院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第145回 アジアの至宝「アンコール・ワット」9(カンボジア): 天空の寺院 世界遺産"プレアビヒア"

アンコール・ワットシリーズの最後は、世界遺産、天空の寺院 "プレアビヒア"を紹介する。
カンボジアとタイの国境に位置するこの遺跡は、歴史的にその周辺地域の領有権を巡って争われてきたのだが、2008年に世界遺産に登録されてからは両国の対立が激化し、2011年には武力衝突で死傷者を出す事態が発生した。2013年11月に国際司法裁判所の裁定が出てからは治安も安定し、観光も可能となった。
101P5040352.JPG
シェムリアップから山の麓まで、片道3時間のドライブだ。道路が舗装されたのはまだ最近のようで、以前は4、5時間かかったらしい。
103P5040344.JPG
のどかなカンボジアの田舎風景を見ながらのドライブ。
106P5040353.JPG
集落のある辺りの様子。
109P5040355.JPG
途中、トイレ休憩に立ち寄ったガソリンスタンド。
111P5040361.JPG
バイク用なのか、瓶詰めで売られていたのはオイル?
114P5040348.JPG
地面に広げられていた妙な物体。虫のさなぎの様にも見えるのだが。。。
118P5040350.JPG
何と、これはカシューナッツだった。
119P504.jpg
プレアビヒアの麓にあるドライブイン?に到着。ここで昼食だ。
120P5040365.JPG
ツアーに付いている、おにぎり弁当をいただく。これが結構嬉しかったりする。
124IMG_6220.JPG
トイレはさすがに水洗ではないが、手動水洗式だ。左の瓶の水をすくって流す。比較的きれいだ。
128P5040368.JPG
コカコーラは海外でこんな飲み物を売っている。
130P5040372.JPG
麓で四輪駆動トラックの荷台に乗り換えて、遺跡の入り口まで山を登っていく。
143IMG_6228.JPG
入り口からは徒歩で、崩れかけた急角度の長い階段を上っていく。
145IMG_6246.JPG
かろうじて外観を保っている、第一塔門へ到着。
146P5040395.JPG
外枠だけが残っている。
154P5040397.JPG
長い石畳を歩いて行く。
158IMG_6254.JPG
振り返ると、眼下に広がる密林ジャングル。
166IMG_6265.JPG
第二塔門手前の沐浴場。
161.jpg
第二塔門はいい状態で残っている。
171P5040404.JPG
立派な塔門だ。
201.jpg
横から眺めると。
204IMG_6286.JPG
かなり繊細な塔門のレリーフ。
212.jpg
振り返って見た、第二塔門。
223.jpg
青空をバックに、美しい塔門だ。
228.jpg
第三塔門。
239P5040421.JPG
向こうの山の上に見える建物は、タイ側の展望台。
240P5040420.JPG
望遠で寄ってみる。向こうからも、望遠鏡でこちらを見ている。タイとは領有権を巡って軍事衝突したぐらいなので、妙な緊張感がある。
252.jpg
第四塔門が見えてきた。
268IMG_6337.JPG
中へ進んでいく。
302.jpg
回廊の内側はかなり朽ち果てている。
312.jpg
回廊と右側は瓦礫と化した中央祠堂。
340.jpg
プレアビヒアには、遺跡というよりも、この頂上からの絶景を見るためにわざわざやってくるのだ。
こんなところに寺院があるのだから、天空の寺院といわれる所以だ。
342.jpg
眼下に広がるジャングルは、カンボジアとタイ、ラオスの国境でもある。
344.jpg
絶景をバックに、ガイドが面白いショットを撮ってくれた。
348.jpg
もう一枚。
390P5040454.JPG
三人乗りのバイクの人たちに手を振って、シェムリアップへ戻っていった。暑さが身体にこたえるが、見所の多いアンコール・ワットの旅だった。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ