院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第141回 アジアの至宝「アンコール・ワット」5(カンボジア):アンコール・ワット

昼食を済ませ、午後からはいよいよアンコール・ワットの見学だ。
101AW.jpg
門を抜けると、参道の向こうにアンコール・ワットが現れた。
103AW.jpg
アンコール・ワットは12世紀に造られた、ヒンドゥー教寺院で,後に仏教寺院に改修されたそうだ。
東西1,500m、南北1,300mの濠に囲まれている。
105AW105.JPG
寺院は正面が西向きで、午前は逆光となるので、午前中にアンコール・トムやタブロームを巡り、午後からアンコール・ワットを見学するツアーがほとんどだ。
109AW926P5030212.JPG
寺院は3層の回廊と5つの塔で構成されている。この角度から見ると5つの塔が見える。この場所は朝日を見に来た場所だ。
112AW962P5030231.JPG
オレンジ色の法衣を纏った、若い僧侶の卵たちも見学に来ていた。
203AW760IMG_6190.JPG
最も外側の「第一回廊」を外から見た様子。
205AW239IMG_6048.JPG
すべて石造りで、主に砂岩とラテライトからできている。
215AW244IMG_6066.JPG
第一回廊の様子。
220AW253IMG_6060.JPG
壁面には壁画がぎっしりと彫られている。
240AW乳海攪拌.JPG
乳海撹拌(にゅうかいかくはん:ヒンドゥー教の天地創世神話)の壁画。
248AW330IMG_6077.JPG
叙事詩ラーマーヤナの壁画で、手がたくさんあるのが、鬼神ラーヴァナだそうだ。
254AW346IMG_6053.JPG
十字回廊から第二回朗へ向かう。所々にデバターが彫られている。
310AW410IMG_6086.JPG
頭のない仏像。
716AW716IMG_6170.JPG
第二回廊を出て、第三回廊と中央祠堂を見上げる。
734AW734P5030187.JPG
右側に第三回廊への急な階段があるが、今は使われていない。
736AW750IMG_6175.JPG
この辺りはたくさんのデバターが彫られている。
760AW630IMG_6162.JPG
第三回廊へは、後付けのこの急な階段を上っていく。
770AW510IMG_6100.JPG
第三回廊から第二回廊を見下ろした様子。
832AW448IMG_6098.JPG
デバターと連子窓
860AW中央祠堂.JPG
第三回廊から見た中央祠堂。荘厳なムードが漂う。
864AW中央祠堂.JPG
ここに雨水を溜めて、沐浴に使用していたそうだ。
862AW538IMG_6116.JPG
内側から見た第三回廊。
866AW554IMG_6114.JPG
第三回廊の様子。
867AW576IMG_6130.JPG
デバターは似ているようで、皆それぞれに趣が異なる。見れば見るほど深い。
888AW518IMG_6104.JPG
第三回廊から第二回廊と第一回廊(外側)を見下ろす。
890AW610IMG_6133.JPG
第三回廊から西側を見下ろす。参道の向こうに西門がある。
950AW232P5030168.JPG
裏側(東側)から見たアンコール・ワット。
960AW.jpg
正面(西側)からとは少し感じが違う。
964AW207P5030166.JPG
もう少し外側から見ると、木々の間からアンコール・ワットが現れる。
970P5030288.JPG
夕陽観賞スポットで有名なプノンバケンの丘は、夕暮れ時になると観光客で大混雑。残念ながらこの日は神秘的な夕陽を拝むことはできなかったが。。。
972AW.jpg
このプノンバケンの丘から見たアンコールワットは、夕陽に輝いてまた格別だ。
979AW.jpg
すばらしい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ