院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第96回 冬のワルシャワ(ポーランド):渡り鳥の休息地

東ヨーロッパ、ポーランドの冬の何気ない原風景をもう一つ紹介する。
渡り鳥0001.JPG
自分たちが住んでいた、ワルシャワ郊外のコンスタンチン地区。我が家のあるコンパウンドのすぐ裏は、川の土手になっていた。
渡り鳥0002.JPG
ここは休日のちょっとした散歩道だった。冬のポーランドの日没は早く、午後3時を過ぎると薄暗くなってくる。
渡り鳥0004.JPG
10分足らず歩くと水門があり、その貯水池が白鳥の飛来地になっているのだ。
渡り鳥0006.JPG
沢山の鴨に混じって、白鳥たちが集まって来ている。
渡り鳥0008.JPG
このあたりでは何気ない冬の風景なのだが、自分の家のすぐそばに白鳥の飛来地があるというのは、凄いことなんだと思う。
渡り鳥0010.JPG
それにしてももの凄い数の鴨たち。ちなみにポーランドの代表料理の一つが、鴨の丸焼きのリンゴソース添え。
渡り鳥0012.JPG
凍りつくような景色と白鳥はなぜかよくマッチする。
渡り鳥0014.JPG
日も暮れてきた。
渡り鳥0016.JPG
コンスタンチンの森も本格的な冬景色。
渡り鳥0018.JPG
このモノトーンの静かな景色が凄く懐かしい。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ