
Untitled-2.jpg
よく見ると、口にはシマウマが。。。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • K0162022.JPG
  • K0162019.JPG
  • K0162005.JPG
  • K0161980.JPG
  • K0161976.JPG
  • K0161943.JPG
  • K0161933.JPG
  • K0161923.JPG
  • K0161920.JPG

写真一覧へ