院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第138回 アジアの至宝「アンコール・ワット」2(カンボジア): アンコール・トム その1

朝食を済ませてから、午前の観光がスタート。まずは、アンコール・トムへ向かう。
AT102.jpg
現地での気楽な移動手段はこの「トゥクトゥク」と呼ばれるバイクタクシー。
AT103P5030033.JPG
実際にはこんな感じで、埃っぽいのが難点だが、風が心地よい。値段は個別交渉だ。
AT104P5030318.JPG
なぜか、「哀川翔」ステッカーを貼ったトゥクトゥクを見つけた。調べてみると、哀川さんはラリーでカンボジアを訪れているようだ。
AT105P5030032.JPG
これはチケット売り場。ここで「アンコール・ワット遺跡群」の共通チケットを購入する。1日券、3日券、7日券などがあり、ちゃんとその場で写真を撮って、顔写真入りのチケットを発行している。
AT126P5030042.JPG
アンコール・ワットを右手に見ながら、アンコール・トムへと向かう。
AT304P5030054.JPG
アンコール・トムの入口、「南大門」へ続く橋へ到着。橋の両側に阿修羅像と神々がそれぞれ54体並んでおり、ナーガ(蛇神)の胴体を引っ張っている。
AT308P5030061.JPG
アンコール・トムとは「大きな都市」という意味で、四方を1辺3kmの堀で囲まれた城郭都市だ。
AT316P5030081.JPG
橋の上を車やバイクやトゥクトゥクがひっきりなしに通過していく。南大門の入口は乗用車1台が通れる程度の幅なのだが、これは象に乗った王様が通れる幅と高さなのだそうだ。
AT318P5030069.JPG
欄干に並ぶ神々の像、左腕でナーガ(蛇神)の胴体を抱えている。
P5030075.jpg
反対側は阿修羅像、頭のないものや新しく修復されたものもある。
AT326.jpg
南大門の上部は観世音菩薩の四面仏塔となっている。四方で表情が微妙に異なる。このような仏塔がアンコー・トムには54塔あるそうだ。
AT357IMG_5759.jpg
四面仏塔の下、入口の右側には3つの象の頭と鼻がある。
AT360P5030093.JPG
確かに象の鼻だ。
AT370P5030092.JPG
よく見てみると、四面仏の下には、手を合わせるテバター(女神)のレリーフがたくさん彫られている。
AT380P5030094.JPG
非常に手の込んだレリーフだ。見れば見るほどいろんなモノが見えてくる。
南大門を入り、バイヨン寺院へ向かう。
AT530IMG_5776.JPG
窓から覗いたバイヨン寺院。
AT541IMG_5772.JPG
バイヨン寺院の外観。寺院自体は3層構造になっており、中央に位置する最も高い「中央祠堂」とその回りの「第二回廊」一番外側の「第一回廊」で構成されている。
AT542P5030105.JPG
これらは全て石のブロックを積み重ねて造られたもので、ジャングルの中に、よくもまあこんなに壮大な寺院を造ったもんだと感心する。
AT557IMG_5782.JPG
中央祠堂へと登っていく。
AT559IMG_5785.JPG
この付近には、大小様々な49もの四面塔がある。
AT560IMG_5788.JPG
この四面塔の顔については、観世音菩薩やヒンドゥーの神、王の顔など諸説あるそうだ。
AT560P5030132.JPG
顔はみな微妙に異なっていて、これも興味深い。少し微笑んだ表情は「クメールの微笑み」と呼ばれている。
AT562P5030114.JPG
アジア系の顔つきで親近感がわく。自分にはやはり菩薩さんに見えて,思わず手を合わせてしまう。
AT571P5030120.JPG
第一回廊には壁一面にレリーフが彫られている。レリーフにはクメール人の日常生活や戦の様子が描かれている。
AT572IMG_5762.JPG
これは「トンレサップ湖の戦い」の様子。クメール(カンボジア)軍とチャンパ(ベトナム)軍との戦いの様子で、船に乗っているのがチャンパ軍。
AT574IMG_5767.JPG
こちらはクメール軍。チャンパ軍とは髪型が異なるのがわかるだろうか。
AT582P5030115.JPG
回廊を振り返るとこんな感じだ。
AT586P5030117.JPG
テバター(女神)も多く、その彫りは繊細で、女性的な曲線が美しい。
AT596P5030138.JPG
回廊の奥にお堂のようになっている場所があり、実際に僧侶が供養していた。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ