院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第21回 いざ カブールへ3(アフガニスタン):何も無い病院

 その国の社会保障の程度を知るには、現地の公的医療機関を見るのが一番だ。ちょうどカブール郊外の公立病院を訪問する機会があったので、その様子を紹介する。建物の外観が写せていないのだが、この地域では中心となるべき病院である。
Kabul_hospital001.jpg
 写真は診察室の様子。いすとベッド以外に何もない。
Kabul_hospital002.jpg
 これはこの病院のお医者さん達と撮った記念撮影。何か。。。。
忙しそうに働いている様子は無かった。。。
Kabul_hospital003.jpg
 これは病院薬局の薬品棚。何も無い。
Kabul_hospital004.jpg
 悲しいぐらいに何も無い。これがアフガニスタンの現状だ。
Kabul_hospital005.jpg
 これは病室の暖房器具。カブールは内陸の盆地で冬は非常に冷え込む。
Kabul_hospital006.jpg
 病室内の様子を撮らせていただいた。結構たくさんの患者さんが入院していた。
Kabul_hospital007.jpg
 何かを訴えているようだ。
Kabul_hospital008.jpg
 中には我々とよく似たモンゴル系の顔つきの人もいる。恐らくハザラ族の人だろう。
Kabul_hospital009.jpg
 廊下で歓談中の患者さん達。
Kabul_hospital010.jpg
 小さい子ども達も入院していた。カメラを珍しそうに見ていた。
Kabul_hospital011.jpg
 額には何を塗っているのだろう。
Kabul_hospital012.jpg
 無表情な人たちが多い病室で、少女達の笑顔に少し救われた。
Kabul_hospital013.jpg
 少女達はカメラを向けると恥ずかしそうに微笑んでくれた。
Kabul_hospital014.jpg
 国が混乱する中、医薬品だけでなく、医師や看護師などの教育も遅れ,その絶対数が不足している。
 一般に医学の遅れた途上国では、優秀な医師達は欧米で学び、その知識と技術を持ち帰る。アフリカでも、旧宗主国のイギリスやフランスで研鑽したドクター達がたくさんいた。でもこの国にはそういった交流もあまりなさそうだ。
 この病院には薬が無い、検査機器など皆無である。でも患者はたくさんいる。ヒト?モノ?援助をするといっても、どこから手をつけて良いのか途方に暮れてしまう。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ