院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第48回 クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの旅2:プリトヴィッツェ国立公園

今回の旅程はクロアチアの首都ザグレブの空港でレンタカーを借り、陸路でプリトヴィッツェ湖群国立公園ーサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)ーモスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)ードゥブロヴニクースプリト、スプリトから船でアドリア海の島へ渡り、帰りはスプリトから寝台列車でザグレブへ戻る行程だ。
クロアチア2.jpg
まずはクロアチアが誇る世界自然遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園をめざす。
Plitvice117.jpg
これがプリトヴィッツェ湖群国立公園の案内板。16の湖が立体的に8kmにわたって滝でつながって、美しい景観をつくり出している。
Plitvice003.jpg
公園内には所用時間によって何通りもの散策ルートがあり、このような遊歩道を歩いていく。
Plitvice020.jpg
森の中の散策は、すごく気持ちがいい。
Plitvice074.jpg
この地域の地質が石灰質であるためか、湖水はエメラルド色で、
Plitvice053.jpg
何故か異常なまでに透き通っている。
Plitvice036.jpg
湖の底の様子まで透けて見える。
Plitvice031.jpg
魚もたくさん寄ってくる。
Plitvice079.jpg
エメラルド色の水の中に魚の姿が浮かび上げって見える。なんだか不思議な光景だ。
Plitvice042.jpg
遊歩道の脇にはこの様なかわいい花々が咲いている。
Plitvice062.jpg
緑の中に原色が映える。
Plitvice054.jpg
湖と湖はこのように滝で立体的につながる。
Plitvice050.jpg
それぞれの滝には名前が付いていて、特徴を表していて面白い。
Plitvice078.jpg
何といっても、このプリトヴィッツェ湖群は高いところから見下ろす景色が美しい。
Plitvice089.jpg
湖と湖を滝がつなぐ間に遊歩道が通っている。
Plitvice101.jpg
これが有名なプリトヴィッツェの景色、立体的に湖がつながる。
Plitvice102.jpg
この景色はある場所に行かないとみることが出来ない。散策ルートの中には入っていないルートも多い。インフォメーションセンターの人に写真を見せて、この景色が見える場所をと教えてもらった。これを見なくてはここに来た値打ちがないのだ。
Plitvice111.jpg
この美しい景勝地も1991年のクロアチア紛争ではセルビア人に占拠され、一時はユネスコ世界遺産の危機遺産リストに登録されたことがあった。
次回はボスニア紛争の戦場と化したボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを訪れる。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 0R006090.jpg
  • 0R006080.jpg
  • 0R006072.jpg
  • 0R006065.jpg
  • 0R006050.jpg
  • 0R006045.jpg
  • 0R006040.jpg
  • 0R006030.jpg
  • 0R006020.jpg

写真一覧へ