院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第153回 マサイマラ(ケニア):「ヌーの川渡り」を見てみたい その5

今回初チャレンジするのが、気球の上からサバンナを眺める、「バルーンサファリ」。滞在した「Little Governors' Camp」はこの「バルーンサファリ」の出発場所でもある。
K0160954.JPG
昼間に見ればただの平地。早朝にここから気球が出発する。「Little Governors' Camp」の宿泊者は徒歩数分でここに来れるので、非常に便利。
K0160562.JPG
早朝、まだ真っ暗な中、気球の準備が進められる。客たちはコーヒーを飲みながら、気球が膨らんでいく様子を楽しむ。
K0160577.JPG
轟音を立てながら、バーナーから炎が送り込まれ、気球が膨らんでいく。
K0160580.JPG
夜が明けだした頃、気球のカゴに乗り込み、いよいよ出発。これから約1時間のフライト。ちなみにカゴは8人乗り。
K0160584.JPG
バーナーから炎を吹き込みながら、ゆっくり上がっていく。
K0160589.JPG
宿泊中のテントの上を通過していく。
K0160601.JPG
すぐに、サバンナの荒野の上空に。
K0160605.JPG
徐々に空が明るくなってきた。
K0160615.JPG
日が昇ってきた。
K0160618.JPG
空が刻一刻と表情を変えていく。
K0160657.JPG
しばらくは、朝焼けの空の様子を楽しむ。サバンナの空は本当に素晴らしい。
K0160642.JPG
早朝ゲームドライブの車が出発しだした。
K0160697.JPG
ヌーの川渡りの舞台となる、マラ川。
K0160667.JPG
同乗したスペイン人の娘さんたち。こんな感じで、空とサバンナの様子をぼーっと眺める。
K0160647.JPG
シマウマの群れ。
K0160685.JPG
動物たちの水飲み場。こういったところに動物が集まってくる。
K0160690.JPG
マラ川の上空を進む。
K0160703.jpg
小さく見えてきたのはキリン。
K0160716.JPG
気球がうまく周囲の景色と調和している。
K0160706.jpg
キリンがはっきり見えてきた。
K0160720.JPG
キリンの群れ。
K0160730.JPG
象の群れ。
K0160728.JPG
出発して30分ほどした頃、異変が起きた。パイロットが何か一生懸命、事情を説明している。訳も分からず、行程の半分ほどで、サバンナのど真ん中へ緊急着陸することになった。
K0160751.JPG
緊急着陸とはいっても、着陸自体はいたって平穏で、何もないサバンナの真っ只中に着陸した。
K0160744.JPG
操舵系の部品の不具合で、安全な場所に緊急着陸したらしい。危機感や緊張感はなく、皆、記念撮影を撮っている。それから数十分で迎えの車がやってきて、我々を朝食会場へ運んで行った。
K0160761.jpg
何もない原野に、テーブルがセッティングされてあり、コックが何やら調理している。
IMG_3373.JPG
この「バルーンサファリ」のもう一つの売りが、サバンナの真っ只中での豪華な朝食。
K0160778.JPG
あったかいコーヒーと焼きたてのパンケーキ。
K0160772.JPG
朝からシャンペンで乾杯。こういった、何にもないところで、あえて贅沢なことを楽しむのがイギリス流ツーリズム。
既存の建物に泊まるのでなく、電気も水道も何も無いところに、豪華なテントを設営し、そこでフルコースの料理を楽しむというのが、一番の贅沢なのだ。
K0160777.JPG
そこで心配なのはトイレだろう。少し離れて、こんなトイレが設営してある。
K0160773.JPG
中はこんな感じで。
K0160833.JPG
ここからサファリカーに乗って、午前のゲームドライブに出かける。この時だけは別のドライバーなのだが、このドライバーもなかなか優秀だった。
K0160856.JPG
奥に見えるのはクロサイだ。8倍の双眼鏡でやっとこれくらいに見えるぐらいで、普通に見ていては全くわからない。
K0160856_2.jpg
ちなみに、ライオン、ゾウ、バッファロー、レパード(豹)、サイの5種類はビッグ・ファイブと呼ばれ、それを全て見ることを目標とされるが、それは非常に困難なことで、数日の滞在でそれを叶えることはほぼ無理といってもいい。
実際に過去4回のケニア旅行で、同時にビッグファイブを見れたことは一度も無い。特にレパードとサイが最難関なのだ。前回の滞在時にはレパードだけをターゲットに丸一日走り回り、草むらに隠れるレパードをやっと見ることができた。サイの角は漢方薬の原料として高値で取引されるらしく、中国人の密猟のおかげで、その数が激減し、なかなかその姿を見ることができない。その貴重なサイにいきなり出くわした。
K0160826.jpg
確かにサイだ。
K0160828.jpg
なかなか貫禄のある姿だ。数分後すぐにブッシュの中に消えていった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • K0162022.JPG
  • K0162019.JPG
  • K0162005.JPG
  • K0161980.JPG
  • K0161976.JPG
  • K0161943.JPG
  • K0161933.JPG
  • K0161923.JPG
  • K0161920.JPG

写真一覧へ