院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第23回 いざ カブールへ5(アフガニスタン):カブールの子供たち

 アフガニスタン編の最終回はカブールの子供たちを紹介する。
世界最貧国の一つで、衛生・医療事情も最低レベルの国で、自分が見た子供たちの顔は意外にも明るかった。
これはあくまでも自分の推測に過ぎないか、数十年続く政治的混乱の中で生まれ育った彼らは、この厳しい状況に慣れてしまっているのかもしれない。
children001.jpg
 道ばたでたばこを売る少年
children002.jpg
 外国人相手に絵はがきやパンフレットを売る少年
children003.jpg
 八百屋で会った少年
children004.jpg
 郊外の村で井戸汲みをしていた子供たち
children005.jpg
 カメラを構えると集まってきた少年たち
children006.jpg
 ゴミを集め運ぶ少年
children007.jpg
 背中にいっぱいになったゴミを運んでいる。
children008.jpg
 バザールですごく愛嬌のあった少年
children009.jpg
 障害者の学校でまじめに授業を受けている子供たち。こういった施設も海外からの支援で運営されている。
children010.jpg
 少女達もショールを被っている。
children011.jpg
 何か頭の良さそうな少年
children012.jpg
 カメラを構えると皆無邪気に寄ってくる。
children013.jpg
 この子達は何か照れくさそう。

 働いている子供たちをみると、恐らく学校に行けていないんだろうなと思う。
どこか明るい表情と澄んだ眼に心が少し救われた。
 早くこの国に安定が戻り、この子たちが皆、学校に行ける未来が来ることを心から願う。

 最後に興味深い絵はがきを紹介する。タリバンに破壊されたバーミアンの仏像で、破壊される前と破壊後。
afgan2_R.jpg
 絵はがきのネタにされているのが何とも寂しい。
バーミヤン_R.jpg

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新の写真

  • 088.jpg
  • K003096.jpg
  • K003094.jpg
  • K003092.jpg
  • K003090.jpg
  • K003088.jpg
  • K003084.jpg
  • K003080.jpg
  • K003078.jpg

写真一覧へ