院長のコラム | 院長のコラム

“ドクトル・イトウの地球の果てまで“ 世界60ヶ国以上を訪れた、院長のちょっと変わった見聞録

第168回 絶景の宝庫(アイスランド)1:ちょっとだけコペンハーゲン

なかなか更新ができず、4ヶ月ぶりの更新となる。
今回紹介するのは、以前からずっと行ってみたかった国「アイスランド」。北極圏に近い、火山や滝など"絶景の宝庫"と言われている国だ。
IMG_2350.JPG
今回は成田からスカンジナビア航空で、ノルウエーのコペンハーゲンを経由してアイスランドへ向かう。
コペンハーゲンで乗り継ぎ時間が7時間あったため、コペンハーゲン半日観光をしてみることにした。
K0160001.JPG
実はコペンハーゲンは"ちょこっと観光"で有名な街。何と言っても、空港から鉄道で15分と近い上に、街がコンパクトなので、徒歩で十分観光できる。自転車文化がかなり発達していて、自転車専用レーンが整備されている。知らずにボケーっと信号待ちしていると、自転車にひかれそうになる。レンタルサイクルもあって、自転車で街を回ることもできる。
K0160005.JPG
コペンハーゲンは運河が発達した街で、1時間で運河から街をぐるっと見てまわる、運河クルーズに乗ってみた。運河沿いの建物はカラフルで、ノルウエーのベルゲンのような街並み。
K0160043.JPG
この様なオープンエアな船で、運河から街をめぐる。
K0160058.JPG
運河沿いには様々な用途の船やヨットが停泊している。
K0160039.JPG
こんな低い橋の下も潜っていく。
K0160036.JPG
海側に出て、近代的建築物を見ていく。別名、ブラックダイヤモンドと呼ばれる、王立図書館。   
IMG_2368.JPG
奇抜なデザインのオペラハウス。
K0160017.JPG
何やら人が集まっているところに、近づいていく。
K0160022.JPG
これは、シンガポールの"マーライオン"、ブリュッセルの"小便小僧"とならび、"世界三大がっかりポイント"と呼ばれる、アンデルセンの"人魚像"。確かにがっかりだった。
K0160071.JPG
陸に上がって、街並みの外観は他のヨーロッパの街と大差ないが、どこかオシャレな感じがする。
LEGOjpg .jpg
デンマークといえば、ブロックのLEGO(レゴ)。
IMG_2393.JPG
色んな色や形のブロックがバラで売られている。
IMG_2395.JPG
運河沿いの街並みもブロックで再現。
Japares.jpg
日本食レストラン"もどき"もある様だが、"うなぎ"の"ぎ"が裏返し。
K0160077.JPG
有名な"チボリ公園"
IMG_2403.JPG
"チボリ公園"の入り口。
K0160082.JPG
デンマーク最大の鉄道駅である中央駅。重厚な建物だ。
IMG_2405.JPG
駅の構内は結構、近代的。ここから15分で空港に戻る。
IMG_2406.JPG
コペンハーゲン空港は結構大きく店舗数も多い。回転ずしもちゃんとある。でも、値段がバカ高い。
ここから乗り継いで、アイスランドのケフラビークへ出発だ。

よかったらポチッと押していって下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第169回 絶景の宝庫(アイスランド)2:アイスランド到着、まずはゴールデン・サークルへ

夜にコペンハーゲンを出発し、アイスランドを目指す。アイスランドまでは約3時間のフライトだ。北欧の都市から、さらに北へ3時間飛ぶのだから、さすがに北の果てに向かうといった感じだ。
GC0011.JPG
アイスランドの街の明かりが見えてきた。深夜0時頃なのに、どことなく空が明るい感じがする。いよいよアイスランドに到着する。
GC0012.JPG
国際線の玄関口、ケフラビーク空港に到着。首都のレイキャヴィークからは50kmほど離れている。
GC0014.JPG
入国審査へ向かう途中、壁の写真に感激。ふと出会ったこの景色と色に惹かれて、こんな写真が撮りたくて、今回アイスランドに来たといっても過言ではない。
GC0016.JPG
レンタカーのカウンター前の様子。ノースリーブの人もいれば、ダウンを着込んだ人もいる。日本では灼熱の8月、さすがにアイスランドだ。
GC0021.JPG
空港近くのホテルで一泊し、翌朝レンタカーで、まずはゴールデン・サークルへ向けて出発した。ゴールデン・サークルとはアイスランド南西部にある、大瀑布、間欠泉、大陸プレートの割れ目などの有名な観光スポットが集まった一帯を指す呼称で、アイスランド観光の定番中の定番なのだ。まずは、ケリズ (Kerið)という名のカルデラ湖。
GC0022.JPG
ケリズ は深さが 55 mあるカルデラ湖で、カルデラの形状が非常に綺麗に保存されていることで有名。
GC0025.JPG
次に、グトルフォス(Gullfoss)大瀑布へ。駐車場から少し歩いて行くと、その先に水煙が上がっている。
GC0030.jpg
グトルフォスとは「黄金の滝」という意味。2段の滝が美しい。
GC0034.JPG
滝のスケールとしては、イグアスやナイアガラにはかなわないが、遊歩道や展望台がうまく配置されていて、いろんな角度や距離から滝を見ることができ、迫力満点だ。
GC0036.JPG
1段目の滝はすぐ真上から眺めることができる。
GC0040.JPG
水しぶきを浴びながら、かなりの迫力だ。
GC0048.jpg
後方から滝を眺める。
GC0058.jpg
2段目の滝からは水煙が立ち登り、霧のように辺りを包む。
GC0086.jpg
滝壺からは、まるでフィヨルドの様に切り立った谷壁につながっていく。
GC0125.JPG
大地の割れ目に隠れた絶景という感じだった。
GC0140.JPG
次はゲイシール(Geysir)間欠泉。
GC0142.JPG
ゲイシール間欠泉は最大で60m程噴き上がるそうだが、今では日に数回程度しか噴出しないようだ。
GC0146.JPG
すぐ近くにあるストロックル間欠泉、やや規模は小さいが、5ー10分ごとに20mほどの噴出が見られる。
GC0175.jpg
度々噴出するのだが、うまくタイミングを合わすことがなかなか難しい。
GC0176.jpg
蒸気とともに、ドバーッと噴き出す。
GC0210.JPG
そろそろ昼時、しばしドライブ。
GC0230.JPG
トマト農場に併設されたレストランでランチ。
GC0240.JPG
地熱を利用したビニールハウスで、通年でトマトを生産している、
GC0250.JPG
ここのトマトスープと焼きたてパンが有名で、確かに美味しかった。ビールにもトマトが浮かんでいる。
GC0310.JPG
ゴールデン・サークルの最後は世界遺産、シンクヴェトリル国立公園(Þingvellir)だ。アイスランドは北米大陸プレートと、ユーラシア大陸プレートのちょうど境目が隆起してできた島なので、本来海底深くにある大陸プレートの割れ目を、地表で見ることのできる、非常に珍しい場所なのだ。手前が北米大陸プレートで、川の向こうがユーラシア大陸プレートになる。
GC0312.JPG
二つの大陸プレートに引っ張られてできた、地球の裂け目を「ギャオ(Gjá)」という。その一つで最大の「アルマンナギャオ(Almannagjá)」。
GC0316.JPG
約9千年前にできたそうで、長さ8kmも続き、その間を歩くことができる。
GC0326.JPG
左が北米大陸プレート側で、右がユーラシア大陸プレート側、年に数cmづつ拡がっいて、北米大陸とユーラシア大陸が離れていっている。
GC0338.JPG
地球が生きているということを体感したような。。。


最新の写真

  • GC0338.JPG
  • GC0326.JPG
  • GC0316.JPG
  • GC0312.JPG
  • GC0310.JPG
  • GC0250.JPG
  • GC0240.JPG
  • GC0230.JPG
  • GC0210.JPG

写真一覧へ